« 清花公園 - 大森北2-8 | トップページ | 東糀谷第一公園 - 東糀谷6-8 »

2007年4月 1日 (日)

公園写真と桜の開花

Someiyoshino 桜の季節だ。桜が主役の公園も多い。写真を撮るのだが、これが大変だ。ソメイヨシノは同時期に一斉に開花して、その期間も1週間ほど、見ごろで言えば2、3日しかない。この数日間に出来る限りの公園を回らなければならない。逃すと、来年に持ち越しになってしまう。今回は10公園ほど回った。とても疲れた。(今回撮影した写真は該当公園記事作成時に掲載します。)
 ソメイヨシノが一斉に開花するのには理由がある。言わばすべてのソメイヨシノは挿し木で増殖したクローンだからだ。つまり日本全国のソメイヨシノが1本の木と見ることも出来る。よく桜を伐採するとたたりがあるなどと言われるが、日本中の桜が1つの生命体で構成されていると考えると、霊的な能力を持ったとしても不思議ではないかもしれない?。
 また、ソメイヨシノは自分で子孫を残すことができない。交雑または交配の結果、自家不和合性が強く出た品種といわれ、結実しても発芽に至らないのだ。寿命も短く、約60年といわれている。(引用元:ウィキぺディア:ソメイヨシノ) 
 従って、現在、桜の大木で満ちたスポットも数十年先には景色が一変する可能性が大きい。人間によって造られたソメイヨシノは、人間に頼らねば生き延びることも出来ない。ソメイヨシノの花が美しい以上のものを感じさせるのは、支配されることへの怨念をも発散しているからだろうか?。

|

« 清花公園 - 大森北2-8 | トップページ | 東糀谷第一公園 - 東糀谷6-8 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200205/14484316

この記事へのトラックバック一覧です: 公園写真と桜の開花:

« 清花公園 - 大森北2-8 | トップページ | 東糀谷第一公園 - 東糀谷6-8 »