« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年4月 1日 (日)

桜並木公園 - 南馬込4-11

Sakuranamiki_1 Sakuranamiki_2  その名の通り、桜並木の中心にある公園。
 都営浅草線の終点の西馬込駅から東方向に歩いて6分ほどに善照寺というお寺があり、ここから東南の龍子記念館に向かって続く530mほどの道沿いに桜並木が延々と続いている。この桜並木がすごい。樹齢何年だろうか、幹の太い立派な桜が、途切れなく続いている。写真のように開花の季節は圧巻だ。屋台もたくさん出ていて、お祭り気分だ。たくさんの人々が花見を楽しんでいた。並木通りなので、場所取りをして宴会というのは無理がある。散歩しながら、疲れたら屋台で何か買って、ベンチに座って食べるといった方が正解だ。
 公園としては、特に特徴はない。児童公園を少し大きくした程度で、遊具もブランコ、すべり台、砂場といった程度。こじんまりしている。
 ここの魅力はなんといっても、この並木道だ。訪れた日は桜が満開ですばらしいが、初夏の新緑、真夏の木陰での散策、秋の紅葉、いづれの季節もこの桜並木は充分に楽しめると思う。大田区の桜の名所の一つだ。
 散策のついでに龍子記念館とその公園に立ち寄ってみるのもいい。

写真2008.03.29再撮影して入れ替えました。

公園データ
広さ 約360坪(1,189㎡)
遊戯施設 ・すべり台 ・ブランコ ・砂場
・広場有り(野球、サーカーは禁止)
トイレ 有り(身障者用有り)
駐車場 無し
その他 ・長さ530mの桜並木
龍子記念館(財)大田区文化振興協会HPより

所在地 (地図をクリック!)

東京都大田区南馬込4-11 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

清花公園 - 大森北2-8

Seika_1 Seika_2 京浜急行の大森海岸駅から南西へ歩いて5分ほどのところにある。公園の北東側は「大森プロストシティーレジデンス」という高層マンションがあり、北西側は「イトーヨーカドー」がある。というと駅前の雑踏のように思えるが、実際は住宅街、事務所、工場などがひしめく大森らしい下町の風景の中にある。
 写真の通り、園内はほとんどの木々は桜の大木だ。公園の頭上は桜の枝で覆い隠されているといっても過言ではないくらい、桜だらけだ。開花した様はまるで、桜の花のドームといった感じでとても美しい。たぶん夏場も、この木々が涼しげな木陰を提供してくれると思う。桜の林が、この公園に落ちきと安らぎを与えている。
 公園には通常の遊戯施設の他に、周囲には高いフェンスで囲まれたボール遊びができる広場がある。高いフェンスの広場はどこにもあるが、頭上までネットで覆われているのは珍しい。すぐ横のマンションのベランダまでボールが飛んでいかないように配慮しているのだろう。
 この公園の最大の特徴は桜の林だが、これが周辺の環境とは、隔絶した世界を作っている。周囲に緑が少なく、建物の密集した地域における理想的な公園の姿の一つと思う。ふっと息抜きできる優しさを持っている。この桜をいつまでも大事に維持していただければと思う。

公園データ
広さ 約880坪(2,902㎡)
遊戯施設 ・すべり台 ・ブランコ ・簡易アスレチック
・クライミング出来る壁、広いすべり台
・砂場(2箇所)
・鉄棒
・広場有り(ボール遊びOK)
トイレ 有り(身障者用有り)
駐車場 無し
その他 ・公園全体が桜林

所在地 (地図をクリック!)

東京都大田区大森北2-8 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

公園写真と桜の開花

Someiyoshino 桜の季節だ。桜が主役の公園も多い。写真を撮るのだが、これが大変だ。ソメイヨシノは同時期に一斉に開花して、その期間も1週間ほど、見ごろで言えば2、3日しかない。この数日間に出来る限りの公園を回らなければならない。逃すと、来年に持ち越しになってしまう。今回は10公園ほど回った。とても疲れた。(今回撮影した写真は該当公園記事作成時に掲載します。)
 ソメイヨシノが一斉に開花するのには理由がある。言わばすべてのソメイヨシノは挿し木で増殖したクローンだからだ。つまり日本全国のソメイヨシノが1本の木と見ることも出来る。よく桜を伐採するとたたりがあるなどと言われるが、日本中の桜が1つの生命体で構成されていると考えると、霊的な能力を持ったとしても不思議ではないかもしれない?。
 また、ソメイヨシノは自分で子孫を残すことができない。交雑または交配の結果、自家不和合性が強く出た品種といわれ、結実しても発芽に至らないのだ。寿命も短く、約60年といわれている。(引用元:ウィキぺディア:ソメイヨシノ) 
 従って、現在、桜の大木で満ちたスポットも数十年先には景色が一変する可能性が大きい。人間によって造られたソメイヨシノは、人間に頼らねば生き延びることも出来ない。ソメイヨシノの花が美しい以上のものを感じさせるのは、支配されることへの怨念をも発散しているからだろうか?。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月 2日 (月)

東糀谷第一公園 - 東糀谷6-8

Higashikojiya_1 Higashikojiya_2 京浜急行羽田線の大鳥居駅から北東に歩いて15分:1kmほどのところにある。南側には首都高速1号線が走っており、東には海老取川を挟んですぐに羽田空港がある。
 この公園は桜が見事だ。都営東糀谷6丁目アパートの西側、南西側、南側に沿って3箇所の公園からなる。全部を含めると結構大きな公園だ。
 西側の公園(写真上)はアパートの庭といった雰囲気だ。通常の遊戯施設があって、子供たちの遊び場になっている。ここも桜がきれいだ。
 南西側の公園(写真下)は広大な広場となっていて、その広場の周りすべてにやはり桜が植わっている。ここの桜は圧巻だった。芝生の緑と桜が美しい。この広場はいざという時には避難所にもなる。訪れた日は桜が満開で、「さくらまつり」が開催されていて、近所の人々が、大宴会を催していた。当日は曇りの天気だったので、あまりいい写真は撮れなかったが、青空がバックならすばらしいと思う。
 残念ながら南側の公園は行かなかったのでレポートできない(すみません)。
 穴場的な大田区の桜の名所だ。

公園データ
広さ 約3,400坪(11,152㎡)
遊戯施設 ・すべり台 ・ブランコ ・簡易アスレチック
・広場有り(野球、サーカー、ゴルフは禁止)
・ゲートボール場
トイレ 有り(身障者用有り)
駐車場 無し
その他 ・桜が一杯。桜の広場あり。

所在地・アクセス

東京都大田区東糀谷6-8

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ばあさん マフラーはまだかい・・・

2007_04_20_nishikamata 2007.04.20 西蒲田公園にて

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月 3日 (火)

大森西交通公園 - 大森西3-4

Omorikotsu_1 Omorikotsu_2 京浜急行線の大森町駅を降りて北へ4分ほど歩いた所にある交通公園。大森町駅を逆に東へ10分ほど行くと2007年4月にオープンした「ふるさとの浜辺公園」がある。
 園の西側と南側が桜並木になっている。訪れた日は、満開だったので見事だった。公園の一画では近所の人たちが花見をしていた。公園から道を挟んで北西側には「大森諏訪公園」がある。隣接して2つの個性の異なる公園がある。
 交通公園の名の通り、公園のほとんどが自転車等で回れるサイクリングコースになっている。小さな信号機や、横断歩道もあって、遊びながら交通規則を学べるように工夫されている。曲がりくねった道もあって子供には楽しい。園内の乗り物はすべて貸し出し制で、中学生以上は乗れない。自転車、ゴーカート、豆自動車、三輪車と、乗り物も充実している。乗り物の貸し出しは、9:00~11:30と13:00~16:00。また、公園の一画には子供向けの遊具もある。
 小さい子供との親子づれ、祖父母とお孫さん、小学生同士、いづれも安心して子供を遊ばせられる公園だ。

【追記:2008.06.08】
大森諏訪公園は、大田区福祉作業所の新築に伴い、リニューアルオープンした。詳しくはこちら

公園データ
広さ 約1000坪(3,300㎡)
遊戯施設 ・すべり台 ・ブランコ ・簡易アスレチック
・交通公園
  全て貸し出し制
   自転車、ゴーカート、豆自動車、三輪車
   小学生以下のみ
  貸し出し時間
   9:00~11:30と13:00~16:00
トイレ 有り(身障者用有り)
駐車場 無し
その他 ・桜並木がすばらしい。

所在地 (地図をクリック!)

東京都大田区大森西3-4 

<

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月 7日 (土)

くさっぱら公園 - 千鳥1-1

Kusappara_1 Kusappara_2 この公園は、公園化の計画段階から、地域の住民の人たちが積極的に参加したできた公園だ。現在も「ひろばの会」という住民のフォーラムが維持・管理・運営にも深くかかわっている。公園計画時点で付近の住民の意見を聞くことはたびたびあるようだが、このように、住民の手によって運営まで行われているケースは少ない。
 武蔵野の林を思わせる自然公園だ。公園内の大部分はむき出しの土だ。子供たちが、泥んこになって遊べる。丸太が無造作に並べてあったり、奥に行くにしたがって、小高い丘になっていたりと、いかにも子供の遊びの原点を考えての造りと思う。公園としては大ききはないが、大人でも落ち着いてゆっくりできる。
 公園の周辺は千鳥町の高級住宅街で落ち着いた邸宅が並ぶ、環境のとても良いところだ。この公園はややもすると、近隣の交流がなくなったしまう住宅街にあって、コミュニケーションの広場ともなっているようだ。
 園内には立て看板があって、この公園が住民の手によって管理・運営されていることを謳っている。
 住民の方々が交代で掃除をされているので、土がむき出しの地面にもかかわらずゴミも落ち葉もなく、きれいだ。ここを訪問する方はこのことをよく理解して、この公園を利用してほしい。
 「くさっぱら公園」にはホームページもある。以下をご覧下さい。

公園データ
広さ 約390坪(1,300㎡)
遊戯施設 ・土の地面、丸太の遊び場
・広場有り(野球、サーカーは禁止)
トイレ 有り
駐車場 無し
その他

・住民参加の管理、運営
・「くさっぱら公園ホームページ」

ふれあいパーク活動:大田区HPより

所在地 (地図をクリック!)

東京都大田区千鳥1-1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月 8日 (日)

千鳥いこい公園 - 久が原6-26 

Chidoriikoi_1_1

東急池上線の千鳥町駅から東方向に歩いて250mの所にある公園。丘陵を利用した高低差があって、とても変化に富んだ公園だ。公園の下側の入り口は旧六郷用水の上に蓋をして出来た歩道沿いにある。直接道路には面していないので、ちょっとわかりづらい。
 公園は4つのシーンから構成されている(実際にシーン1~4と命名されているわけではない。説明しやすくするために、私が勝手に付けた名だ)。
 シーン1は駅に近い最下部のところ(写真上)。階段があり、車椅子用のスロープもある。様々な樹木が通路を取り囲んでいて気持いい。たぬきやふくろうの置物があって、置物同士が地中のパイプでつながっているので、お互いに離れた場所から話が出来るようになっている遊具がある。これは面白い。
 

Chidoriikoi_2_1

シーン2はシーン1の階段を上がった上にある(写真上)。丘陵の中間部になる。広場があって、砂場、ブランコ、子供向けの遊具がいろいろ置いてある。さらに上のシーン3に行く登りスロープがあるが、このスロープの途中からも入れるアスレチック風の遊具がユニークだ。小さな子供たちの遊び場だ。

Chidoriikoi_3_1

シーン3はシーン2のさらに上、公園の最上部だ(写真上)。ここは武蔵野の林の中を散策するシチュエーションになっている。緑豊かで、静かで、上品だ。シーン1,2とは全く異なる景色と雰囲気だ。まるで、郊外の高級別荘地に行ったような気分になる。ここにも広場があり、道路に面した入り口もある。ただしこの部分は夜間と年末年始は立ち入り禁止となるので注意(詳しくは以下)。

Chidoriikoi_4

シーン3の東側を降りていくとシーン4だ(写真上)。シーン4は水がテーマとなっている。井戸が掘ってあり、昔懐かしい手動のくみ上げポンプがあった。その先には小さな水路が作られていて、子供たちが自分で水をくみ上げて、流して遊べるようになっている。また、ドラえもんの公園に出てくるようなコンクリート製の下水管もあって、これも子供たちには楽しい。さらに降りていくと、旧六郷用水上の歩道に出て、シーン1の入り口に戻る。
 公園の下の方のシーン1、4の入り口付近は千鳥町の駅前商店街が途切れたあたりで、前には商業地と町工場やマンションが混在する下町が開けている。一方公園の上の方のシーン3の入り口付近は久が原から千鳥町へと続く高級住宅街の終端部だ。この丘陵の上と下とで、街の様相がガラッと変わる。公園の中の雰囲気も上と下とではかなり変化する。公園の上に行くほど土地のパワーが大きくなるようにも感じる。とにかく非常に変化に富んだ公園で、4つのシーンごとに異なった雰囲気を味わうことが出来て、1粒で4度おいしい。緑に溢れていてとてもいい公園だ。

公園データ
広さ 約1,900坪(6,200㎡)
遊戯施設 ・すべり台 ・ブランコ  ・砂場
・簡易アスレチック ・土管遊具
・広場有り(野球、サーカーは禁止)
・離れた場所でお話する遊具
・水遊び施設(井戸水の手動ポンプ)
トイレ 有り
駐車場 無し
その他 ・4つの異なるシーンを楽しめる
・緑の中の散策路有り
・公園の最上部は入園時間制限有り。
  3月~11月:7:00~18:00
  12月~2月:8:00~17:00
  年末年始(12月29~1月3日)は入場禁止

所在地 (地図をクリック!)

東京都大田区久が原6-26

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月11日 (水)

蒲田本町一丁目公園 - 蒲田本町1-1

Kamatahoncho1_1 Kamatahoncho1_2 JR蒲田駅の東口を出て、南へ向かって500mほど、環状8号線を越えた所に、独立行政法人都市再生機構が建設・管理している「蒲田本町一丁目団地」がある。この公園は中心にある公園と東側にある公園の2箇所に分かれている。
 中心にある公園には、遊具はジャングルジムとすべり台が一体となったものがあり広場となっている。東側にある公園は、通常の児童公園だ(写真下から2番目)。
 両公園ともに「蒲田本町一丁目団地」の庭である。この団地に住む人々のコミュニティー広場であって、他の地域の人がわざわざ訪ねてくるような公園ではないし、それほどの魅力もない。団地の入り口に、ここの平面見取り図があったので、見てみたが、中央の公園のところは、「蒲田本町一丁目公園」ではなく、「プレイスペース」とだけ書かれていた。やはり、この団地の施設という認識なのだ。
 時々このような公的な集合住宅の庭が大田区立公園になっている。本来はその団地等の一部として考えたほうが妥当で、集合住宅の管理元(この場合は独立行政法人都市再生機構)が管理するのが自然のことと考えられるが、そこをわざわざ区立公園として大田区が管理する理由は何だろう。防災上の目的のためかなのか?。行政上の問題が何かあるのか?。この点はいつも疑問だ。
 団地横にお稲荷様があった(写真下)。鳥居の赤が綺麗だ。

公園データ
広さ 約1,300坪(4,223㎡)
遊戯施設 ・すべり台 ・ブランコ ・簡易アスレチック
・ジャングルジム
・広場有り(野球、サーカーは禁止)
トイレ 有り
駐車場 無し
その他 ・「蒲田本町一丁目団地」の庭

所在地 (地図をクリック!)

東京都大田区蒲田本町1-1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

西六郷タイヤ公園 - 西六郷1-6

Nishirokugo_tire_1 京浜急行の雑色駅から600mほど北西に行った、JR京浜東北線、JR東海道線沿いにある大変ユニークな公園。
 公園の周囲はきれいな花壇で囲まれていて美しい。広々とした見通しのよい長方形の敷地の公園で、全体はほぼ平らで、ほとんどの地面は砂場となっている。

Nishirokugo_tire_2

 なんといってもユニークなのは、公園全体が古タイヤだらけということだ。背丈が8mほどのタイヤの恐竜、タイヤのロボット、タイヤのブランコ、巨大タイヤの遊具、タイヤのトンネル、などのほかに、園内のいたるところに古タイヤ、3,000本が山積みに置かれていて子供が自由に遊べる。これを企画した人は目の付け所がいい。いかにも子供が喜びそうな公園だ。

Nishirokugo_tire_3

 他に遊戯施設は、幅の広いコンクリート製のすべり台、ジャングルジム、ブランコ数台、小高い丘状になっていて、すべり台と登って遊べる小山、などがある。そこいら中にタイヤが置かれてあるので、自分のアイデアで、自由に遊べることがいい。子供の創造力を養う意味でもすばらしい。

Nishirokugo_tire_4

 訪れた日は平日だったが、多くの親子連れで盛況だった。大田区に在住の子供がいるファミリーなら、ぜひ一度は行くことをお勧めする楽しいエリアだ。他にはない印象深い公園なので、子供にとっても、親にとっても、楽しい思い出が作れると思う。晴れた日に、お弁当持参で行くといいだろう。

公園データ
広さ 約1,700坪(5,691㎡)
遊戯施設 ・3,500本の古タイヤで作られた遊具
  背丈が8mほどのタイヤの恐竜
  タイヤのロボット
  タイヤのブランコ
  巨大タイヤの遊具
  タイヤの迷路
・約3,000本の古タイヤ、地面は全面砂場
・幅の広いコンクリート製のすべり台
・ジャングルジム
・ブランコ数台
・小高い丘のすべり台
トイレ 有り(身障者用有り)
駐車場 無し
その他 西六郷タイヤ公園:大田区ホームページより
大田の見どころ:大田区ホームページより

所在地 (地図をクリック!)

東京都大田区西六郷1-6

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月12日 (木)

お近くの公園情報を教えて下さい!

Koenjohou_1 「大田区の公園」ブログでは、お住まいのお近くで、ぜひ紹介したい公園の情報をお願いしています。

 次のような公園があって、取り上げて欲しいと思われたなら、ぜひ、ご連絡下さい。取材したいと思います。ただし、大田区内に限ります。また、個人宅、法人関係の敷地内の取材は遠慮させていただきます。

大田区立児童公園だが、特に他とは異なるユニークな点がある。とても綺麗に整備されている。運営・管理方法がユニークだ。など。
児童公園は取材リストには入れてありませんが、特別に掲載します。
→【番外編】として掲載させていただきます。

■公園ではない公共施設だが、ぜひ取り上げて欲しい。例えば、用水路を整備して、とてもいい散策路になった。
→【番外編】として掲載させていただきます。

尚、情報としては以下内容をいただけると助かります。
●所在地・住所
●取材して欲しい理由

以下「コメント」欄に入力して下さい。よろしくお願いします。

-----------------------------------------------------------------

又、大田区立公園の記事について以下ご意見ありましたら、お寄せ下さい。再取材して修正、又は今後取材時に特に留意して取材したいと思います。

■取材済みの大田区立公園だが、説明内容が誤り、または正確でないので、手直ししてほしい。
→当該記事に「コメント」でいただければ助かります。
■まだ未取材だが、特にこんな点をよく見て取材してほしい。
→以下「コメント」欄に入力して、情報をいただければ、助かります。
■本ブログ内の公園リストには掲載されていない大田区立公園がある。逆に、本ブログ内の公園リストには掲載されているが、実際は廃園となった。
→訂正させていただきます。

「大田区の公園」管理者

| | コメント (6)

2007年4月14日 (土)

仲六郷二丁目公園 - 仲六郷2-4

Nakarokugo2_1 Nakarokugo2_2 京浜急行線の雑色駅から北東へ500m:徒歩8分ほどの所にある。周囲は住宅街で、その中にひっそりと公園がある。JR京浜東北、東海道線の線路を越えて、西に100m行くと、西六郷タイヤ公園があるので、家族連れは皆そちらに行ってしまう。
 静かな公園なので、大人がゆっくりと考え事などをするにはいいかもしれない。行ったときもおじさんが一人たたずんでいた。緑もそこそこあり、落ち着ける公園だ。
 遊具はごく一般的なもの。そう広くはなく、児童公園を少し大きくした程度。
 あえて、出しゃばって言うなら、西六郷タイヤ公園が目と鼻の先にあるので、この公園には遊具は要らないのではないか?。周辺には樹木はあまり無く、住宅が密集しているので、むしろ大人向きの緑あふれる日本庭園風の公園にした方がいいような気がする。
 六郷の公園はどこもそうだが、灰皿が完備している。愛煙家にはありがたいが、やはり、携帯灰皿は持っていこう。

公園データ
広さ 約410坪(1,354㎡)
遊戯施設

・すべり台 ・ブランコ
・簡易アスレチック ・砂場
・広場有り(野球、サーカーは禁止)

トイレ 有り
駐車場 無し
その他 ・静かな公園

所在地 (地図をクリック!)

東京都大田区仲六郷2-4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

西六郷三丁目公園 - 西六郷3-16

Nishirokugo3_1 Nishirokugo3_2 京浜急行線の雑色駅から西南へ1km:徒歩16分、または、六郷土手から北北西へ700m:徒歩10分にある。周囲は大田区の工業のメッカだが、この辺は昔から町工場が多く、職住をともにしてきたためか、生活に根ざしているところがあって、住む環境はそう悪くない。現在はその町工場も減って、むしろ住宅地といったほうが適切かもしれない。
 遊具は通常のもの。ジャングルジムとすべり台が合体したもの、ブランコ、鉄棒、など。しかし、公園全体はとても広々としていて、子供が遊ぶには困らない。広場の中央部分は芝生になっており、その真ん中に常緑樹が植わっていてアクセントになっている。公園の西側には夏になると人口のせせらぎも現れる。
 この公園の最大の特徴は桜だ。公園の周囲を取り囲むように桜並木となっている。桜の名所だ。訪問したときは、残念ながら桜が散って、葉桜へと移る時期だった。満開時には美しいだろう。
 東南は大田区立高畑小学校、西南には保育園がある。子供たちが手軽に遊びに来れる公園だ。「野球・サッカー・花火禁止」となっている。だが、この辺りは多摩川が南の川崎側に大きく迫り出して蛇行したくびれの部分で、ちょっと歩けば、多摩川緑地、六郷橋緑地なので、ボール遊びをしたければそちらに行けばいい。
 「ゆったり」という表現がぴったりの場所。広々としているせいか、割と落ち着けるいい公園だ。

公園データ
広さ 約1,800坪(5,829㎡)
遊戯施設 ・すべり台 ・ブランコ ・簡易アスレチック
・砂場 ・鉄棒
・広場有り(野球、サーカーは禁止)
・流れる人口川(夏場のみ?)
トイレ 有り
駐車場 無し
その他 ・桜の名所

所在地 (地図をクリック!)

東京都大田区西六郷3-16

| | コメント (0) | トラックバック (0)

仲六郷三丁目公園 - 仲六郷3-7

Nakarokugo3_1 Nakarokugo3_2 京浜急行線の雑色駅から南南西へ400m:徒歩6分の京浜急行沿線にある公園。「OKディスカウントセンター」という、ホームセンターがあって、そこの角を曲がってつき当たり、左側にある。
 こじんまりとした公園で、遊具も一般的なものしかない。ブランコ、すべり台、砂場といったもの。懐かしかったのが、「ぶら下がり渡り遊具」とでも言うのか(下から3枚目の写真)、昔はどこの小学校にもあった遊具。
 この公園は桜の木が立派だ。数本の桜の大木がよく枝を伸ばしていて、安らぎをもたらしてくれている。訪問したときはすでに、桜の花は散っていたが、それでも綺麗だった。夏もこの広がった桜の枝が、涼しい木陰を提供してくれるだろう。
 特に、遠方からわざわざ訪れる公園ではないが、近所の人たちが寛ぐにはいいところだ。「OKディスカウントセンター」に買い物をしに来たついでに、ちょっと休憩するにはいいだろう。

公園データ
広さ 約440坪(1,451㎡)
遊戯施設 ・すべり台 ・ブランコ ・砂場
・ぶら下がり渡り
・広場有り(野球、サーカーは禁止)
トイレ 有り
駐車場 無し
その他 ・桜が綺麗

所在地 (地図をクリック!)

東京都大田区仲六郷3-7

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月15日 (日)

仲六郷三丁目第二公園 - 仲六郷3-19

Nakarokugo32_1 Nakarokugo32_2 京浜急行線の雑色駅から西南へ630m:徒歩9分の所にある。公園の北側は大田区立六郷中学校、東側は高畑保育園、工業地帯に中にあっては文教地区だ。この公園もその一画にある。
 小さな公園で、遊具も少ないが、スチールワイヤーに滑車付きロープがかけてある、いわゆる人間ロープウェイがあるところが珍しい。他はすべり台と砂場のみ。樹木が多く、落ち着ける公園だ。訪問した時は桜が綺麗だった。工業地帯のオアシスという雰囲気だ。こじんまりしているが、いい公園だ。
 ただ、子供は遊んでいなかった。代りに、顔のどす黒い、衣服も汚れたおじさんたちが砂場脇のベンチで寛いでいた。この辺りは多摩川がすぐ近くだ。ホームレスも多いのだ。特に、何をするというわけではないと思うが、やはり不気味であることは確かだ。これでは、子供を連れては遊びには来れない。ましてや、子供たちだけで遊びには行かせられないだろう。
 偏見は持ちたくないが、自分の命以外に失うもののない人々と、居を構え守るべき家族のある人々の間には大きな溝があることは事実だ。公園はすべての人々が自由に使っていい公共施設だが、一部の人たちが居るというだけで、他の人々が使うことを遠慮している実態は何とかしなければならないと思う。
 でも、公園内に家を建てているわけではないので、まだましか・・・。

公園データ
広さ 約390坪(965㎡)
遊戯施設 ・すべり台 ・砂場
・人間ロープウェイ
・広場有り(野球、サーカーは禁止)
トイレ 有り
駐車場 無し
その他 ・樹木が比較的多い

所在地 (地図をクリック!)

東京都大田区仲六郷3-19

| | コメント (0) | トラックバック (0)

宮本台緑地 - 仲六郷4-30

Miyamotodai_1 Miyamotodai_2 京浜急行線の六郷土手駅から歩いて100m:1分と目と鼻の先にある。第一京浜:国道15号線が多摩川を渡る新六郷橋の渡り口のふもとのところに位置する。川崎から新六郷橋を渡ってきた車が玉堤通りに降りるためのループ状の誘導路があるが、その真ん中の空いたスペースを活用して公園にしたものだ。
 公園内には六郷橋の生い立ちを開設したプレートがあり、旧六郷橋の橋門、親柱がモニュメントとして残されている。六郷橋というのは江戸時代からこの地にかかっていた由緒ある橋なのだ。
 他に、「多摩川の流域の魚類」、「六郷橋から丸子へ、渡し場をめぐる散歩道」を解説したプレートもあり、興味のある人は読んでみるといい。また、子供の像などもあり、格調のある公園なのだ。
 公園としては小さい。だが、遊具がユニークだ。1つはぶら下がり健康器が設置してあること(写真下から4番目)。もう1つはテニスの壁打ちのできる施設があること(写真下から3番目)。ちょうど新六郷橋の橋の下のスペースを有効活用したものだ。テニスボールが外に飛び出さないようにネットも張られている。これはいい。
 公園のすぐ脇には駐輪場がある。道をはさんだ先には、北野天神:止め天神がある。水害などを止めるために祭られたものだ。
 大人向きの公園で、居る人々も大人ばかり。ただ、ココにもホームレスは多い。橋の下にも彼らの家があった。公園内には彼らの家がないのが救いだ。

公園データ
広さ 約550坪(1,828㎡)
遊戯施設 ・ぶら下がり健康器
・腹筋健康器
・テニス壁打ち場
・広場有り(野球、サーカーは禁止)
トイレ 有り
駐車場 無し
その他

・旧六郷橋の橋門、親柱がモニュメントとして設置
・子供の像あり
・以下説明プレート有り
 「六郷橋の生い立ち」
 「多摩川の流域の魚類」
 「六郷橋から丸子へ、渡し場をめぐる散歩道」

所在地 (地図をクリック!)

東京都大田区仲六郷4-30

| | コメント (0) | トラックバック (0)

西六郷四丁目公園 - 西六郷4-27 

Nishirokugo4_1 Nishirokugo4_2 京浜急行線の六郷土手駅から西へ400m:徒歩6分の所にある。真宗高田派・本山専修寺関東別院という大きなお寺があって、その先の川寄りに都営六郷四丁目アパートがある。この公園はこのアパートの庭だ。
 小さな公園で、遊具も児童公園と同じ。一般的なもの。アパートに住む人々のコミュニティースペースだ。
 すぐ先は多摩川で、そこには大田区の管理する巨大公園の多摩川緑地があるので、あえてこの公園を訪ねる魅力はない。
 専修寺を法事か何かで訪れた親子連れが、子供がぐずったときなどはこの公園を活用すればいいだろう。最も、専修寺近くにも児童公園があったのでこちらでもいいかも。
 訪問したときは、平日の午後で、誰もいなかった。寂しい公園だ。

公園データ
広さ

約300坪(1,010㎡)

遊戯施設 ・すべり台 ・ブランコ ・鉄棒
・ジャングルジム風遊具
・広場有り(野球、サーカーは禁止)
トイレ 有り
駐車場 無し
その他 都営六郷四丁目アパートの庭

所在地 (地図をクリック!)

東京都大田区西六郷4-27 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月16日 (月)

上池台三丁目公園 ‐ 上池台3-16

Kamiikedai3_1 Kamiikedai3_2 東急池上線の洗足池駅から東南に1km:徒歩15分、又は、都営地下鉄浅草線の西馬込駅から北西に1.2km:徒歩17分の所にある。この辺りはどの駅も近くはないが、どの駅も20分以内で行けるという、不便なようで便利というか、大田区内の交通網の離れ小島のような所だ。しかし、近くに駅が無いということは、住宅地には理想的ともいえる。閑静な高級住宅街が続いている。この公園もその中にある。
 広々とした公園で、遊具で珍しいのは、ローラースケート場があることだ(写真左・上から2番目)。今ではローラースケートはやらないか?。スケートボード場かな?。他に、天井までネットで囲まれたボール遊びのできるエリアや、アスレチック風遊具、砂場などがある。
 この公園の地下には雨水調整池がある。大雨時の浸水被害対策で東京都下水道局が設置したものだ。公園内に施設の表示がある。
 緑の多い、ゆったりとできる、落ち着いた公園。訪問したときは、いろいろな花々が咲き乱れていて美しかった。防災・緑化・遊び、いづれも満たした優れた公園だ。

公園データ
広さ 約720坪(2,379㎡)
遊戯施設

・すべり台 ・ブランコ ・簡易アスレチック
・広場有り(野球、サーカーは禁止)
・ローラースケート場
・ボール遊び場兼ゲートボール場

トイレ 有り(身障者用有り)
駐車場 無し
その他 ・地下には雨水調整池有り

所在地 (地図をクリック!)

東京都大田区上池台3-16

| | コメント (1) | トラックバック (0)

池台四丁目公園 ‐ 上池台4-41

Kamiikedai4_1 Kamiikedai4_2 東急池上線の長原駅から南に1km:徒歩15分、又は、都営地下鉄浅草線の西馬込駅から北西に1.3km:徒歩19分の所にある。この辺りはどの駅も近くはないがどの駅も20分以内で行けるという、大田区内の交通網の離れ小島のような所だ。しかし、近くに駅が無いということは、住宅地には理想的ともいえる。閑静な高級住宅街が続いている。この公園もその中にある。
 小さな公園。大きさも設備も児童公園レベルで、特筆すべきものはない。緑にあふれた、近所の人々のコミュニティー。八重桜が綺麗だった。

公園データ
広さ 約250坪(813㎡)
遊戯施設 ・すべり台 ・ブランコ ・鉄棒 ・砂場
トイレ 有り
駐車場 無し
その他 ・牡丹桜が綺麗

所在地 (地図をクリック!)

東京都大田区上池台4-41

| | コメント (0) | トラックバック (0)

上池台射水坂公園 ‐ 上池台4-19

Kamiikedaisyasui_1 Kamiikedaisyasui_2 東急池上線の長原駅から西東へ700m:徒歩11分にある。北に100mほど行くと環状7号線がある。公園のすぐ東側には大丸ピーコックというスーパーやファーストフードのレッドロブスターがある。高台にあって、周囲は高級住宅街で、静かな環境の中にある。
 ゆるい傾斜地にある公園なので、2段構成となっている。北側の上段は比較的大きな広場になっている。南側の下段は遊具が置いてあり、子供の遊び場になっている。遊具は一般的なもの。すべり台、ブランコ、砂場といった具合。
 樹木が多く、大木ばかりで、武蔵野の林を残している。南側の下段の周囲には桜が数本植わっていて、開花に季節は綺麗だと思う。古い昔ながらの公園という面持ちで、特に目新しさはないが、とても落ち着き、ゆっくりと考えを巡らすには最適なエリアだ。訪れたときも、何人かの男性が、読書をしたり、もの思いに耽ったりとしていた。いい感じの公園だが、周囲のフェンスがなんとも安っぽい。古くなって交換するときはもう少し高級感のあるもにしたら、とても良くなると思う。
 行ったときは、八重桜が美しかった。スーパーで買い物をした帰りにちょっと寄って休んでいくのにもいい。

公園データ
広さ 約430坪(1,408㎡)
遊戯施設 ・すべり台 ・ブランコ ・砂場
・広場有り(野球、サーカーは禁止)
トイレ 有り
駐車場 無し
その他 ・武蔵野の林の雰囲気

所在地 (地図をクリック!)

東京都大田区上池台4-19

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月17日 (火)

北馬込寺郷公園 - 北馬込2-14

Kitamagometerago_1 Kitamagometerago_2 都営地下鉄浅草線の馬込駅から西へ230m:徒歩3分ほどのところにある。80mほど南側は環状7号線があり、さらに200mほど南東には、環状7号線と国道1号線が交差する松原橋交差点がある。というと車の騒音のうるさい場所のように思えるが、実際は静かな住宅街の一画にある。
 傾斜地に造られた公園で、3段構成となっている。西側の一段目は広場になっていて、トイレ、防災倉庫などがある。2段目はブランコ、砂場、鉄棒があるスペース。3段目は東側の出入り口で、急な階段になっている。この階段の横に斜面を利用して造られたコンクリート製の大きなすべり台がある。このすべり台がこの公園の最大の特徴だ。子供たちが楽しそうに遊んでいた。桜の木もあって、開花の季節には美しいだろう。
 傾斜地の公園はいろいろなアイデアを形にしやすいのであろうか?。概して傾斜地にある公園の方が楽しい遊具がある。変化もあるので、飽きにくい。
 住宅密集地にある、ちょっと古いが緑多いくつろげる公園だ。

公園データ
広さ

約310坪(1,036㎡)

遊戯施設 ・大きなすべり台(斜面を利用・コンクリート製)
・ブランコ ・砂場 ・鉄棒
・広場有り(野球、サーカーは禁止)
トイレ 有り
駐車場 無し
その他 ・傾斜地の公園
・緑多い

所在地 (地図をクリック!)

東京都大田区北馬込2-14

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中馬込貝塚公園 - 中馬込1-19

Nakamagomekaiduka_1 Nakamagomekaiduka_2 都営地下鉄浅草線の馬込駅から西南に830m:徒歩12分の所にある。住宅街の一角にあり、公園の北側には郵便局がある。公園の西には、大田区立中馬込児童館と、大田区立中馬込老人いこいの家が同居した施設(写真左・下)がある。又、南側は大田区営中馬込一丁目アパートがある。大田区の施設が集中してここに集まっている。児童館と、老人いこいの家と公園の組み合わせは、それぞれの施設が有機的につながって利用しやすく、とても合理的と思う。
 昭和54年に造られた古い公園で、遊戯施設も一般的なものだ。珍しいのは太い棒に枝のように突起が出ているものが5本地面から立ち上がっている遊戯施設(写真左・上から2番目)。
 広い開放的な平らな公園。訪問したときも親子連れや子供たちで賑わっていた。遊具等はちょっと古い感じだが、植えられた木々はよく育って、緑が心地いい。
 公園というものは地域の住民と、管理する行政機関と、そして時間が造っていくものだと感じる。

公園データ
広さ 約430坪(1,409㎡)
遊戯施設

・すべり台 ・ブランコ 
・ジャングルジム風アスレチック
・鉄棒 ・砂場
・太い棒に枝のように突起が出ている遊具
・広場有り(野球、サーカーは禁止)

トイレ 有り
駐車場 無し
その他 ・緑が豊か

所在地 (地図をクリック!)

東京都大田区中馬込1-19

| | コメント (0) | トラックバック (0)

馬込二本木公園 - 西馬込1-9

Magomenihongi_1 Magomenihongi_2 都営地下鉄浅草線の南の終点、西馬込駅から北に530m・徒歩8分の所、東京都交通局馬込車両工場跡地のすぐ東側の坂を上り始めたところにある。公園の横の坂を上っていくと、閑静な住宅街が続いている。坂を上るにつれ土地のパワーも上がように感じる。
 傾斜地にある公園なので、2段構成となている。上段は広々とした広場。周りに樹木が茂っていて気持いい。下段は遊具がある児童向けのエリア。遊具は段差をうまく利用した螺旋のすべり台、アスレチック風の木製のはしご、ブランコ、砂場といったもの。
 全体にとても見晴らしのいい所で、目が疲れた時などは、ここに来ると、遠くを見てリラックスできる。晴れていれば、とてもすがすがしい気分になれるだろう。小さな公園だが、とてもいい雰囲気を持っている。
 目前には、広大な東京都交通局馬込車両工場跡地が広がっている。ネットで検索すると、この跡地を巡って、すったもんだしている。都から譲り受け大きな公園とする提案もあるようだ。もし、公園となるとすれば広大な敷地なので、萩中公園や平和島公園と並ぶ大公園になる。ただ、土壌汚染があるようなので、しばらくはこのままかもしれない。

公園データ
広さ

約380坪(1,238㎡)

遊戯施設

・すべり台 ・ブランコ ・簡易アスレチック
・砂場 ・児童遊具
・広場有り(野球、サーカーは禁止)

トイレ 有り
駐車場 無し
その他 ・見晴らしがいい

所在地 (地図をクリック!)

東京都大田区西馬込1-9

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年4月21日 (土)

馬込ゆりの木公園 - 西馬込1-27

Magomeyuyinoki_1 Magomeyuyinoki_2 都営地下鉄浅草線の西馬込駅から北西へ370m:徒歩5分ほどのところにある。わずか80m西南にはココより大きな馬込西公園がある。ボール遊びをするにはこちらへ行った方がいい。馬込西公園を「動」の公園とすると、ここは「静」の公園だ。
 落ち着いたたたずまいである。傾斜地にある公園なので、園内に段差があって、変化があり飽きがこない。最上段はエントランス。公園の名称を表示した碑が馬の頭の彫刻となっている。ようやく「馬込」の地名に合ったモニュメントに出会った。2段目は広場。2段目と3段目をつなぐ階段の横に小さなコンクリート製のすべり台がある。3段目はブランコや幼児用遊具のある広場。一番下段はゆるい傾斜の芝生の斜面で、人口のせせらぎがある。夏になると稼動するのだろう。樹木も多く、周辺の環境も閑静な住宅街なので、ゆったりとすることが出来る。開放的な公園で、周りにフェンスはない。これもいい。
 大きな公園ではないが、静かで騒々しくなく、考え事などをするにはとてもいい。ゆっくりと心静かに過ごせる。どちらかというと小さな子供とお母さんのための公園といったところ。活動派は馬込西公園がお勧めだ。

公園データ
広さ 約420坪(1,377㎡)
遊戯施設 ・すべり台 ・ブランコ ・幼児用遊具
・広場有り(野球、サーカーは禁止)
・流れる人口川(夏場のみ?)
トイレ 有り
駐車場 無し
その他 ・馬の頭の彫刻が目印

所在地 (地図をクリック!)

東京都大田区西馬込1-27

| | コメント (0) | トラックバック (0)

馬込西公園 - 西馬込2-8

Magomenishi_1 Magomenishi_2 都営地下鉄浅草線の西馬込駅から西へ320m:徒歩5分ほどのところにある。丘陵地にあり、斜面を利用し、高低差があり変化に富んでいる。比較的大きな公園だ。公園下部正面の時計台が印象的だ。
 どちらかというと運動公園的要素が強い。多くの人たちで賑わっていたが、皆アクティブな人たちだ。上の方へ上がると静かな林もあるが、ゆっくり考え事をしたいなら、80m北東にある馬込ゆりの木公園に行ったほうがいい。馬込ゆりの木公園を「静」の公園とすると、ここは「動」の公園だ。
 この公園にはいくつも特徴がある。
 1番目は、ボール遊びのできる広場が2箇所あること。その広場は公園の一番下に降りたところにある。南側の広場は天井までネットがかぶせてあり、外にボールが出る心配は無い。多くの人が野球をしていた。ここはゲートボール場にもなる。北側の広場はもっと広く、天井のネットはない。ここでは、野球、サッカーができる。広場横の道沿いには人口のせせらぎまり、夏場は涼しげだ。
 2番目は小さな屋外ステージ風の観客席と広場があることだ。住宅街なので、大きな音は出せないがクラブ活動などのちょっとしたオリエンテーションなどには使えそうだ。

Magomenishi_3  3番目は、ユニークな遊具が多いことだ。ロープをあやとりのように編み上げた珍しい遊具。螺旋状にぶら下がり渡りできる遊具。腹筋体操?の遊具。乗馬?遊具。吊り輪と吊り鉄棒。公園の案内板にはストリートアスレチックという名称で紹介されている。他にはブランコ、すべり台がある。ブランコは公園上部にも別に1台ある。
 元気な子供たちと遊びにくるには、楽しく遊べて、とてもいい公園だ。公園案内板写真を以下でダウンロードできます。

公園データ
広さ 約1,700坪(5,563㎡)
遊戯施設 ・ロープをあやとりのように編み上げた遊具
・螺旋状にぶら下がり渡りできる遊具。
・腹筋体操?の遊具
・乗馬?遊具。
・吊り輪、吊り鉄棒
・すべり台 ・ブランコ(2台)
・いこいの広場(野球、サーカーは禁止)
・屋外ステージ広場(野球、サーカーは禁止)
・広場1(野球、ゲートボール、等可)
・広場2(野球、サッカー、等可)
・流れる人口川(夏場のみ?)
トイレ 有り(身障者用有り)
駐車場 無し
その他 「公園案内.pdf」をダウンロード

所在地 (地図をクリック!)

東京都大田区西馬込2-8

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小池公園(旧上池台小池公園) ‐ 上池台1-36

Kamikedaikoike_1 東急池上線の長原駅から南に350m:徒歩5分のところにある。公園としては一般的なもの。洗足池と同様に湧き水で出来た小池という池に沿う公園。小池は長い間、釣堀として親しまれてきたが、平成16年に閉店した。本公園は小池も含めて再整備される。池の周りを1周歩ける遊歩道を完備して、平成21年に完成予定とのこと。完成したら、すばらしい公園になりそうだ。そのときに再度取材したい。

Kamikedaikoike_2

【追記:2009.04.12】小池公園がリニューアル
 以前の上池台小池公園が整備されて、「小池公園」と名称変更してリニューアルオープンした。この小池は区内で洗足池につぐ約6,000平方メートルの面積がある。大田区報によると、今回の整備では、池の水底に砂利を敷き、水深に変化を付け、漁礁や浮島を設けるなど、様々な生き物が住みやすい環境を作ったそうだ。

Kamikedaikoike_3

 小池の周囲を一周約400mの散策路があり、途中の旧公園部分にはブランコやすべり台、ジャングルジムに替わり、新しくアスレチック複合遊具が設置されている。桜の大木は以前のままだ。散策路の東側には子どもが水遊びをできる親水ゾーンがあって、この日は暖かな日曜日だったので、じゃぶじゃぶと遊んでいた。これはいい。トイレは身障者対応となっている。散策路は車椅子対応のバリアフリーの設計となっていてる。

Kamikedaikoike_4

 まだ出来立ての公園なので、樹木も育っていないし、水生植物も植えたばかりで、寂しい。魚もまだいないようだ。亀はいた。年月が経るうちに木々も育ち、湖面にも様々な植物が繁り、清々しい湿原の風景となるだろう。
 尚、この小池はメダカ、ドジョウ、エビ、ヤゴ等の小さな生き物もバランスよく共存できるよう、きちんと管理された自然のビオトープの形成を目指しているので、以下は禁止。注意のこと。
 1)魚やカメや外来種などの生物を勝手に捨てないこと。
 2)エサやりをしないこと。(水質悪化を招くため)
 3)釣りは禁止
これから区民みんなで育てていく公園だ。居心地のよい公園にするには利用する人々一人一人がこの公園が造られた意図を理解することが肝要だ。豊かな自然を楽しめる公園になっていって欲しいと思う。

公園データ
広さ

約3,100坪(10,260㎡)

遊戯施設 ・アスレチック複合遊具
・広場有り(野球、サーカーは禁止)
トイレ 有り(身障者トイレ有り)
駐車場 無し
その他 ・再整備され、平成21年に完成
・周囲を約400mの散策路有り。
・水生植物とビオトープ

所在地 (地図をクリック!)

東京都大田区上池台1-36

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月22日 (日)

東矢口三丁目公園 - 東矢口3-24

Higashiyaguchi3_1 Higashiyaguchi3_2 東急多摩川線の矢口渡駅から東へ560m:徒歩8分の所にある。ちょうど環状8号線が東急多摩川線と立体交差しているところのすぐ東側だ。
 この辺りは昔から大田区の町工場が集まっている所だ。現在は町工場は減って、マンション等の住宅地に変わってきているが、それでも工場は多い。大田区の工業地域の中でも、精密加工を得意とする会社が多いのがこの地域だ。機会油の匂いのするイメージとはちょっと違い、冷暖房完備の建屋の中で、作業を行っている場合が多いので、静かなものだ。また、昔から職住同一の工場が多いので、環境も悪くない。神社や寺も散在している。
 小さな公園だ。遊具も写真の通り。ブランコ、すべり台、砂場、など。防火水槽が地中に埋めてあり、近所に火災が発生したときは活躍する。小さいが、樹木は多い。緑に溢れていて気持がいい。住宅密集地なので、個々の住宅には緑がどうしても少なくなる。公園はその分を補う貴重なエリアとなる。この公園の木々はその意味で重要だ。
 小さな子供と遊びにに来たり、大人が休憩したり。ふとリラックスできる環境を与えてくれるオアシス的公園だ。

公園データ
広さ 約240坪(795㎡)
遊戯施設 ・すべり台 ・ブランコ ・砂場
・幼児用遊具
・広場有り(野球、サーカーは禁止)
トイレ 有り
駐車場 無し
その他 ・緑多し

所在地 (地図をクリック!)

東京都大田区東矢口3-24

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新蒲田公園 - 新蒲田1-18

Shinkamta_1 Shinkamta_2 JR・東急蒲田駅から南西に660m:徒歩10分、環状8号線を越えて、JR蒲田電車区(操車場)の横にある。となりは、音楽ホールや一般向け各種教室がある大田区民センターと障害者向けの大田区の施設の新蒲田福祉センターがある。大田区民センターはアプリコなどに比べると、建屋も古く小さい。アプリコは大田区のフラッグシップ施設で大田区外へも広くPRしている施設だが、こちらは地域向け施設と思われる。
 同じ蒲田でも環状8号線の北と南では大分雰囲気が変わる。環状8号線が分断している感じだ。こちらの南側は雑踏を離れて、もっとのんびりとした雰囲気で、工場や住宅・マンションが立ち並ぶ。
 公園の南側には大田区民センター、新蒲田福祉センター、東側にもビル、北側は新たに「リビオ新蒲田」という11階建ての高層マンションが建設中。いづれも高層の建物で、これらに日差しが遮られて昼間でも暗い。公園としては広々としているが、暗いせいでなんとなく寒々しく、ゆっくり落ち着けない。正面には綺麗な花々が植えられているのが、唯一の安らぎだ。夏の暑い時期は涼しくていいかもしれないが、冬はまずは立ち寄ろうとは思わないだろう。遊具はブランコ、アスレチック風すべり台、鉄棒、など一般的なもの。
 大田区民センターは大分老朽化しているので、建て直しの際は公園も含めて、リニューアルするといいと思う。

公園データ
広さ 約570坪(1,878㎡)
遊戯施設 ・ブランコ ・アスレチック風すべり台
・鉄棒 ・幼児用遊具
・広場有り(野球、サーカーは禁止)
トイレ 有り
駐車場 無し
その他 大田区民センター:大田区ホームページより
新蒲田福祉センター:大田区ホームページより

所在地 (地図をクリック!)

東京都大田区新蒲田1-18

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月23日 (月)

西蒲田公園 - 西蒲田8-6

Nishikamata_1 Nishikamata_2 JR・東急蒲田駅から西に330m:徒歩5分、東急多摩川線の沿線にある。蒲田駅から近く、公園の地下には駐輪場がある。公園の周辺は蒲田の中心街で、ビルが立ち並んでいる。公園の東側は大田区立御園中学校がある。
 広々とした公園で、見通しがいい。大きな広場と遊具エリアと緑地から構成されている。地下の駐輪場建設にともない、リニューアルしたので、遊具なども新しい。アスレチック風のすべり台、タイヤブランコなどがある。
 やはりこの地域はホームレスが多い。広場のベンチは、彼らの憩いの場になっている。洒落た公園で、ベンチに編み物をしているおばあさんの彫刻があった。そのおばあさんの脇で、ホームレスのおじさんが気持良さそうに昼寝していた。また、残念ながら、この公園には彼らの家が建設されていた。しかし、一方でお母さんが幼い子供を遊ばせている。見通しの良さが、危険さを取り除いている。この公園はいろいろなものを飲み込んでしまう懐の深さがある。
 公園の北側は綺麗な花々が植わっている。緑もそこそこあり、蒲田の雑踏にあって、落ち着ける雰囲気のいい公園だ。公園の問題ではないが、願わくばホームレスのことは何とかできないだろうか?。公園に子供たちだけでも、安心してこれる環境であることが、やはり望ましい。

公園データ
広さ 約1,200坪(4,104㎡)
遊戯施設 ・簡易アスレチック(すべり台、ブランコ)
・幼児用遊具
・広場有り(野球、サーカーは禁止)
トイレ 有り(身障者用有り)
駐車場 無し
その他 ・地下に駐輪場有り
 蒲田駅西蒲田公園自転車駐車場

所在地 (地図をクリック!)

東京都大田区西蒲田8-6

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月26日 (木)

親亀の背中に・・・

2007_04_26_sanouhanashimizu 2007.04.26 山王花清水公園前の弁天池にて

| | コメント (0) | トラックバック (0)

蘇峰公園 - 山王1-41

Soho_1 Soho_2 JR京浜東北線の大森駅から北西へ1100m:徒歩17分、又は、都営地下鉄浅草線の馬込駅から東南に920m:徒歩14分の所にある。閑静な高級住宅街の中にある。お年寄りはバスを利用したほうがいいだろう。私は大森駅から歩いて行ったが、道に迷った。住宅街の細い道を地図を頼りに向かったが、非常にわかりにくい迷路のような道だ。行き着くまでも楽しめる。さらに、この辺りは起伏があり、坂道が多く、景色の変化が大きい。これも楽しい。
 「近代日本国民史・全100巻」を完成させた徳富蘇峰(1863~1957)が、山王草堂と称して居宅としていた庭園と住宅を、1943年に静岡新聞社より大田区が譲り受け公園とした。詳しくは以下参照。
 丘陵地にある純日本庭園だ。園内には小さな池が作られている。散策路が充実していて、うっそうと茂った林からの木漏れ日が気持いい。心穏やかになる。自然の美しさを生かしながら、そこに人間の生活を調和させる有様は、まさに日本庭園の美しさだ。
 園内にある山王草堂記念館は徳富蘇峰の居宅だったところだが、彼にまつわる品々が展示してある。入館は無料だ。尚、本公園は開園時間があるので注意のこと。
 大田区の公園の中でも、池上梅園とともに、代表的な純日本庭園だ。遊具は無い。わびさびの解かる大人のための公園だ。Soho_3

公園データ
広さ 約1,200坪(4,070㎡)
遊戯施設 なし
トイレ 有り(身障者用有り)
駐車場 無し
その他

・純日本庭園
・開園時間:9:00~17:00
  入園は16:30まで。
 休園日:12月29日~1月3日

蘇峰公園:大田区ホームページより
山王草堂記念館:大田区ホームページより
山王草堂記念館:大田区文化振興協会HPより
「山王草堂記念館パンフ.pdf」をダウンロード

所在地 (地図をクリック!)

東京都大田区山王1-41

| | コメント (1) | トラックバック (0)

至極の一輪

2007_04_26_soho 2007.04.26 蘇峰公園にて

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月27日 (金)

水の意図

2007_04_27_tsuruwatari 2007.04.27 鶴渡公園にて

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月28日 (土)

たぬき山公園 - 南馬込1-13

Tanukiyama_1 Tanukiyama_2 都営地下鉄浅草線の馬込駅から南東へ600m:徒歩9分、環状7号線を渡ってちょっとの所にある。かなり傾斜のきつい丘陵地にあり、うっそうとした林というよりは森である。森全体が吸音材になっているのだろう。園内は環七の騒音も聞こえず、静かだ。まさに、たぬきが居てもおかしくないほど、自然が溢れている。また、桜の名所でもある。園内のあちこちに桜の大木が植わっている。だが、待てよ!。桜が多いということは人間が造った森ということか・・・理由はこちら。
 訪れたときは新緑の季節だったので、鮮やかな緑が心地いい。東南のふもとの入り口には案内板がある。たぬきのファミリーの絵が迎えてくれる。都内でもあちこちで野生のたぬきが出没しているが、ここには居ないのかな?。本当にたぬきがいたら楽しいが・・・。
 横長だが広い公園で、出入り口は4箇所ある。ふもとの両脇の2箇所、上側に2箇所。東南のふもとの入り口を入るとすぐにきつい階段があり、登っていくと右側に広場がある。ちょっと見ない形の珍しいアスレチック遊具、コンクリート製の大きめの滑り台と綱登り、休憩所がある。この広場を抜けて、北西に向かって歩くと狭まった部分があり、左側は大田区立南馬込第二保育園、右側は切り立ったがけで、下は民家だ。上下2段の散策路になっている。

Tanukiyama_3 Tanukiyama_4

 南馬込第二保育園にはこの公園に出入りできる専用門があって、児童が容易に行き来できるようになっている。保育園と公園が有機的につながっている。この大きな公園が保育園の庭を兼ねていて、子供には楽しい。
 上の散策路を行くと、左側に登る階段があり、その上には、ブランコ、すべり台、砂場のある小さな児童向けのスポットがある。ここにも出入り口がある。児童エリアを戻って、さらに階段を降りていくと北西側のふもとの出入り口に行き着く。公園全体が迷路のような雰囲気があって、楽しい。
 この森にはたくさんの樹木があって、最初は人間が関与したかもしれないが、結果としてはそれらが自然の森に育って生きている。特にこの森は子供たちの原体験を育む上で重要だ。都会にあって、この森はトトロの住まう数少ない神聖な場所だ。昆虫などの生き物や、小動物なども多いことと思う。すばらしい森だ。
 最近では、不審者対策などで、見通しのよい公園も多いが、この森は貴重だ。人工的に整備された公園とは異なり、まだ自然に住まう神様がいるのではないかと思われる神秘性がある。ぜひこのままの形でいつまでも保存して欲しい。

Tanukiyama_5_2 2008.04.05に再度来てみた。桜が綺麗だ。

公園データ
広さ 約920坪(3,028㎡)
遊戯施設 ・すべり台 ・ブランコ ・砂場
・アスレチック
・コンクリート製の滑り台と綱登り
・広場有り(野球、サーカーは禁止)
トイレ 有り
駐車場 無し
その他 ・傾斜きつい森の公園
「たぬき山公園案内.pdf」をダウンロード

所在地 (地図をクリック!)

東京都大田区南馬込1-13

| | コメント (0) | トラックバック (0)

湯殿公園 - 南馬込5-18

Yudono_1 Yudono_2 都営地下鉄浅草線の南の終着駅の西馬込駅から東へ300m:徒歩4分、閑静な住宅街にある。ここら辺は、湯殿公園、南馬込五丁目公園南馬込うえだい公園と、公園が集中している。さらに、南馬込五丁目公園の裏手は大田区立郷土博物館がある。せっかくなので、来られた方はそれぞれ散策してみるのもいいだろう。
 本公園は湯殿神社の西隣りにある。入り口は狭く1箇所しかないので、ともすると見過ごしてしまうので注意のこと。湯殿神社は山形県の出羽三山(月山、羽黒山、湯殿山)の三つの山の山岳信仰の一つとされる。また、この辺りは戦国時代には後北条氏の家来の三河守の梶原助五郎の所領で、その城郭があったところとされる。その名残かどうかは解からないが、入り口を進んでいくと城門をイメージさせる石柱が2本立っていて、奥は石垣作りになっている。
 公園はやや大きな広場とせせらぎから構成されている。せせらぎは湯殿神社から流れてくる井戸水を使って造られているので、年中水が流れている。このせせらぎはあまり人工的な感じがしないので、とてもいい。水辺に佇むと心が洗われる、とまではいかないがほっとして休まる。神社の鎮守の森がバックにあるので、奥のほうは神秘的でなおいい。
 広場には、ブランコと砂場がある。小さな公園だが、奥まったところにあるのと、神社のそばにあるのとで、落ち着いた静かな公園だ。しかし、公園の周りには住宅もあるので、人目もあり怖い感じはない。小さな子供を遊ばせたり、物思いにふけるにはいいところだ。
 南馬込はどこも起伏に富んでいて、歩いていてもとても変化があって楽しい。また、文化的、歴史的にも奥深い地なので、いい散歩コースだ。

公園データ
広さ 約470坪(1,543㎡)
遊戯施設 ・ブランコ ・砂場
・広場有り(野球、サーカーは禁止)
・流れる人口川(井戸水なので年中)
トイレ 有り
駐車場 無し
その他 ・湯殿神社の西隣りにある

所在地 (地図をクリック!)

東京都大田区南馬込5-18

| | コメント (0) | トラックバック (0)

南馬込五丁目公園 - 南馬込5-12

Minamimagome5_1 Minamimagome5_2 都営地下鉄浅草線の南の終着駅の西馬込駅から東へ500m:徒歩8分、閑静な住宅街にある。ここら辺は、湯殿公園、南馬込五丁目公園、南馬込うえだい公園と、公園が集中している。さらに、大田区立郷土博物館もある。せっかくなので、来られた方はそれぞれ散策してみるのもいいだろう。
 本公園は大田区立郷土博物館のちょうど裏手にある。郷土博物館の左端の通路からも来ることができる。小さな公園だ。遊具もブランコ、すべり台、砂場、幼児用遊具と、児童公園並み。周囲は閑静な高級住宅街で、落ち着いた雰囲気だ。丘の上ということもあり、地脈がいいのか土地にパワーを感じる。ゆったりと読書でもしたくなる公園だ。
 この公園の奥の方に、楓の木がある。上の写真は楓の木の下から撮影したものだ。他にも木々はあるのだが、訪れた4月末時点では、なんといってもこの木が目を引いた。黄緑の鮮やかな葉がいっぱいに噴出していて、とても清清しい。秋になると、紅葉も美しいだろう。
 大田区立郷土博物館を訪れた際にはぜひ立ち寄って、足を休めてみてはいかがだろうか。

公園データ
広さ 約300坪(972㎡)
遊戯施設

・すべり台 ・ブランコ 砂場
・幼児用遊具
・広場有り(野球、サーカーは禁止)

トイレ 有り
駐車場 無し
その他 大田区立郷土博物館:大田区HPより

所在地 (地図をクリック!)

東京都大田区南馬込5-12

| | コメント (0) | トラックバック (0)

南馬込うえだい公園 - 南馬込4-1

Minamimagomeuedai_1 Minamimagomeuedai_2_1  都営地下鉄浅草線の南の終着駅の西馬込駅から東へ600m:徒歩9分、閑静な住宅街にある。ここら辺は、湯殿公園南馬込五丁目公園、南馬込うえだい公園と、公園が集中している。さらに、南馬込五丁目公園の裏手は大田区立郷土博物館がある。せっかくなので、来られた方はそれぞれ散策してみるのもいいだろう。
 本公園の「うえだい」の由来は調べてみたが、わからなかった。新しい公園で、木々もまだ成長しておらず、低木が中心だ。そのせいで、広々とした見通しのいい公園だ。高台にあり、かつ周囲は高級住宅街で高い建物がないので、この感じはいい。下町の住宅や商用施設の密集地でこのような公園を作ると、公園が周囲の景観に埋没してしまって、寂しい雰囲気になってしまうが、ここではそのようなことは一切ない。公園としてのアイデンティティーは充分保たれている。特に晴れた日にはこの広々感は、訪問者をすがしがしい気分にしてくれる。気品があり、清楚な、ちょっと寺社の境内を思わせるような趣がある。
 公園の中央には休憩所があり、藤棚となっていて、ちょうど藤の花が美しかった。尚、子供向けの遊具は無い。子供を遊ばせるには近隣の児童公園か、南馬込五丁目公園に行くといい。
 やはりその土地に合った公園というものがある。公園も街並みの重要な要素なので、周囲とよく調和した設計が重要だ。ここは成功した例だと思う。そんなことをつくづく考てしまった公園だ。

公園データ
広さ 約310坪(1,029㎡)
遊戯施設 ・広場有り(野球、サーカーは禁止)
トイレ 有り
駐車場 無し
その他 ・遊具無し

所在地 (地図をクリック!)

東京都大田区南馬込4-1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月29日 (日)

何かいるぞ!

2007_04_29_hurusato 2007.04.29 ふるさとの浜辺公園にて

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大倉山公園 - 南馬込3-24

Okurayama_1 Okurayama_2 環状7号線が池上通りと交差する春日橋陸橋から環七を北へ470mほどの所を左に曲がって70mほどにある。電車では不便だ。南馬込の高台から環七に向かって降りていく途中にある。昭和56年1月開園の公園だ。
 丘陵地にある公園なので、入り口からは坂道、または階段を登っていく。出入り口は2箇所。環七に近い入り口から入り少し上がると、左手に小さな児童エリアがあり、砂場や幼児用遊具がある。さらに坂道を登っていくと、開けた広場に出る。ここがこの公園のメインだ。傾斜を利用した小さなコンクリートのすべり台などもある。
 見晴らしがとてもいい。環七沿いのビル群や住宅を眼下に一望できる。広々としていて、清清しい。この広場まで上がってくると、入り口付近とは違った世界が広がる感じだ。樹木も多く、よく手入れされている。真ん中が芝生になっているので、ピクニック気分でお弁当なんかもいい。公園のすぐとなりは、大田区立南馬込文化センターがあり、直接そちらへも行けるようになっている。公園の周囲は住宅地で環境もいい。
 しかし、訪れた日は、その全てをぶち壊すことがあった。ホームレスが、この公園に棲家を作っていたのだ。しかも、階段の手すりに布団を幾枚も干している。つーんとすえた匂いが辺りに漂う。さらに、公園の休憩所を占拠してお食事中だった。我が物顔だ。さすがに、これは不愉快極まりない。この公園は来る人がほとんどないのだろうか?。誰も、文句を言わないのだろうか?。この公園はすでに忘れ去られた地なのだろうか?。
 とても居心地のいい公園なのだが、これを許している原因は何なのか、考える必要がある。

Okurayama_3_2 2008.04.05に再度訪問してみた。ホームレスは居なくなった。これで、子供たちが安心して遊べる公園になった。桜も咲き、菜の花も美しい。

公園データ
広さ 約850坪(2,810㎡)
遊戯施設 ・すべり台 ・砂場 ・幼児用遊具
・広場有り(野球、サーカーは禁止)
トイレ 有り
駐車場 無し
その他

・見晴らし良好

大田区立南馬込文化センター

所在地 (地図をクリック!)

東京都大田区南馬込3-24

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年4月30日 (月)

山王花清水公園 - 山王4-23

Sanouhanasimizu_1 JR京浜東北線の大森駅から西へ850m:徒歩13分、細い坂道を歩いていくと、閑静な住宅街に突然、小さな池が出現する。環状7号線からは東急バスの「弁天池前」で降りて、150mほど東に向かう。池の中央に小島があり、そこに厳島神社がある。弁天という名から、女神であると思われるが、詳しいことは由来を書いたプレートもないので解からない。
 山王花清水公園はこの池の奥、東南にある。入り口が小さいので、ちょっと目にはわかりにくい。門を入ると目前に公園全体が広がっている。わっと景色が開ける様子が感動的だ。丘陵地にあって、入り口付近が最も下になる。芝生敷きの広場があり、左手奥には御神水と称して弁天池の源泉がある。どうやら弁天池はこの湧き水によって出来た池らしい。ここより湧いた地下水は園内をぐるっと回ってから、池に注ぎ込んでいる。その途中は、せせらぎになっていて、様々な植物が植えられている。

Sanouhanasimizu_2

 入り口右手奥には六角形の洋風の東屋があり、その中から見る公園の景色もとてもいい。中央の広場には、ベンチがあって、ここから見上げる丘陵の緑も美しい。ちょうどお昼休み時だったので、近所の会社のOLだろう、ここで休み時間を満喫していた。
 園の南側は急峻な丘陵で、石垣で段々に組まれていて、そこに多くの木々や草花が植わっている。名前の通り、まるで植物園のように様々な植物を見ることができ、花々が美しい。中央に階段があり、登っていくと、最上部はテラスになっていて見晴らしがいい。テラスの青い床と白い手すりが洋館を思わせる。
 弁天池の日本風の雰囲気とはちょっと異なり、こちらはイングリッシュガーデンといった趣がある。

Sanouhanasimizu_3

 この公園には遊戯施設はなく、大人向きの公園だが、弁天池の横に大田区立弁天池児童遊園があり、こちらには、砂場、ブランコ、すべり台、ジャングルジム、など一通りそろっているので、子供連れにも困らない。弁天池には亀がいっぱい居て、見ていて楽しい。弁天池・弁天池児童遊園・山王花清水公園を合わせるとちょっとした自然公園になるので、ここまで足を伸ばしても損は無い。洗足池公園のミニチュア版といった雰囲気がある。
 清楚で、美しい公園という印象だ。大田区の隠れた観光スポットと言ってもいいかもしれないほど印象に残る場所だった。尚、山王花清水公園は開園時間があるので注意のこと。

公園データ
広さ 約320坪(1,045㎡)
遊戯施設 ・広場有り(野球、サーカーは禁止)
・流れる人口川(年中)
トイレ 無し(弁天池児童遊園に有り)
駐車場 無し
その他 ・弁天池(厳島神社)、弁天池児童遊園 隣
・ちょっとした植物園
・開園時間
 9:00~17:00
 12月29日~1月3日閉園

所在地 (地図をクリック!)

東京都大田区山王4-23

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山王公園 - 山王3-32

Sanou_1 Sanou_2 JR京浜東北線の大森駅から南西へ430m:徒歩6分、大森駅前の喧騒を離れて、坂道を上ったところにある。ちょっと解かりにくい。公園の隣に大田区立山王保育園がある。
 大森駅の西側の丘陵地帯は昭和54年の発掘調査で、弥生時代中期後半(約2100年前)の住居跡方形周溝墓や、後期(約1900年前)の住居群などの本格的な農耕集落跡が見つかった、山王遺跡といわれるところだ。この地には古くから人々が生活していたのだ。
 背の高い木々が多いのが印象的な公園。何の種類の木かは、調べなかったが、常緑樹が多い。公園は大きな広場と児童遊園エリアから構成されている。遊具はブランコ、すべり台、砂場といった程度。広場が学校の校庭のように広いので、いろいろなボール遊びができそうだが、外周のフェンスが低いからか、サッカー、野球は禁止されている。せっかくの広大な一面があるのにもったいないとも思うが、逆に広すぎてネットで頭上を覆うわけにもいかず、中途半端なのかな?。古そうな公園なので、完成時にはそんな発想も技術も無かったからかもしれない。いかにも昔風の公園だ。夕焼けが良く似合いそう。
 そんな中で、公園の片隅にあった消防関係の倉庫のシャッターのマークが妙に新鮮で、カッコ良かったので写真に撮った。
 リニューアルしてもっと楽しい公園にするのもいいかとはふと思ったが、これはこれでいいような気もする。この公園に想い出を重ねる人も多いだろう。歴史のある公園はその点も考えないといけないとも思う。

公園データ
広さ 約660坪(2,173㎡)
遊戯施設 ・ブランコ ・すべり台 ・砂場
・広場有り(野球、サーカーは禁止)
トイレ 有り
駐車場 無し
その他 ・昔風の公園、広場が大きい
大田区立山王保育園

所在地 (地図をクリック!)

東京都大田区山王3-32

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »