« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月 6日 (月)

六間堀仲羽公園 - 羽田4-18

Rokkenborinakahane_1 Rokkenborinakahane_2 京浜急行空港線線の穴守稲荷駅から南西に300m:徒歩4分のところにある。羽田空港のすぐ西側だ。このあたりは、機械金属加工の工場が多いところだが、昔から職住が一緒なので、住宅も多い。公園には六間堀の由来の書いたプレートがある。それによると、六間堀は田んぼ道と同様に、自然発生的に舟の通り道として生まれ耕地整備事業時に整備された。幅が六間:約10.8mあったことから六間堀の名称がついた。六間堀は南前堀ともつながっていて、漁船の航路や船着場、台風時の避難場所として使われていた。排水場もあった。昭和37年に漁業権が放棄され、昭和40年代には下水道も完備されたことにより、役目を終え埋め立てられた。この公園より40m西の首都高速横羽線の下が実際の六間堀だった。
 また、公園には羽田神社祭礼町内神輿連合渡御の由来を記したプレートもある。公園前の弁天橋バス通りで毎年7月の最終土日には御神輿が練り歩くそうだ。この辺はお祭りも盛んな下町なのだ。
 公園中央には比較的に大きなアスレチック複合遊具がある。ハンドルが付いていたり、鎖を引っ張ることが出来たり、と仕掛けがあって面白い。遊具は他に、砂場、幼児用遊具がある。
 綺麗に整備された公園で、公園隣が住宅のみということもあり、居心地がいい。緑もそこそこあって、木陰もある。桜が数本植わっていた、春は綺麗だろう。羽田には公園数も少なく、あまりいい公園が少ない中、この公園は落ち着ける。

Rokkenborinakahane_3

公園データ
広さ

約450坪(1,478㎡)

遊戯施設

・アスレチック複合遊具
・砂場 ・幼児用遊具

トイレ 有り
駐車場 無し
その他 ・六間堀の由来を記したプレート有り
・羽田神社祭礼町内神輿連合渡御の由来を記したプレート有り

所在地 (地図をクリック!)

東京都大田区羽田4-18

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月19日 (日)

羽田西前公園 - 羽田2-6

Hanedanishimae_1 Hanedanishimae_2 京浜急行空港線線の穴守稲荷駅から南西に430m:徒歩6分のところにある。羽田空港に近い。このあたりは、機械金属加工の工場が多いところだが、昔から職住が一緒なので、住宅も多い。
 この公園は首都高速神奈川1号線、いわゆる横羽線の真下の空き地を利用して出来た公園だ。この手の公園はいろいろな所でよく見かけるが、大田区では珍しい。実は大田区内を走る高架橋の道路は以外に少ないのだ。鉄道では幅が狭いので、その下に公園があっても、せいぜい児童公園程度の小さなものしかできない。大田区立公園として、このように高架橋下に存在するのは、この公園と隣にある六間堀緑地ぐらいだろう。
 人工のせせらぎがあって、子供が水遊びをできる。遊具はアスレチック複合遊具、南端にはフェンスで囲われたボール遊び場がある。アスレチック複合遊具のてっぺんに登って見渡す景色は、ここ独特のもので、これはこれでインパクトがある。石やせせらぎの配置などは、アーティスティックに配置されていて、いい感じだ。
 しかし、やはり暗い。夏場は日陰がいっぱいあるので、過ごし易くていいが、冬場は寒々としていてとても寛げない。ただ、意外と上の高速道路を走る車の騒音は気にならない。でも、排気ガスの濃度は低くはないと思えるし、子供を遊ばせるのは自分だったら考えてしまうだろう。上に覆いかぶさる道路の威圧感は相当なものだ。せっかくある広いスペースをただの空き地にしておくのはもったいないが、いざ公園となったとき、緑の木々の代わりにコンクリートの支柱では、やはり、どことなく落ち着かない。

公園データ
広さ 約740坪(2,431㎡)
遊戯施設

・アスレチック複合遊具
・広場有り(野球、サーカーは禁止)
・ボール遊び場有り
・流れる人口川(夏場のみ?)
・ゲートボール場有り

トイレ 有り(身障者用有り)
駐車場 無し
その他 ・首都高速横羽線の真下の空き地を利用して出来た公園

所在地 (地図をクリック!)

東京都大田区羽田2-6

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »