« 東糀谷あおぞら公園 - 東糀谷6-7 | トップページ | 月探査機「かぐや」の映像を見て »

2007年11月15日 (木)

六間堀緑地 - 羽田4-18 

Rokkenbori_1 Rokkenbori_2 京浜急行空港線の穴守稲荷駅のすぐ西のところにある。この公園は首都高速神奈川1号線、いわゆる横羽線の真下の空き地を利用して出来た公園だ。この手の公園はいろいろな所でよく見かけるが、大田区では珍しい。実は大田区内を走る高架橋の道路は以外に少ないのだ。鉄道では幅が狭いので、その下に公園があっても、せいぜい児童公園程度の小さなものしかできない。大田区立公園として、このように高架橋下に存在するのは、この公園と隣にある羽田西前公園ぐらいだろう。
 公園は首都高速神奈川1号線と環状8号線が交差したところ、首都高速神奈川1号線の羽田ランプのところにある。高速道路から環状8号線に出入りするために、環状8号線を挟んで北と南がスロープになっている。公園はこのスロープと本線の真下にあり、環状8号線を挟んで北側と南側の2箇所に分断されている。
 公園北側の北の入り口は、南前堀緑地の東の入り口とぶつかっている。長さは約200mぐらいだろうか。
 北から、フェンスに囲まれたボール遊び場、広場、休憩スペース、遊具広場となっている。
 遊具はすべり台が一緒になった木製のアスレチック複合遊具、木製の平均台、木製のロッククライミング、ブランコ、砂場。
 やはり、高架橋の真下なので暗い。夏は涼しくていいが、冬は寒くて暗いのでいたたまれないだろう。また、車の音もうるさい。地元の少年野球チームだろうか、練習をしていた。人がいたのでほっとした。

Rokkenbori_3 Rokkenbori_4

 公園南側は長さが160mぐらいだろうか。公園南側の南の入り口は羽田西前公園の入り口に向かい合わせとなっている。要はそのまま羽田西前公園に続いていると考えていい。
 公園南側の南入り口付近は、いくらか明るい。理由は、高速道路が二股に分かれていてその間から光が入るためだ。植物も植わっていて、夏に訪れたときは花も咲いていた。北に向かうほど、上は一面道路となるので暗くなる。
 南から植物の植え込み、遊具広場、広場、ゲートボール場となっている。遊具は、すべり台、ブランコ、鉄棒、砂場、木製のアスレチック複合遊具。また、公園南側には短いがサイクリングコースも作られている。
 落ち着いてくつろげる公園ではないが、細長い公園で、当然車が入ってこないので、地元の人々の生活道路にもなっている。意外と利用されているのではないかと思う。
 お金のかかる話だが、なんとか高架橋の上の光を公園内に誘導する手立てはないものかと思う。明るければ、だいぶ印象も変わるとおもうのだが・・・。

公園データ
広さ 約1,950坪(6,439㎡)
遊戯施設

■公園北側
・すべり台付の木製のアスレチック複合遊具
・木製の平均台 ・木製のロッククライミング
・ブランコ ・砂場
・フェンスで囲まれたボール遊び場有り
・広場有り(野球、サーカーは禁止)

■公園南側
・すべり台 ・ブランコ ・鉄棒 ・砂場
・木製のアスレチック複合遊具
・広場有り(野球、サーカーは禁止)
・サイクリングコース有り
・ゲートボール場有り

トイレ 有り
駐車場 無し
その他 ・首都高速横羽線の真下の空き地を利用して出来た公園

所在地 (地図をクリック!)

東京都大田区羽田4-18

|

« 東糀谷あおぞら公園 - 東糀谷6-7 | トップページ | 月探査機「かぐや」の映像を見て »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200205/17079204

この記事へのトラックバック一覧です: 六間堀緑地 - 羽田4-18 :

« 東糀谷あおぞら公園 - 東糀谷6-7 | トップページ | 月探査機「かぐや」の映像を見て »