« くさっぱら公園 - 千鳥1-1 | トップページ | 蒲田本町一丁目公園 - 蒲田本町1-1 »

2007年4月 8日 (日)

千鳥いこい公園 - 久が原6-26 

Chidoriikoi_1_1

東急池上線の千鳥町駅から東方向に歩いて250mの所にある公園。丘陵を利用した高低差があって、とても変化に富んだ公園だ。公園の下側の入り口は旧六郷用水の上に蓋をして出来た歩道沿いにある。直接道路には面していないので、ちょっとわかりづらい。
 公園は4つのシーンから構成されている(実際にシーン1~4と命名されているわけではない。説明しやすくするために、私が勝手に付けた名だ)。
 シーン1は駅に近い最下部のところ(写真上)。階段があり、車椅子用のスロープもある。様々な樹木が通路を取り囲んでいて気持いい。たぬきやふくろうの置物があって、置物同士が地中のパイプでつながっているので、お互いに離れた場所から話が出来るようになっている遊具がある。これは面白い。
 

Chidoriikoi_2_1

シーン2はシーン1の階段を上がった上にある(写真上)。丘陵の中間部になる。広場があって、砂場、ブランコ、子供向けの遊具がいろいろ置いてある。さらに上のシーン3に行く登りスロープがあるが、このスロープの途中からも入れるアスレチック風の遊具がユニークだ。小さな子供たちの遊び場だ。

Chidoriikoi_3_1

シーン3はシーン2のさらに上、公園の最上部だ(写真上)。ここは武蔵野の林の中を散策するシチュエーションになっている。緑豊かで、静かで、上品だ。シーン1,2とは全く異なる景色と雰囲気だ。まるで、郊外の高級別荘地に行ったような気分になる。ここにも広場があり、道路に面した入り口もある。ただしこの部分は夜間と年末年始は立ち入り禁止となるので注意(詳しくは以下)。

Chidoriikoi_4

シーン3の東側を降りていくとシーン4だ(写真上)。シーン4は水がテーマとなっている。井戸が掘ってあり、昔懐かしい手動のくみ上げポンプがあった。その先には小さな水路が作られていて、子供たちが自分で水をくみ上げて、流して遊べるようになっている。また、ドラえもんの公園に出てくるようなコンクリート製の下水管もあって、これも子供たちには楽しい。さらに降りていくと、旧六郷用水上の歩道に出て、シーン1の入り口に戻る。
 公園の下の方のシーン1、4の入り口付近は千鳥町の駅前商店街が途切れたあたりで、前には商業地と町工場やマンションが混在する下町が開けている。一方公園の上の方のシーン3の入り口付近は久が原から千鳥町へと続く高級住宅街の終端部だ。この丘陵の上と下とで、街の様相がガラッと変わる。公園の中の雰囲気も上と下とではかなり変化する。公園の上に行くほど土地のパワーが大きくなるようにも感じる。とにかく非常に変化に富んだ公園で、4つのシーンごとに異なった雰囲気を味わうことが出来て、1粒で4度おいしい。緑に溢れていてとてもいい公園だ。

公園データ
広さ 約1,900坪(6,200㎡)
遊戯施設 ・すべり台 ・ブランコ  ・砂場
・簡易アスレチック ・土管遊具
・広場有り(野球、サーカーは禁止)
・離れた場所でお話する遊具
・水遊び施設(井戸水の手動ポンプ)
トイレ 有り
駐車場 無し
その他 ・4つの異なるシーンを楽しめる
・緑の中の散策路有り
・公園の最上部は入園時間制限有り。
  3月~11月:7:00~18:00
  12月~2月:8:00~17:00
  年末年始(12月29~1月3日)は入場禁止

所在地 (地図をクリック!)

東京都大田区久が原6-26

|

« くさっぱら公園 - 千鳥1-1 | トップページ | 蒲田本町一丁目公園 - 蒲田本町1-1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200205/14604206

この記事へのトラックバック一覧です: 千鳥いこい公園 - 久が原6-26 :

« くさっぱら公園 - 千鳥1-1 | トップページ | 蒲田本町一丁目公園 - 蒲田本町1-1 »