« 萩中くすのき公園 - 萩中1-7 | トップページ | いずも公園 - 南六郷1-10 »

2007年10月20日 (土)

公園面積増加

Koenmensekizouka 2007年10月16日の日経の夕刊の「なるほどビジネスTime」に日本の公園が増加しているという記事があった。以下抜粋。

『都市で緑豊かな環境づくりに欠かせないのが公園。国土交通省によると、2006年度末の全国の都市公園の総面積は約11万ヘクタール。国民一人当たりに換算すると9.3平方メートルで、1970年度末に比べ3倍超に増えた。
 整備が進むにつれ、その役割も多様化。社会の成熟とともに、ヒートァイランド現象の緩和や、災害から住民を守る避難場所など日々の暮らしに不可欠な存在となった。ただ、単純比較はできないが、国交省都市・地域整備局では「日本はニューヨーク(29平方メートル・97年)やロンドン(26平方メートル・同)など欧米と比べ低水準」としている。
 国交省はさらなる整備を目指し、国の補助事業で市町村がより裁量を発揮できるようにした。特定非営利活動法人(NPO法人)による緑地管理も可能にするなど、住民の自発的な取り組みも促している。公園面積は引き続き増えそうだ。』

 公園が増えることはいいことだ。だが、管理費用も増大する。大田区議会議員の古山昌子さんのサイト記事によると、この前の台風9号被害による多摩川河川敷の公園の復旧費用は大田区だけで3億円かかるそうだ。後で特別交付金として戻ってくるそうだが、やはり税金からの支出には他ならない。今後、高齢化社会になって、公園に対する経費も減ってくることも予想される。公園運営の効率化を考えないといけない時代になるかもしれない。

|

« 萩中くすのき公園 - 萩中1-7 | トップページ | いずも公園 - 南六郷1-10 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200205/16818188

この記事へのトラックバック一覧です: 公園面積増加:

« 萩中くすのき公園 - 萩中1-7 | トップページ | いずも公園 - 南六郷1-10 »