« 都立京浜島緑道公園 - 京浜島1 | トップページ | 都立東海ふ頭公園 - 東海2-3 »

2007年12月17日 (月)

都立京浜島ふ頭公園 - 京浜島2-1

Keihinjimahuto_1 京浜島は面積約104haの人口島だ。北部を東海(大井ふ頭)北東部を城南島、西部に昭和島、南部には羽田空港に囲まれている。1939年に埋め立て開始、1986年に完成した。広々とした敷地に十分な空間を持った工場群は、日本的ではないアメリカ的な雰囲気すら感じさせていて、工場街とは思えない落ち着きを持っている。異臭もなく、清清しい空気感だ。
 都立京浜島ふ頭公園は京浜島の北西部と大井ふ頭のある東海を結ぶ京浜大橋からの道路と、昭和島とを結ぶ京和橋からの道路が交差したところにある。いわば京浜島の入口にある。公園正面には、「飛翔」と題されたモニュメントがあり、京浜島の顔ともなっている。人工島へのアクセスは悪い。交通機関はバスか自家用車のみ。

Keihinjimahuto_2  訪問した日は11月25日、紅葉の真っ只中だった。気のせいか今年の東京の紅葉は例年より美しいと思う。気候のせいなのか、よくわからない。あるいは、今年は公園を巡っているので、特に注意深く観察しているためそう思うのか?。実はいつもと同じなのかもしれない。とにかく、見ごろであることは確かだった。

Keihinjimahuto_3_2  特にこの公園は桜を始めとする落葉樹が多いので、とても綺麗だ。桜の木は多い。どちらかというと桜は春と思っていたが、紅葉もいいものだ。春の開花の時期のこの公園は、一面がピンク色に染まることだろう。桜の名所だ。宴会にいい。

Keihinjimahuto_4  公園の中央が芝生敷きの大きな広場になっていて、訪れた日は、どこかの草野球チームが練習していた。野球はOKのようだ。都立公園は大田区立公園のように、たて看板による細かい指示が無い。割といい加減というか、自由になっているようだ。最も、この公園も訪れる人は多いとは思えないので、問題にはならないだろう。

Keihinjimahuto_5  都立公園は、今まで訪問したどこもそうだが、あまり遊具は置かれていない。ここも広場と散策路があるだけで、遊具は無い。ただ、十分広いので、子供を遊ばせるには困らない。

Keihinjimahuto_6  青空をバックに、綺麗な紅葉が映える。樹木もよく成長していて、ここが人工島であることを忘れさせる。公園の周辺の景色もユニークだ。コンテナが積み重なった集積場があったり、いかにもふ頭近くを感じさせる広く、交通量の少ない道路など、本土では味わえない雰囲気を持っている。時々、羽田空港を離発着する旅客機の轟音が聞こえる。

Keihinjimahuto_7  落ち着いた、いい雰囲気の公園だ。人工島の場合、どうしても海沿いの公園に目がいくが、それ以外にも季節を感じることが出来るこのような公園もある。敷地が十分に取れるので、どこも広々としている。本土にこの公園と同じものがもしあったら、さぞや人で賑わうことだろうと思うし、屈指の立派な公園となるところだが、遠いのと交通の便が悪いので閑散としている。近くの公園もいいが、たまには足を伸ばして来てみてはいかがだろうか。

公園データ
広さ

約2,900坪(9,656㎡)

遊戯施設

・遊具なし
・広場有り(野球、サーカーはOK?)

トイレ 有り
駐車場 無し・ただし路上駐車は多い
その他

・問い合わせ先
  日比谷アメニス南部地区グループ
   TEL:03-3790-2378
  東京港南部地区海上公園ガイドより

「海上公園ガイド(東京都作成).pdf」をダウンロード

所在地 (地図をクリック!)

東京都大田区京浜島2-1

|

« 都立京浜島緑道公園 - 京浜島1 | トップページ | 都立東海ふ頭公園 - 東海2-3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200205/17392569

この記事へのトラックバック一覧です: 都立京浜島ふ頭公園 - 京浜島2-1:

« 都立京浜島緑道公園 - 京浜島1 | トップページ | 都立東海ふ頭公園 - 東海2-3 »