« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月 4日 (日)

南蒲公園 - 西糀谷1-12

Minamikama_1 Minamikama_2 京浜急行線の京急蒲田駅から東に560m:徒歩8分のところにある。南蒲公園という。なぜ南蒲田公園でないのか?。名前の由来をネットで調べてみたがわからなかった。西南には、道を挟んで大田区立南蒲田小学校、東隣りには大田区立西糀谷児童館がある。蒲田から糀谷にかけての、住宅、マンション、工場が密集した地域にある。この辺りは緑が少ないので公園の樹木は貴重な存在だ。
 この公園には桜が多く植わっている。開花の季節には綺麗だ。宴会が出来る。大田区立西糀谷児童館からは、直接公園に入ることが出来るように裏門があるが、使っている様子はあまりないようだ。保育園と違って、公園をあまり利用することはないのだろう。
 遊具はすべり台、ブランコが一緒になったプレイコンボ、すべり台にもなるコンクリート製の小山と砂場。
 この公園は「大田区ふれあいパーク活動」の指定公園で、「南蒲公園を見守る会」という団体が管理に参加している。
 地域の人々のための安らぎの空間だ。天気が良かったのでご老人が休憩していた。

公園データ
広さ 約700坪(2,313㎡)
遊戯施設

・すべり台、ブランコが一緒になったプレイコンボ
・すべり台にもなるコンクリート製の小山と砂場
・広場有り(野球、サーカーは禁止)

トイレ 有り
駐車場 無し
その他 ・桜の木が多い。花見を期待できる。
大田区立西糀谷児童館
ふれあいパーク活動:大田区HPより

所在地 (地図をクリック!)

東京都大田区西糀谷1-12

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月10日 (土)

仲江名公園 - 西糀谷1-17

Nakaena_1 Nakaena_2 京浜急行空港線の糀谷駅から北東に610m:徒歩9分のところにある。仲江名公園という。名前の由来をネットで調べてみたがわからなかった。昭和53年竣工の古い公園。周囲は糀谷の住宅が密集したところ。
 遊具は、古タイヤを利用した鉄製の複合遊具。すべり台やブランコが入っている。使われている古タイヤはなんと白いラインの入ったリボンタイヤだ。今時、リボンタイヤを装着した自動車はなかなか見ることもできない。遊具の歴史を感じさせる。その他には、鉄棒、すべり台、砂場。
 木々はよく成長していて、緑が心地いい。かといって、暗くはなく、見通しもいい。子供が安心して遊べる公園だ。実際の面積は小さい割りに、なぜかそれより広く感じる。
 ネットで調べてみたら、夏にはこの公園で盆踊り大会が開催されるようだ。地域の方々のための緑あふれる公園だ。

公園データ
広さ 約296坪(979㎡)
遊戯施設 ・古タイヤを利用した鉄製の複合遊具
・鉄棒 ・すべり台 ・砂場
・広場有り(野球、サーカーは禁止)
トイレ 有り
駐車場 無し
その他 ・リボンタイヤを使った鉄製遊具

所在地 (地図をクリック!)

東京都大田区西糀谷1-17

| | コメント (0) | トラックバック (0)

西糀谷さざんか公園 - 西糀谷2-14

Nishikojiyasazanka_1 京浜急行空港線の大鳥居駅から北に890m:徒歩13分のところにある。大田区立糀谷保育園の周囲を囲むように公園になっている。しかし、大田区立糀谷保育園の庭を兼ねたという雰囲気ではない。糀谷保育園内にもちゃんとした庭があって遊具もある。実は、この公園の周囲には他にも大田区の施設が密集している。公園北隣は大田区立糀谷文化センター、公園東隣は大田区糀谷特別出張所、公園北東には大田区特別養護老人ホーム糀谷、大田区糀谷高齢者在宅サービスセンター、大田区地域包括支援センター糀谷、大田区シルバーピア糀谷が一緒になった大きな建物がある。

Nishikojiyasazanka_2

 公園東側には、天井までネットで覆われた割と広いボール遊び場がある。ここはゲートボール場にもなる。公園北側は細長い広場があって、ここにブランコ、ジャングルジム、鉄棒、幼児用遊具、砂場がある。この公園の砂場にはエバークリンサンドという特殊な白い砂が撒かれている。光触媒抗菌砂という殺菌、消臭効果のある砂で、薬品は一切使用していないので安全性が高いとパネルに書かれていた。
 さざんか公園の名の通り、ボール遊び場の裏側にさざんかが植わっている。冬になれば綺麗な花が咲くことだろう。

Nishikojiyasazanka_3  そう広い公園ではないのだが、細長いので変化があって楽しい。訪問したのは11月4日だったが、秋晴れの清清しい日だったので、つい写真も多くなった。やはり晴れた日は公園めぐりをしていても気持ちがいい。
 この公園は「大田区ふれあいパーク活動」の指定公園で、「西糀谷二丁目町会」という団体が管理に参加している。掃除の行き届いた公園だ。

Nishikojiyasazanka_4  この辺りは、大田区の施設が集まっていることもあって、大田区糀谷地区の中心と言っていいだろう。各施設を利用する人々の憩いの場にもなっている。出来るなら、もっと大きな公園があればいいと思うが、糀谷は昔からの住宅、工場の密集地なので、難しいのだろうと思う。

公園データ
広さ 約506坪(1,670㎡)
遊戯施設 ・ブランコ ・ジャングルジム ・鉄棒 ・幼児用遊具 ・砂場
・広場有り(野球、サーカーOK、ゲートボール場兼用)
トイレ 有り(身障者用は隣の大田区糀谷特別出張所に有る?)
駐車場 無し
その他

・さざんか並木有り

ふれあいパーク活動:大田区HPより

大田区立糀谷保育園

大田区立糀谷文化センター

大田区糀谷特別出張所

大田区特別養護老人ホーム糀谷

大田区糀谷高齢者在宅サービスセンター

大田区地域包括支援センター糀谷

・大田区シルバーピア糀谷

所在地 (地図をクリック!)

東京都大田区西糀谷2-14

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タイムトンネル

2007_11_04_nakaena 2007.11.10 仲江名公園にて。昔見た海外連続ドラマをよく見た。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月11日 (日)

西糀谷二丁目南公園 - 西糀谷2-26

Nishikojiya2minami_1 Nishikojiya2minami_2 京浜急行空港線の大鳥居駅から北に700m:徒歩10分のところにある。東京都市整備局が建設・管理している「西糀谷二丁目第2アパート」がある。このアパートの庭園に位置する。公園に面して、アパートの1階には、大田区立糀谷児童館が入っている。
 この公園の、道を挟んですぐ北側も同アパートが立ち並んでいて、こちらにも公園があるが、こちらは児童公園だ。ごく普通の公共集合住宅の庭園だ。
 遊具は、すべり台、ブランコ、ジャングルジム、幼児用遊具、砂場。
 木々はよく成長しているが、適当に植わっているので、開放的で外からもよく見えて、安全だ。大田区立糀谷児童館に来た子供たちが遊ぶにはちょうどいい公園だ。

公園データ
広さ 約340坪(1,122㎡)
遊戯施設 ・すべり台 ・ブランコ ・ジャングルジム
・幼児用遊具 ・砂場
・広場有り(野球、サーカーは禁止)
トイレ 有り
駐車場 無し
その他

・西糀谷二丁目第2アパートの庭園

大田区立糀谷児童館

所在地 (地図をクリック!)

東京都大田区西糀谷2-26

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東糀谷いきいき公園 - 東糀谷5-17

Higashikojiyaikiiki_1 Higashikojiyaikiiki_2 京浜急行空港線の大鳥居駅から北東に900m:徒歩13分のところにある。大田区立東糀谷小学校のまん前、南側は都営東糀谷五丁目アパートと障害者福祉施設の大田区立うめのき園がその中に入っている。
 遊具はない。だだっ広い広場とトイレがあるのみだ。周囲は背の高いフェンスで囲ってあり。ボール遊びが出来る。訪問した日も子供たちがサッカーに興じていた。
 通常は、この位置関係から、都営東糀谷五丁目アパートの庭園となるところだが、この公園に限っては、大田区立東糀谷小学校の運動場の延長といった感がある。完全な運動公園になっているためだ。
 公園に遊具、緑、散策を求める向きはすぐ北100mに北前堀緑地があるので、こちらに行けばいい。
 この公園は入園時間に制限がある。詳しくは以下の公園データ参照。
 外からも内部がよく見えて安全だ。子供たちのためのボール遊び場だ。

公園データ
広さ 約380坪(1,244㎡)
遊戯施設 ・ボール遊び広場(野球、サッカーOK)
トイレ 有り
駐車場 無し
その他

・100%運動公園

・入園時間
  4月~9月:7:00~19:00
  10月~3月:7:00~17:00

・都営東糀谷五丁目アパートの裏

大田区立うめのき園:大田区HPより

所在地 (地図をクリック!)

東京都大田区東糀谷5-17

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北前堀緑地 - 東糀谷5-14

Kitamaeboriryokuti_1 京浜急行空港線の大鳥居駅から北に800m:徒歩12分のところにある。東西に570mほどの細長い公園だ。南前堀緑地と同じくここは以前は海へと続く排水路だったところを埋め立てて公園にした。 

Kitamaeboriryokuti_2 公園西側の入り口にはここにあった北前堀排水場跡地の説明パネルがある。以下はその記述。
 「糀谷地域は低水位地帯であるため、しばしば水害に悩まされていました。この水害防止対策として、東京都が昭和18年に排水堀を作り、昭和23年に大田区が引き継ぎ、地域住民のために貢献しました。しかし、下水道の普及により、昭和46年に廃止し、堀も埋め立てられて、緑地として利用されることになりました。昭和57年3月」 

Kitamaeboriryokuti_3  公園西側入り口から少し歩くと、人口のせせらぎがある。割と長いせせらぎで約80mほどはあろうか。残念ながら今年の稼動は9月25日で終了しているので、訪れた時は、流れてはいなかった。来年は5月ごろから稼動すると書いてあった。

Kitamaeboriryokuti_4_2   この公園にはサイクリングコースが設けられている。西側の入り口から公園と道路が立体交差している先までの460mほどの長さのコースだ。 

Kitamaeboriryokuti_5  公園東側は工場や下水道ポンプ場などがあるだけで、その先は海:海老取川なので、住んでいる人がほとんどいないので、この道を生活道路としてはあまり使われてはいないのか?。閑散としていて行きかう人も自転車もほとんどない。

Kitamaeboriryokuti_6_2   遊具は西側入り口付近にすべり台、ブランコ、中央に、長めの2段になったすべり台のある鉄製の複合遊具、渡って遊べる渡り遊具、タイヤを積み重ねた遊具、ブランコ、鉄棒、幼児用遊具、砂場がある。 

Kitamaeboriryokuti_7_3   どの遊具も綺麗にペイントしてあって、カラフルだ。昭和57年開園の古い公園なので、どの遊具も歴史を感じさせるがよく手入れが行き届いているようだ。 

Kitamaeboriryokuti_8_2    公園西側の入り口から410mほど行った、約2/3ほどのところは、一般道路と公園の散策路、サイクリングコースが立体交差している。公園側が地下にもぐって、トンネルとなっている。

Kitamaeboriryokuti_9  夜は何となく怖そうだが、日中は危険な感じはしない。この公園はどこも木々がよく成長していて緑が豊富だ。細長いこともあって絵になるところが多い。いい感じの公園だ。

Kitamaeboriryokuti_10_2   公園東側は緑の深い広場となっている。工場地帯とは思えない、落ち着いた雰囲気だ。ウィークデイの昼休みには周辺の工場に勤める人たちのよい休憩場所になるだろう。

Kitamaeboriryokuti_11  公園東側の端は船着場があって、その先は北前堀水門がある。昔の堀の面影がここに残っている。

Kitamaeboriryokuti_12  南前堀緑地に比べると、幅は狭いが、長さは2倍弱と長い。緑あふれている安らぎの散策路といった雰囲気だ。大田区の下町にあって、この公園の緑は貴重だ。周辺の住民、工場に勤める人々、子供たちに愛される公園だが、ちょっと足をのばして来る価値もある変化に満ちたいい公園だ。

公園データ
広さ 約2,450坪(8,093㎡)
遊戯施設

■西側入り口付近
 ・すべり台 ・ブランコ
 ・流れる人口川(夏場のみ)

■中央付近
 ・長めの2段になったすべり台のある鉄製の複合遊具
 ・渡って遊べる渡り遊具
 ・タイヤを積み重ねた遊具
 ・ブランコ ・鉄棒 ・幼児用遊具 ・砂場

■広場有り(野球、サーカーは禁止)
■サイクリングコース有り

トイレ 有り(身障者用有り)
駐車場 無し
その他 ・東西に長い散策路の公園

所在地 (地図をクリック!)

東京都大田区東糀谷5-14

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年11月13日 (火)

海老取川公園 - 東糀谷6-4

Ebitorigawa_1 京浜急行空港線の大鳥居駅から北東に1400m:徒歩21分のところにある。羽田空港との間の海老取川(実際は海)のすぐのところ。近所は工場がひしめいていて、油くさい。森が崎公園東糀谷あおぞら公園とこの公園と、天空の3公園がこの辺に集まっている。ここは東京都下水道局東糀谷ポンプ所雨水貯留池の建物の屋上が公園になっている。入り口の階段を上っていくと公園にたどり着く。
 遊具はモニュメント風の芸術的な鉄棒のようなものが2つと幼児用遊具、それに背筋伸ばしの出来るベンチがある程度。何もない広場というのが実感だ。ただ、空を感じることは出来る。ここが他の公園とは違った雰囲気を持っている。

Ebitorigawa_2  訪問した日は天気がよかったので気持ちがいい。しかし、あまり利用はされていないのではないかと思う。近所の工場の人たちの息抜きの場になっている程度か。
 この天空公園とモニュメント風の遊具はイメージが合っているが、幼児用遊具はミスマッチだ。どうせなら、この公園を異次元空間を思わせるような公園にしたら面白い。たとえば、幼児用遊具はやめて、アーティスティックな遊具やオブジェのみにする。周囲の工場の屋根やビルがあまり見えないように周囲をもう少し高い生垣にする。下界とは全く別の、空をテーマに徹底してこだわった大人向けの公園なんかいいと思う。

Ebitorigawa_3  公園というよりは、屋上庭園という感じの場所だ。尚、この公園には入園時間に制限があるので注意のこと。

公園データ
広さ 約800坪(2,645㎡)
遊戯施設

・モニュメント風の芸術的な鉄棒
・幼児用遊具
・背筋伸ばしの出来るベンチ
・広場有り(野球、サーカーは禁止)

トイレ 有り
駐車場 無し
その他

・東京都下水道局東糀谷ポンプ所雨水貯留池の建物の屋上

・入園時間
  4月~9月: 9:00~19:00
  10月~3月: 9:00~17:00

所在地 (地図をクリック!)

東京都大田区東糀谷6-4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月14日 (水)

東糀谷第二公園 - 東糀谷6-3

Higashikojiya2_1 Higashikojiya2_2 京浜急行空港線の大鳥居駅から北東に1700m:徒歩25分のところにある。呑川の河口、羽田空港との間にある海老取川:海からも130mと近い。周囲はほとんどが工場、海沿いには老人ホームもある。子供の姿はほとんどない。小さな公園だ。訪問したときは公園には誰もいなかった。昼休みには回りの工場の人たちが休憩にくるのだろうか?。
 遊具は、背の高い大人向きの鉄棒、これも大人向きの吊り輪と吊り金具。遊具からも大人がターゲットになっているようだ。仕事の休み時間にぶら下がって背筋や腰を伸ばすにはいい。
 呑川沿いにあるにもかかわらず、呑川側はフェンスと高いコンクリート製の堤防があって、呑川を見ることは出来ない。ここはぜひ川を見られるように工夫して欲しいものだ。
 この周辺の工場に来る人々の息抜きの場だ。

公園データ
広さ 約254坪(841㎡)
遊戯施設 ・背の高い大人向きの鉄棒
・吊り輪と吊り金具
・広場有り(野球、サーカーは禁止)
トイレ 無し
駐車場 無し
その他 ・呑川沿いの公園

所在地 (地図をクリック!)

東京都大田区東糀谷6-3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東糀谷五丁目公園 - 東糀谷5-3

Higashikojiya5_1 Higashikojiya5_2 京浜急行空港線の大鳥居駅から北東に1200m:徒歩18分のところにある。呑川のすぐ近くだが、川とは建物ひとつ隔てているので、川は見えない。昭和63年3月開園。やはり、この辺りは交通は不便なところだ。車かバスしか交通機関がない。産業道路の下に地下鉄があると便利だろうとつくづく思う。
 大きさは普通の公園。中央が広場になっている。公園の入り口がゆるい階段になっていていたり、道に面したところが散策路になっていたりと、散歩がてらにちょっと寄るのにはいい雰囲気だ。
 周囲には樹木が植わっている。桜が数本多く植わっていて、開花の時期は綺麗だ。近所の工場の人たちが宴会をするにはいい。
 遊具は雲悌のみ。大人がぶら下がって背筋伸ばしをするにはいい。遊具がお望みの向きは、南に150m行くと北前堀緑地があるので、こちらに行けばいい。この辺りは糀谷の公園銀座なので、ちょっと歩くと公園に当たる。
 広場が広いので、子供が遊ぶのにもいいし。大人が息抜きに来るのにもいい。工場街の中の緑のオアシスだ。

公園データ
広さ 約650坪(2,136㎡)
遊戯施設 ・雲悌
・広場有り(野球、サーカーは禁止)
トイレ 有り
駐車場 無し
その他 ・桜が数本植わっている。

所在地 (地図をクリック!)

東京都大田区東糀谷5-3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東糀谷あおぞら公園 - 東糀谷6-7

Higashikojiyaaozora_1 京浜急行空港線の大鳥居駅から北東に1400m:徒歩21分のところにある。羽田空港を挟んで海老取川(実際は海)に面して東京都下水道局 東糀谷ポンプ所がある。このビルの屋上にある天空の公園だ。この辺りにはこのような屋上公園が3箇所ある。他の2つは森ヶ崎公園海老取川公園だ。交通の便がとても悪いので、あえてこの公園を目指して来るのはお勧めできないが、北前堀緑地などを訪ねて来たときは足をのばしてみてもいい。

Higashikojiyaaozora_2  天空の公園、しかも実質は4階立てぐらいのビルの屋上なので、見晴らしはいい。南側の糀谷、羽田の街並みが見渡せる。しかし、残念ながら、東側の空港や海、北側の景色はこのポンプ所の上階や壁に隠されていて見えない。羽田空港が見えるととてもいいのだが・・・。

Higashikojiyaaozora_3  遊具は無し。広場とベンチとトイレがあるだけだ。ボーっと空を眺めていたい気分のときはうってつけの公園だ。空を楽しむ公園。したがって、天気のいい日に来るに限る。尚、この公園は入園時間があるので注意のこと。

公園データ
広さ 約620坪(2,057㎡)
遊戯施設 ・遊具は無し
・広場有り(野球、サーカーは禁止)
トイレ 有り
駐車場 無し
その他

・東京都下水道局 東糀谷ポンプ所の屋上公園

・入園時間
  4月~9月: 6:00~19:00
  10月~3月: 6:00~17:00

所在地 (地図をクリック!)

東京都大田区東糀谷6-7

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月15日 (木)

六間堀緑地 - 羽田4-18 

Rokkenbori_1 Rokkenbori_2 京浜急行空港線の穴守稲荷駅のすぐ西のところにある。この公園は首都高速神奈川1号線、いわゆる横羽線の真下の空き地を利用して出来た公園だ。この手の公園はいろいろな所でよく見かけるが、大田区では珍しい。実は大田区内を走る高架橋の道路は以外に少ないのだ。鉄道では幅が狭いので、その下に公園があっても、せいぜい児童公園程度の小さなものしかできない。大田区立公園として、このように高架橋下に存在するのは、この公園と隣にある羽田西前公園ぐらいだろう。
 公園は首都高速神奈川1号線と環状8号線が交差したところ、首都高速神奈川1号線の羽田ランプのところにある。高速道路から環状8号線に出入りするために、環状8号線を挟んで北と南がスロープになっている。公園はこのスロープと本線の真下にあり、環状8号線を挟んで北側と南側の2箇所に分断されている。
 公園北側の北の入り口は、南前堀緑地の東の入り口とぶつかっている。長さは約200mぐらいだろうか。
 北から、フェンスに囲まれたボール遊び場、広場、休憩スペース、遊具広場となっている。
 遊具はすべり台が一緒になった木製のアスレチック複合遊具、木製の平均台、木製のロッククライミング、ブランコ、砂場。
 やはり、高架橋の真下なので暗い。夏は涼しくていいが、冬は寒くて暗いのでいたたまれないだろう。また、車の音もうるさい。地元の少年野球チームだろうか、練習をしていた。人がいたのでほっとした。

Rokkenbori_3 Rokkenbori_4

 公園南側は長さが160mぐらいだろうか。公園南側の南の入り口は羽田西前公園の入り口に向かい合わせとなっている。要はそのまま羽田西前公園に続いていると考えていい。
 公園南側の南入り口付近は、いくらか明るい。理由は、高速道路が二股に分かれていてその間から光が入るためだ。植物も植わっていて、夏に訪れたときは花も咲いていた。北に向かうほど、上は一面道路となるので暗くなる。
 南から植物の植え込み、遊具広場、広場、ゲートボール場となっている。遊具は、すべり台、ブランコ、鉄棒、砂場、木製のアスレチック複合遊具。また、公園南側には短いがサイクリングコースも作られている。
 落ち着いてくつろげる公園ではないが、細長い公園で、当然車が入ってこないので、地元の人々の生活道路にもなっている。意外と利用されているのではないかと思う。
 お金のかかる話だが、なんとか高架橋の上の光を公園内に誘導する手立てはないものかと思う。明るければ、だいぶ印象も変わるとおもうのだが・・・。

公園データ
広さ 約1,950坪(6,439㎡)
遊戯施設

■公園北側
・すべり台付の木製のアスレチック複合遊具
・木製の平均台 ・木製のロッククライミング
・ブランコ ・砂場
・フェンスで囲まれたボール遊び場有り
・広場有り(野球、サーカーは禁止)

■公園南側
・すべり台 ・ブランコ ・鉄棒 ・砂場
・木製のアスレチック複合遊具
・広場有り(野球、サーカーは禁止)
・サイクリングコース有り
・ゲートボール場有り

トイレ 有り
駐車場 無し
その他 ・首都高速横羽線の真下の空き地を利用して出来た公園

所在地 (地図をクリック!)

東京都大田区羽田4-18

| | コメント (0) | トラックバック (0)

月探査機「かぐや」の映像を見て

Kaguya 日本初の大型月探査機「かぐや(SELENE)」が無事月の周回軌道に乗って、ハイビジョンカメラによる鮮明な映像が送られてきた。一生に一度でいいからこのような光景を現場で自分の目で見たいものだ。

 月への観光旅行が一般化する時代もやがては来るだろう。月面に観光都市が現れ、観光客でごったがえす未来を想像しても面白い。空港があって、その近くには巨大なドームがいくつもある。あるドームにはホテルが立ち並び、さらに別のドームには金持ちの別荘が建ち並んでいる。そして別のドームには公園がある。公園には緑豊かに樹木が生い茂っている。月の砂を加工して作られた人工の土の下には、栄養分を絶え間なく染み出す特殊な管が埋められている。月の地下20kmには蒸発できずにいた水が氷の形で大量に湛えられていたので、これが月面基地を作る上で大きな助けになった。水を確保できれば、酸素も作ることが出来る。地球の1/6の重力だから木々の生長は恐ろしく早い。月面に緑豊かなオアシスが誕生したのだ。その名の通り、ハネムーンで訪れたカップルが、遥かな地球を見ながらうっとりとしている。

 人間はどこへ行っても、緑を求めるものだろうと思う。たとえ月に行っても、それは変わらないのではないだろうか?。緑は人間が生活する上で絶対必要な条件だと思う。ならば、公園に絶対必要な最低限のパーツは優しい緑だろう。地球の緑をもっと大切にしないといけない。ハネムーンのカップルが見る地球が青くなかったという事態は想像したくない。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年11月18日 (日)

多摩川田園調布緑地

Tamagawadennenchohu_1 東急東横線、目黒線、多摩川線の多摩川駅から西に700m:徒歩10分のところにある。多摩川駅から二子多摩川行きのバスが出ているので、これに乗ってもいい。大田区から世田谷区にかけて広がる多摩川べりの河川敷緑地だ。大田区側は多摩川田園調布緑地、世田谷側は多摩川玉堤広場、多摩川玉川公園という名前が付けられている。

Tamagawadennenchohu_2  どうでもいい話だが、地図上の境界と実際の境界は異なるようだ。歩いてみたら、大田区の管理区域は多摩川玉堤広場のテニスコートまで入っていることになっていた。また、この公園の管理は大田区では行っていない。多摩川緑地広場管理公社というところが、世田谷区側の公園も含めて行っている。東側入り口近くには駐車場がある。駐車場の使用については後述する。

Tamagawadennenchohu_3  当然運動公園で、野球場、サッカー場、テニスコートがある。野球場は、硬式野球場が2面、少年野球場が1面、軟式野球場が2面、サッカー場が2面、子供たちがサッカーなど出来る多目的広場が1面、テニスコートが17面ある。
 

Tamagawadennenchohu_4  ここは野球の聖地とも言うべきところだ。読売巨人軍の旧多摩川グラウンドがあったところだからだ。今もそのまま残っていて、硬式野球場のひとつになっている。当然借りることが出来る。

Tamagawadennenchohu_5  サッカー場は2面ある。世田谷区側は取材しなかった。写真は大田区側のサッカー場。サッカー場脇に多目的広場があって、ここではちびっ子たちがサッカーを練習していた。

Tamagawadennenchohu_6  テニスコートは17面と大規模だ。周辺は田園調布から等々力に広がる高級住宅地なので、テニスの需要が多いのもうなづける。

Tamagawadennenchohu_7   これらの施設を管理しているのは、多摩川緑地広場管理公社。東京都の配下の団体と思うが、よくはわからない。公的な団体であることは確かだ。事務所が公園中央の「玉川温室村」というバス停付近にある。また、事務所裏には有料の駐車場もある。日曜はいっぱいで外に車が順番待ちしていた。

Tamagawadennenchohu_8  多摩川緑地広場管理公社の事務所内には更衣室やシャワー、コインロッカー、休憩所もある。先に紹介した東側の河川敷の駐車場は58台、事務所裏の駐車場は48台の車が停められる。河川敷の駐車場に車を停めるには「駐車券」が必要。多摩川緑地広場管理公社で発行しているのでこちらまで来て購入しなくてはならない。無断駐車はできないように係員が常駐している。

Tamagawadennenchohu_9   マスコミでもよく取り上げられた、巨人軍のグラウンド時代から営業している、小池商店が玉堤通り沿いにある。新築したらしく綺麗になっている。運動の合間にちょっと一息入れられる。写真でもわかるように今年の夏の台風9号の爪あとがまだ残っている。冒頭で紹介した東端の遊歩道、上の写真の旧巨人軍グラウンドもホームベース後ろのフェンスがまだ倒れたままだ。

Tamagawadennenchohu_10  玉堤通りは交通量が多く、かつ道が狭いので、歩行者は注意のこと。でも眺めはとてもいい。ドライブにもいい道路だ。
 公園東側入り口付近には桜の大木が植わっていて、開花の季節には宴会ができる。また、黒松の林もあっていい雰囲気だ。

Tamagawadennenchohu_11  大田区と世田谷区の住民のための運動場だ。以前巨人軍のグラウンドがあった頃は、いつもマスコミや大勢のファンで賑わっていたが、今は静かな公園になった。利用方法は以下公園データの多摩川緑地広場管理公社のホームページを参照のこと。ドメインが取られていないが、公式サイトのようだ。必要なことがらは掲載してある。

公園データ
広さ 東京ドーム1.7倍 約23,900坪(78,782㎡)
 ※上記数値は大田区部分のみ。
遊戯施設 ・硬式野球場: 2面
・少年野球場: 1面
・軟式野球場: 2面
・サッカー場: 2面
・多目的広場: 1面
・テニスコート: 17面
・多摩川緑地広場管理公社事務内には更衣室、シャワー、コインロッカー、休憩所あり。
トイレ 有り
駐車場

有り
・東側の河川敷の駐車場: 58台
  多摩川緑地広場管理公社発行の駐車券必要
・多摩川緑地広場管理公社事務所裏の駐車場: 48台

詳しくは多摩川緑地広場管理公社HP参照。

その他 ・予約、駐車場、その他問い合わせは以下
  多摩川緑地広場管理公社HP

所在地 (地図をクリック!)

東京都大田区田園調布5丁目地先

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月19日 (月)

多摩川大橋緑地

Tamagawaohashi_1 第二京浜道路(国道1号線)が多摩川にかかる多摩川大橋を中心にの東と西に広がる緑地だ。駅で言うと東急多摩川線の矢口渡駅から南に680m:徒歩10分のところにある。他の大田区内の多摩川緑地に比べるとあまり幅が大きくない。そのため、野球場やサッカー場を作ることができないので、散策路を中心とした整備がなされている。

Tamagawaohashi_2  多摩川大橋の東側には遊具広場があるが、その他はあまり公園らしくない。ヤマハのボートスクールが土手沿いにあり、この学校所有のボートを置いてある小さなボートハーバー?があったり、誰の住居かはよくわからないが、小屋群がある。いづれも昔からあるものだ。小屋群は一見すると、ホームレスの小屋と見間違えるが、ここには電気と水道が通っていて。小屋にはエアコンも完備されている。
 遊具広場には、2連のブランコが2基、幼児用遊具、ゲートボール場がある。

Tamagawaohashi_3  多摩川大橋は第二京浜道路の橋で上下3車線の広い道路が通っている。その東脇に、多摩川専用橋というアーチ型の美しい橋があるが、これは東京電力とNTTが共用する送電専用橋で、人や車は通れない幅の狭い橋だ。

Tamagawaohashi_4  堤防:土手の上はサイクリングロードになっている。このサイクリングコースは多摩川の土手沿いに整備されていて、上流は多摩川丸子橋緑地の丸子橋から下流は羽田空港の入り口の弁天橋まで、全長約11kmに及ぶ長いコースだ。バイクフリークにはいいコースだ。

Tamagawaohashi_5  多摩川大橋の西側には、落ち着ける散策路が続いている。残念ながらこの辺りの川側はホームレスの群落となっている。
 また、途中には「矢口の渡し跡」のパネルがある。記載内容は以下。
 『新田義興が、矢口の渡しで延文3年(1358)、討ち死にしたと言われるころの渡し場は、現在の新田神社付近であったと思われ、多摩川は、今より東へ大きく湾曲していたと考えられる。江戸時代に、平賀源内により戯作「神霊矢口渡」が作られ、歌舞伎に上演されるに至り、この渡しは有名になった。渡し場は、流路の変遷と共に、その位置をいくたびか変え、この付近になったのは、江戸中期からであると考えられる。この渡しは、区内最後の渡船場として昭和24年(1949)まで存続した。』

Tamagawaohashi_6  さらに西に歩いて行くと、少し広くなってゆく。広場には遊具もあり、子供を遊ばせられる。遊具は、太鼓橋が2つ、鉄棒、砂場。

Tamagawaohashi_7   緑地の西端は、矢口ポンプ所前の水門で終わっている。ここの土手向こうには、下水を森が崎水処理センターに運ぶためや、水害対策やのための矢口ポンプ所がある。

Tamagawaohashi_8  散策やサイクリングにはとてもいい緑地だ。やはりこの夏の台風9号の爪あとがまだ残っている。積み上げられたままの土砂や、工事用車両が置いてあったりと、まだ復旧作業が完了していないようだ。河川敷の公園の宿命だが、費用も時間もかかっている。何の気なしに歩いてしまうが、実は大田区内だけで台風による復旧費は3億円(詳しくはこちら参照)という、大変なお金のかかった砂利道を歩いているのだ。公園の維持にはお金がかかるのだ。

公園データ
広さ 東京ドームの約0.5倍 約7,500坪(24,696㎡)
遊戯施設

■多摩川大橋東側
・2連のブランコが2基 ・、幼児用遊具
・ゲートボール場
・広場有り

■多摩川大橋西側
・太鼓橋が2つ ・鉄棒 ・砂場 ・広場有り

■その他
・サイクリングコース:大田区HPより

トイレ 有り
駐車場 無し
その他 ・散策路と遊具公園のみ。野球場その他は無し。

所在地 (地図をクリック!)

東急多摩川線の矢口渡駅から南に680m:徒歩10分

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月30日 (金)

Nifty ココログの「日刊ココログガイド」で紹介されました

Kokologguide 当ブログが、Nifty ココログの「日刊ココログガイド」で紹介されました。カテゴリは「アウトドア」、「旅行・地域」です。

「日刊ココログガイド」はこちらをご覧ください。
「日刊ココログガイド-アウトドア」はこちら。
「日刊ココログガイド-旅行・地域」はこちら。

|

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »