« 宝来公園 - 田園調布3-31 | トップページ | 田園調布せせらぎ公園 - 田園調布1-51,53 »

2007年7月 3日 (火)

多摩川台公園 - 田園調布1-63

Tamagawadai_1 東急多摩川線・東横線・目黒線の多摩川駅から東に70m:徒歩1分のすぐの所にある。ここから北東方向に広がる670mの長さ、幅50m~120mの長い公園だ。田園調布の超高級住宅街の多摩川沿いに位置する。田園調布の概略は宝来公園を参照。
 東京ドームの1.4倍という大きな公園だ。丘陵地にあり、かつ縦に長いので非常に変化に富んでいる。その分紹介する写真も多くなった。
 多摩川台公園は大田区を代表する公園の1つと言っていいだろう。多くの古墳が発見されていることでも有名だ。この丘陵は多摩川沿いに、世田谷区の野毛あたりから、本公園の亀甲山古墳群、さらに鵜の木一丁目横穴墓群へと続いており、古代の古墳群が数多く見つかっている地帯だ。本公園内北側には宝来山古墳、公園南側には亀甲山古墳、この2つの前方後円墳の間の、公園中央付近に8個の小円墳が点在する。多摩川台古墳群と呼ばれている。
 以下、公園北東の田園調布方面から南東の多摩川駅までたどってみる。東急東横線、目黒線の田園調布駅から南西に600m:徒歩9分、途中宝来公園を経て坂を上がると入り口がある。ここは宝来山古墳だ。

Tamagawadai_2  本公園の宝来山古墳部分は入場時間に制限がある。詳しくは下記公園データ参照。
 以下は古墳紹介のパネルに掲載されている内容。
 宝来山古墳は全長約97mの前方後円墳で、4世紀に築かれ、この地域最古のものだ。亀甲山古墳の前方部がこの古墳とちょうど向き合うように造られている。昭和9年に発掘工事が行われ、数々の出土品が発見された。これらは現在、大田区郷土博物館と慶応義塾大学に展示・保管されている。平成7年の公園整備にともない、さらに調査が行われ前方部にも埋葬施設があることが推定され、前方部の先端が「撥状」に広がっていることも確認された。前方部は現在は私有地になっている。この古墳は多摩川流域の古墳時代を解明する上で重要な遺跡として、平成8年に東京都指定史跡に指定された。この部分は平成8年に新たに多摩川台公園に追加された。
 公園の内部だが、あとで紹介するあじさい園とともに、こちらもアジサイが綺麗だ。前方後円墳の中央を突っ切る形で散策路が作られている。古墳南側に広場があって、ここに上記の古墳紹介のパネルや樹林紹介パネルがある。
 南側の出入り口を出ると大きな自由広場に出る。

Tamagawadai_3  自由広場と名づけられた北側の広場だ。多摩川台公園には大きな広場は2つある。もう一つは中央にある運動広場だ。
 自由広場には遊具もある。ジャングルジム、ブランコ2連が2台、すべり台、雲悌風の遊具、幼児用遊具、砂場。芝生敷きの広場で、広く明るい。
 自由広場の東南側は8番目の小円墳がある所だ。外からはただの林で、わからない。古墳部には入れないようになっている。
 8番目の小円墳脇を通ってさらに先へ行くと、虹橋という赤い欄干の橋に出る。

Tamagawadai_4   橋の下は、多摩川べりを通る玉堤通りと田園調布を結ぶ道路が走っている。この橋も絵になる橋だ。森の中にかかる橋で、散歩の途中のいいアクセントだ。
 ここから先は7個の小円墳が縦に並んでいる。やはり外からはただの小山にしか見えない。7個の小円墳の両脇が散策路となっている。武蔵野の林を満喫できる。
 高台の公園なので、南には多摩川と川崎、北には田園調布の街並みを一望できる。

Tamagawadai_5_1  やはり田園調布の街並みは他とは異なる。落ち着いていて、優雅で気品に満ちている。見てわかるように住宅街にもかかわらず緑に溢れている。
 小円墳脇の散策路には、どんぐりの木が多い。そのため、秋になると子供たちがどんぐり拾いにくる。季節を通して楽しめる公園だ。
 さらに南下すると、左手に大きな広場が現れる。運動広場と名づけられた広場だ。

Tamagawadai_6  ここは運動会も出来るようになっている。近隣の幼稚園などが秋になると運動会を行っている。娘の運動会で何度となく来た思い出がある。詳しくは以下公園データ参照。
 運動広場にも遊具がある。ブランコ、鉄棒、砂場、幼児用遊具など。運動広場南側には大田区の平和都市宣言の母子像がある。平和の森公園の平和の広場にあるものと同様に母が子を抱っこしている像だ。
 運動広場東南の中央入り口脇には、洒落た建物がある。公園管理事務所を兼ねた古墳展示室だ。

Tamagawadai_7  多摩川台公園を訪れるからにはぜひ古墳展示室に立ち寄ることをお勧めする。中には、宝来山古墳、亀甲山古墳、8個の小円墳や大田区の他の古墳群の分布を示すボタンで点灯する立体地図や、古墳時代の生活の様子や、宝来山古墳の出土品のレプリカなども展示されている。大田区の太古の時代の様子がよくわかり、とても勉強になる。許可を得て内部を撮影させてもらった。

Tamagawadai_8  多摩川台公園は出入り口がたくさんあるが、古墳展示室脇の中央入り口があえて言うなら正面入り口だろう。東急の多摩川駅の南口を出て右に進むと、左手に真っ直ぐな長い坂道がある。その坂道を上りきると公園中央入り口だ。個人的にはこのルートが一番好きだ。落ち着いた周辺の住宅を見ながら、上ってくるのも面白い。

Tamagawadai_9  中央入り口を入って南側の多摩川方面に進むと、見晴らし台に出る。眼下に多摩川、遠くに川崎の等々力緑地、空気が澄んでいればさらに向こうには丹沢山系や箱根や富士山が見える。また、ここから見る地平線の山々に沈む夕日は最高だ。
  見晴らし台の北側は、亀甲山古墳(かめのこやまこふん)だ。以下は紹介パネルに掲載の内容の抜粋。
 この古墳は大田区から世田谷区にかけて点在する荏原台古墳群の中でも最大の前方後円墳だ。発掘調査は行われていないので、詳細は不明だが、埴輪、葺き石等がないことや、古墳の形から、5世紀前半ごろの築造と考えられている。当時、この地方に勢力のあった首長の墓と推定されている。この前方後円墳は、港区芝公園内にある丸山古墳と並んで、都内の代表的古墳である。昭和3年、国の史跡に指定されている。
 亀甲山古墳より南:多摩川駅方面に行くと、水性植物園が現れる。

Tamagawadai_10  ここまで来ると、雰囲気が一変する。深い森が続いていた今までの北側・中央部分とは打って変わり、開放的な空間が広がる。水性植物園とそれに続く野草園は調布浄水場の跡地を利用して出来た公園だ。したがって、昔はここより先は無かった。比較的新しく公園となった部分。
 沈殿池が水性植物園に、ろ過池が野草園に生まれ変わった。水性植物園にはウッドデッキが渡してあり、水性植物園の中を散策せきる。ヒメスイレン、アサザ、ハナショウブ、アヤメなどの植物が植えられている。子供たちが何やら一生懸命に採っていた。水性昆虫がいるのだろう。

Tamagawadai_11  野草園は花壇で構成され、スズラン、シバザクラなどの野草を中心に様々な草花が植えられている。浄水場の跡地のため、周囲が四角く段々に囲われている。それがヨーロッパの宮殿にある庭園のような雰囲気を醸しだしていて、格調がある。現代彫刻が南側にあるのだが、これがとても良くマッチしている。
 さらに南へ行くと、あじさい園に行き着く。

Tamagawadai_12  あじさい園は7種類、3,000株のアジサイがそれは見事だ。訪問した日は6月中旬、まさに旬とばかりに咲き誇っていた。これだけの規模のあじさい園はそうざらには無いだろう。さすがに、ここには人だかりが出来ていた。すばらしい庭園だ。自分の幼いころの記憶だと、確かこの辺りは??園というビアガーデンのような山の上のレストランがあったはずだ。その頃からアジサイが咲き誇っていたかは思い出せないが、そのレストランで家族で食事をした記憶がある。

Tamagawadai_13  多摩川台公園は桜の名所でもある。自由広場、運動広場、見晴らし台には壮観な桜並木がある。全部で約300本の桜の大木が豪華絢爛な景色を作り出す。開花の時期には必見だ。大田区のお勧めお花見スポットの1つだ。見晴らし台では頭上はピンク一色になる。屋台も出る。又、野草園には梅の木も数本植わっていて、2月はこれも美しい。
 大田区の公園の中でも、大きさと樹木の豊富さでは屈指のスケールだ。神聖な地として、古代から延々と残されてきた悠久の地でもある。大田区民のみならず、遠方からも人々が訪れる。大田区が誇る公園の一つだ。私事だが、自分にとってもここは幼い頃からのふるさとの原風景だ。いつまでもこのまま残していって欲しい。
 多摩川台公園のパンフレットと多摩川台公園の古墳群のパンフレットがある。以下公園データ参照。

公園データ
広さ 東京ドーム1.4倍 約20,200坪(66,661㎡)
遊戯施設

・すべり台 ・ブランコ ・ジャングルジム
・雲悌風の遊具 ・幼児用遊具 ・砂場
・鉄棒
・広場有り(野球、サーカーは禁止)
・水性植物園 ・野草園
・あじさい園

うぐいすネットで予約
  運動会用緑地

トイレ 有り(身障者用有り)
駐車場 無し
その他

多摩川台公園古墳展示室:大田区HPより

・宝来山古墳部分の入園時間
  4月~8月:9:00~19:00
  9月、3月:9:00~18:00
  10月~2月:9:00~17:00

多摩川台公園:大田区HPより

「多摩川台公園、宝来公園案内.pdf」をダウンロード

「多摩川台公園の古墳群.pdf」をダウンロード

・桜の名所

所在地 (地図をクリック!)

東京都大田区田園調布1-63

|

« 宝来公園 - 田園調布3-31 | トップページ | 田園調布せせらぎ公園 - 田園調布1-51,53 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200205/15635150

この記事へのトラックバック一覧です: 多摩川台公園 - 田園調布1-63:

« 宝来公園 - 田園調布3-31 | トップページ | 田園調布せせらぎ公園 - 田園調布1-51,53 »