« 公園噴水の停止命じる司法判断・波紋 | トップページ | 昭和島運動場&都立昭和島南緑道 - 昭和島1-7 »

2007年12月 6日 (木)

都立昭和島北緑道公園 - 昭和島2-3

Syowajimakitaryokudo_1 東京モノレールの昭和島駅から北東に600m:徒歩9分のところにある。昭和島の北部にある都立公園。首都高速湾岸線の東海ジャンクションと首都高速1号羽田線:横羽線の昭和島ジャンクションとを結ぶ連絡用の高速の高架橋が上を走っている。高架橋下部分のみを公園にした六間堀緑地羽田西前公園とは異なり、緑地が主体の広い公園なので、高架橋がひとつのアクセントになっていて、公園の緑と現代的な構造物の取り合わせが面白い。公園の西側は東京モノレールが走っており、モノレールの操車場もある。

 昭和島は面積が62haほどの人口島で、大田区内の島の中では最も小さい。島にあるのは鉄工業関係の工場と、モノレールの駅と、操車場、首都高速1号羽田線:横羽線の昭和島ジャンクション、それと下水道局の水処理センターと公園のみ。住宅はないと思う。下水道局の水処理センターは対岸大田区陸地の森ヶ崎水再生センターと連動して下水処理を行っている。大規模な下水処理施設だ。

Syowajimakitaryokudo_2  高架橋の真下の部分を利用して、アスファルト敷きのテニスコートが3面と広場がある。写真でわかるように周囲に建物がないので暗くはない。訪れた日も数人の方がテニスをしていた。また、テニスの壁打ち用ボードもある。広場はローラースケート(スケートボード)も練習できる。子供向けの遊具はない。

Syowajimakitaryokudo_3  公園の北側は海。周囲は鉄工業関係の工場団地。リムジンバスの操車場があった。住宅はない。駐車場がないので、周辺の工場に勤務する人たちが利用するか、一般の都民はモノレールにわざわざ乗ってここまで来るしかない。埋立地の公園には駐車場は必須と思う。
 また、テニスをここでしたいと思ったら、どうやって手続きをするのか調べてみたが、これがまことにわかりにくい。都の縦割り行政の悪い点が如実に現れている。利用者の利便性というものを全く考えていない、典型的な悪い代表例だ。公園の案内板に「指定管理者 日比谷アメニス南部地区グループ(以下公園データ参照)」とあったので、ここに電話で問い合わせるのが早いだろう。公園パンフレットには問い合わせ先は大井スポーツセンターとなっているが、電話番号は同じだ。これもわかりにくくしている。

Syowajimakitaryokudo_4  広々とした公園で、潮風も気持ちいい。しかし、周囲に特に人が集まるスポットもなく、住宅もなく、駐車場もないので、土日でもあまり人が来ないのではないか?。テニスの練習をするには穴場の公園と思う。

公園データ
広さ 約7,500坪(24,800㎡)
遊戯施設 ・広場有り(キャッチボール可)
・テニスコート3面(ハードコート)
・テニス壁打ち場あり
・ローラースケート(スケートボード)練習可。
トイレ 有り
駐車場 無し
その他

・アクセス方法
 ・モノレール
  「昭和島駅」下車、徒歩9分
 ・京急バス
  JR「大森駅」東口、京急「平和島駅」から
  森25、36系統「昭和島グランド前」下車
  徒歩2分

・問い合わせ先
  日比谷アメニス南部地区グループ
   TEL:03-3790-2378
  東京港南部地区海上公園ガイドより

「都立昭和島北緑道公園 案内.pdf」をダウンロード

「海上公園ガイド(東京都作成).pdf」をダウンロード

所在地 (地図をクリック!)

東京都大田区昭和島2-3

|

« 公園噴水の停止命じる司法判断・波紋 | トップページ | 昭和島運動場&都立昭和島南緑道 - 昭和島1-7 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200205/17287990

この記事へのトラックバック一覧です: 都立昭和島北緑道公園 - 昭和島2-3:

« 公園噴水の停止命じる司法判断・波紋 | トップページ | 昭和島運動場&都立昭和島南緑道 - 昭和島1-7 »