2009年5月11日 (月)

呑川(新呑川) 散策 【大田区内】

Nomikawa_1 大田区の川というと、まず思い当たるのが多摩川だ。しかし、実は大田区のど真ん中を東西に横切っている川がある。呑川(新呑川)である。

公園ではないが、考えてみればこれはとてもいい散策コースなので、行かない手は無いということで取材した。

ちなみに呑川は二級河川。

Nomikawa_2 上流の大岡山から海老取川に注ぐまで、北西から東にかけて大田区の中央を約10kmの長さで横切っている。下流の東糀谷から上流の大岡山付近に向かって、歩いてみた。

海老取川へ注ぐ河口付近から産業道路と交差する辺りまでは、川沿いの道は無いので、川を見るには橋を探して迂回しなければならない。

この辺の呑川は、プレジャーボートや漁船などの係留場となっていて、小型の船が両岸にところ狭しと並んでいる。中には朽ち落ちている船もある。こういう船の管理はどうするのだろうか?。

都立大森緑道公園東糀谷第二公園東糀谷一丁目呑川公園桜梅公園大森諏訪公園大森南一丁目公園が川沿いにあるので、寄ってみるといいだろう。

Nomikawa_3 夫婦橋付近では京急の高架橋工事が続いている。この工事が終わると、この辺りの景色も一変するだろう。夫婦橋親水公園は呑川沿いの公園だ。

ところで、呑川とは、ウィキペディア(Wikipedia)によると、
「東京都世田谷区桜新町の東急田園都市線桜新町駅付近を水源とし、世田谷区深沢、目黒区八雲、東急東横線都立大学駅付近(目黒区中根付近)、東京工業大学付近、大田区石川町、雪ヶ谷、久が原、池上、蒲田(JR蒲田駅付近)を流れ、糀谷を抜けて東京湾に注ぐ。下流は、大田区東蒲田付近で旧呑川と新呑川に分流するが、いまの流路(本流)は新呑川になっている。洪水や氾濫を防ぐために直線化した新呑川(呑川)は、羽田空港との間の海老取川に注ぎ込んでいる。呑川という名称の語源として、その昔牛が誤って川に落ち水を飲んでしまうことがあったから、などといった説がある。」とある。

Nomikawa_4 あやめ橋まで来ると、蒲田の喧騒の中だ。

大田区の中心である蒲田を流れる呑川はやはり大田区を代表する川と言える。

広い道路に車が行きかう。その中でも、ふと自然がある。あやめ橋の傍らにあやめの群落(もちろん人工のものだが)がある。

Nomikawa_5 JR蒲田駅近くまで来ると、日本工学院専門学校の校舎が見えてくる。この辺りまでは水は汚い。屋形船の形をした水質浄化装置が水中に空気を送り込んでいる。前にテレビでアリゲーターガー(ワニの口をした外来種のどう猛な魚)が見つかったことがあった。ペットを放流するのはやめましょう。

この辺りまでが新呑川だ。旧呑川は東蒲田2丁目から北東に伸びていた。今は旧呑川緑地となっている。こちらも散策向きのいい緑道だ。

Nomikawa_6 本門寺近くまで来ると、川幅も細くなり、周囲の景色も全く違ってくる。下町の雰囲気はなくなり、清楚で静寂な燐とした空気に変わる。いつも感じることだが、神仏がいらっしゃるところは、空気が違う。臭いや温度、湿度ではない。感じる質感というか、気配と言うべきか、不思議だが、必ず変化する。

Nomikawa_7 寺町の中を呑川が流れていく。川の両岸の柵も、この辺りはデザインが凝っている。大田区内の小京都のような場所で、自然が豊かでとても落ち着く。桜並木があり、ツタが両岸にたれて、無味乾燥なコンクリートの壁を覆い隠している。いい散策路だ。

Nomikawa_8

本門寺を後にして、さらに進む。第二京浜道路を横切り、東海道新幹線、横須賀線を横切って行く。この辺りまで来ると、川の水も綺麗で澄んでいる。川の中を覗くと、大きな石が並べてあったり、川底にくぼみがあったりする。人工的なものだ。たぶん、魚の住みかとして造ったのだろう。この辺りは鯉も多い。

Nomikawa_9 川べりの公園が多い。散歩で疲れた足を休めるのにはいい。小さな児童公園が多い。この季節、花が綺麗だ。

大田区内の呑川は浸水対策のため、かなり底の深い川となっていて、川の両岸が切り立ったコンクリートの崖になっている。したがって川そのものを楽しむには向いていない。ぐっと川底を覗き込まないと川を見られないし、人工の川を見てもあまり楽しくはない。仕方のないことだ。むしろ、川の周りの景色の変化を楽しむつもりで散策することをお勧めする。

Nomikawa_10 さらに上流へ進み、中原街道を横切った辺りから大岡山にかけては、閑静な高級住宅街となる。緑も多く、歩いていて清々しい。石川公園付近は特に桜並木が美しい。桜の大木が涼しい木陰を提供してくれる。桜の枝が呑川に垂れ下がり、風情がある。

Nomikawa_11 北側に大岡山の東京工業大学の校舎が見えてきて、大田区内の呑川散策は終わる。

約10kmの散策はちょっときつい。適当にコースを選んで散策された方がいい。途中の公園に寄ってみるのもいい。やはり、コンクリート造りの川ばかり見ていると飽きます。

これより先、呑川は目黒区、世田谷区へと続く。実は呑川散策の大本命はこれより上流で、とてもすばらしい散策コースがある。大田区ではないが、成り行き上いつか紹介したいと思う。

公園データ
長さ 全長約10km
遊戯施設

川に入れるところはありませんでした。
散策のみ。遊戯施設は沿岸の公園を見てください(本文中に記載)。

トイレ なし(沿線の公園にあります)
駐車場 無し
その他

散策路です。公園ではありません。

所在地 (地図をクリック!)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月10日 (日)

番外編

ココに掲載する記事は番外編です。
大田区内でも他のカテゴリに属さない散策路や、大田区外の公園などで、良かったところをご紹介します。

呑川(新呑川) 散策 【大田区内】

|