2007年1月14日 (日)

馬込・山王 エリアの公園です

児童公園、児童遊園は小規模かつ数が多い(375箇所:2005.4.1現在)ので、対象には含みません

北馬込寺郷公園 - 北馬込2-14
中馬込貝塚公園 - 中馬込1-19
馬込二本木公園 - 西馬込1-9
馬込ゆりの木公園 - 西馬込1-27
馬込西公園 - 西馬込2-8
たぬき山公園 - 南馬込1-13
大倉山公園 - 南馬込3-24
南馬込うえだい公園 - 南馬込4-1
桜並木公園 - 南馬込4-11
龍子公園 - 南馬込4-49
南馬込五丁目公園 - 南馬込5-12
湯殿公園 - 南馬込5-18
桐里自然公園 - 南馬込6-15
蘇峰公園 - 山王1-41
山王公園 - 山王3-32
山王花清水公園 - 山王4-23
北馬込わくわく公園 - 北馬込1-7-9

|

2007年4月 1日 (日)

桜並木公園 - 南馬込4-11

Sakuranamiki_1 Sakuranamiki_2  その名の通り、桜並木の中心にある公園。
 都営浅草線の終点の西馬込駅から東方向に歩いて6分ほどに善照寺というお寺があり、ここから東南の龍子記念館に向かって続く530mほどの道沿いに桜並木が延々と続いている。この桜並木がすごい。樹齢何年だろうか、幹の太い立派な桜が、途切れなく続いている。写真のように開花の季節は圧巻だ。屋台もたくさん出ていて、お祭り気分だ。たくさんの人々が花見を楽しんでいた。並木通りなので、場所取りをして宴会というのは無理がある。散歩しながら、疲れたら屋台で何か買って、ベンチに座って食べるといった方が正解だ。
 公園としては、特に特徴はない。児童公園を少し大きくした程度で、遊具もブランコ、すべり台、砂場といった程度。こじんまりしている。
 ここの魅力はなんといっても、この並木道だ。訪れた日は桜が満開ですばらしいが、初夏の新緑、真夏の木陰での散策、秋の紅葉、いづれの季節もこの桜並木は充分に楽しめると思う。大田区の桜の名所の一つだ。
 散策のついでに龍子記念館とその公園に立ち寄ってみるのもいい。

写真2008.03.29再撮影して入れ替えました。

公園データ
広さ 約360坪(1,189㎡)
遊戯施設 ・すべり台 ・ブランコ ・砂場
・広場有り(野球、サーカーは禁止)
トイレ 有り(身障者用有り)
駐車場 無し
その他 ・長さ530mの桜並木
龍子記念館(財)大田区文化振興協会HPより

所在地 (地図をクリック!)

東京都大田区南馬込4-11 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月17日 (火)

北馬込寺郷公園 - 北馬込2-14

Kitamagometerago_1 Kitamagometerago_2 都営地下鉄浅草線の馬込駅から西へ230m:徒歩3分ほどのところにある。80mほど南側は環状7号線があり、さらに200mほど南東には、環状7号線と国道1号線が交差する松原橋交差点がある。というと車の騒音のうるさい場所のように思えるが、実際は静かな住宅街の一画にある。
 傾斜地に造られた公園で、3段構成となっている。西側の一段目は広場になっていて、トイレ、防災倉庫などがある。2段目はブランコ、砂場、鉄棒があるスペース。3段目は東側の出入り口で、急な階段になっている。この階段の横に斜面を利用して造られたコンクリート製の大きなすべり台がある。このすべり台がこの公園の最大の特徴だ。子供たちが楽しそうに遊んでいた。桜の木もあって、開花の季節には美しいだろう。
 傾斜地の公園はいろいろなアイデアを形にしやすいのであろうか?。概して傾斜地にある公園の方が楽しい遊具がある。変化もあるので、飽きにくい。
 住宅密集地にある、ちょっと古いが緑多いくつろげる公園だ。

公園データ
広さ

約310坪(1,036㎡)

遊戯施設 ・大きなすべり台(斜面を利用・コンクリート製)
・ブランコ ・砂場 ・鉄棒
・広場有り(野球、サーカーは禁止)
トイレ 有り
駐車場 無し
その他 ・傾斜地の公園
・緑多い

所在地 (地図をクリック!)

東京都大田区北馬込2-14

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中馬込貝塚公園 - 中馬込1-19

Nakamagomekaiduka_1 Nakamagomekaiduka_2 都営地下鉄浅草線の馬込駅から西南に830m:徒歩12分の所にある。住宅街の一角にあり、公園の北側には郵便局がある。公園の西には、大田区立中馬込児童館と、大田区立中馬込老人いこいの家が同居した施設(写真左・下)がある。又、南側は大田区営中馬込一丁目アパートがある。大田区の施設が集中してここに集まっている。児童館と、老人いこいの家と公園の組み合わせは、それぞれの施設が有機的につながって利用しやすく、とても合理的と思う。
 昭和54年に造られた古い公園で、遊戯施設も一般的なものだ。珍しいのは太い棒に枝のように突起が出ているものが5本地面から立ち上がっている遊戯施設(写真左・上から2番目)。
 広い開放的な平らな公園。訪問したときも親子連れや子供たちで賑わっていた。遊具等はちょっと古い感じだが、植えられた木々はよく育って、緑が心地いい。
 公園というものは地域の住民と、管理する行政機関と、そして時間が造っていくものだと感じる。

公園データ
広さ 約430坪(1,409㎡)
遊戯施設

・すべり台 ・ブランコ 
・ジャングルジム風アスレチック
・鉄棒 ・砂場
・太い棒に枝のように突起が出ている遊具
・広場有り(野球、サーカーは禁止)

トイレ 有り
駐車場 無し
その他 ・緑が豊か

所在地 (地図をクリック!)

東京都大田区中馬込1-19

| | コメント (0) | トラックバック (0)

馬込二本木公園 - 西馬込1-9

Magomenihongi_1 Magomenihongi_2 都営地下鉄浅草線の南の終点、西馬込駅から北に530m・徒歩8分の所、東京都交通局馬込車両工場跡地のすぐ東側の坂を上り始めたところにある。公園の横の坂を上っていくと、閑静な住宅街が続いている。坂を上るにつれ土地のパワーも上がように感じる。
 傾斜地にある公園なので、2段構成となている。上段は広々とした広場。周りに樹木が茂っていて気持いい。下段は遊具がある児童向けのエリア。遊具は段差をうまく利用した螺旋のすべり台、アスレチック風の木製のはしご、ブランコ、砂場といったもの。
 全体にとても見晴らしのいい所で、目が疲れた時などは、ここに来ると、遠くを見てリラックスできる。晴れていれば、とてもすがすがしい気分になれるだろう。小さな公園だが、とてもいい雰囲気を持っている。
 目前には、広大な東京都交通局馬込車両工場跡地が広がっている。ネットで検索すると、この跡地を巡って、すったもんだしている。都から譲り受け大きな公園とする提案もあるようだ。もし、公園となるとすれば広大な敷地なので、萩中公園や平和島公園と並ぶ大公園になる。ただ、土壌汚染があるようなので、しばらくはこのままかもしれない。

公園データ
広さ

約380坪(1,238㎡)

遊戯施設

・すべり台 ・ブランコ ・簡易アスレチック
・砂場 ・児童遊具
・広場有り(野球、サーカーは禁止)

トイレ 有り
駐車場 無し
その他 ・見晴らしがいい

所在地 (地図をクリック!)

東京都大田区西馬込1-9

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年4月21日 (土)

馬込ゆりの木公園 - 西馬込1-27

Magomeyuyinoki_1 Magomeyuyinoki_2 都営地下鉄浅草線の西馬込駅から北西へ370m:徒歩5分ほどのところにある。わずか80m西南にはココより大きな馬込西公園がある。ボール遊びをするにはこちらへ行った方がいい。馬込西公園を「動」の公園とすると、ここは「静」の公園だ。
 落ち着いたたたずまいである。傾斜地にある公園なので、園内に段差があって、変化があり飽きがこない。最上段はエントランス。公園の名称を表示した碑が馬の頭の彫刻となっている。ようやく「馬込」の地名に合ったモニュメントに出会った。2段目は広場。2段目と3段目をつなぐ階段の横に小さなコンクリート製のすべり台がある。3段目はブランコや幼児用遊具のある広場。一番下段はゆるい傾斜の芝生の斜面で、人口のせせらぎがある。夏になると稼動するのだろう。樹木も多く、周辺の環境も閑静な住宅街なので、ゆったりとすることが出来る。開放的な公園で、周りにフェンスはない。これもいい。
 大きな公園ではないが、静かで騒々しくなく、考え事などをするにはとてもいい。ゆっくりと心静かに過ごせる。どちらかというと小さな子供とお母さんのための公園といったところ。活動派は馬込西公園がお勧めだ。

公園データ
広さ 約420坪(1,377㎡)
遊戯施設 ・すべり台 ・ブランコ ・幼児用遊具
・広場有り(野球、サーカーは禁止)
・流れる人口川(夏場のみ?)
トイレ 有り
駐車場 無し
その他 ・馬の頭の彫刻が目印

所在地 (地図をクリック!)

東京都大田区西馬込1-27

| | コメント (0) | トラックバック (0)

馬込西公園 - 西馬込2-8

Magomenishi_1 Magomenishi_2 都営地下鉄浅草線の西馬込駅から西へ320m:徒歩5分ほどのところにある。丘陵地にあり、斜面を利用し、高低差があり変化に富んでいる。比較的大きな公園だ。公園下部正面の時計台が印象的だ。
 どちらかというと運動公園的要素が強い。多くの人たちで賑わっていたが、皆アクティブな人たちだ。上の方へ上がると静かな林もあるが、ゆっくり考え事をしたいなら、80m北東にある馬込ゆりの木公園に行ったほうがいい。馬込ゆりの木公園を「静」の公園とすると、ここは「動」の公園だ。
 この公園にはいくつも特徴がある。
 1番目は、ボール遊びのできる広場が2箇所あること。その広場は公園の一番下に降りたところにある。南側の広場は天井までネットがかぶせてあり、外にボールが出る心配は無い。多くの人が野球をしていた。ここはゲートボール場にもなる。北側の広場はもっと広く、天井のネットはない。ここでは、野球、サッカーができる。広場横の道沿いには人口のせせらぎまり、夏場は涼しげだ。
 2番目は小さな屋外ステージ風の観客席と広場があることだ。住宅街なので、大きな音は出せないがクラブ活動などのちょっとしたオリエンテーションなどには使えそうだ。

Magomenishi_3  3番目は、ユニークな遊具が多いことだ。ロープをあやとりのように編み上げた珍しい遊具。螺旋状にぶら下がり渡りできる遊具。腹筋体操?の遊具。乗馬?遊具。吊り輪と吊り鉄棒。公園の案内板にはストリートアスレチックという名称で紹介されている。他にはブランコ、すべり台がある。ブランコは公園上部にも別に1台ある。
 元気な子供たちと遊びにくるには、楽しく遊べて、とてもいい公園だ。公園案内板写真を以下でダウンロードできます。

公園データ
広さ 約1,700坪(5,563㎡)
遊戯施設 ・ロープをあやとりのように編み上げた遊具
・螺旋状にぶら下がり渡りできる遊具。
・腹筋体操?の遊具
・乗馬?遊具。
・吊り輪、吊り鉄棒
・すべり台 ・ブランコ(2台)
・いこいの広場(野球、サーカーは禁止)
・屋外ステージ広場(野球、サーカーは禁止)
・広場1(野球、ゲートボール、等可)
・広場2(野球、サッカー、等可)
・流れる人口川(夏場のみ?)
トイレ 有り(身障者用有り)
駐車場 無し
その他 「公園案内.pdf」をダウンロード

所在地 (地図をクリック!)

東京都大田区西馬込2-8

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月26日 (木)

蘇峰公園 - 山王1-41

Soho_1 Soho_2 JR京浜東北線の大森駅から北西へ1100m:徒歩17分、又は、都営地下鉄浅草線の馬込駅から東南に920m:徒歩14分の所にある。閑静な高級住宅街の中にある。お年寄りはバスを利用したほうがいいだろう。私は大森駅から歩いて行ったが、道に迷った。住宅街の細い道を地図を頼りに向かったが、非常にわかりにくい迷路のような道だ。行き着くまでも楽しめる。さらに、この辺りは起伏があり、坂道が多く、景色の変化が大きい。これも楽しい。
 「近代日本国民史・全100巻」を完成させた徳富蘇峰(1863~1957)が、山王草堂と称して居宅としていた庭園と住宅を、1943年に静岡新聞社より大田区が譲り受け公園とした。詳しくは以下参照。
 丘陵地にある純日本庭園だ。園内には小さな池が作られている。散策路が充実していて、うっそうと茂った林からの木漏れ日が気持いい。心穏やかになる。自然の美しさを生かしながら、そこに人間の生活を調和させる有様は、まさに日本庭園の美しさだ。
 園内にある山王草堂記念館は徳富蘇峰の居宅だったところだが、彼にまつわる品々が展示してある。入館は無料だ。尚、本公園は開園時間があるので注意のこと。
 大田区の公園の中でも、池上梅園とともに、代表的な純日本庭園だ。遊具は無い。わびさびの解かる大人のための公園だ。Soho_3

公園データ
広さ 約1,200坪(4,070㎡)
遊戯施設 なし
トイレ 有り(身障者用有り)
駐車場 無し
その他

・純日本庭園
・開園時間:9:00~17:00
  入園は16:30まで。
 休園日:12月29日~1月3日

蘇峰公園:大田区ホームページより
山王草堂記念館:大田区ホームページより
山王草堂記念館:大田区文化振興協会HPより
「山王草堂記念館パンフ.pdf」をダウンロード

所在地 (地図をクリック!)

東京都大田区山王1-41

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年4月28日 (土)

たぬき山公園 - 南馬込1-13

Tanukiyama_1 Tanukiyama_2 都営地下鉄浅草線の馬込駅から南東へ600m:徒歩9分、環状7号線を渡ってちょっとの所にある。かなり傾斜のきつい丘陵地にあり、うっそうとした林というよりは森である。森全体が吸音材になっているのだろう。園内は環七の騒音も聞こえず、静かだ。まさに、たぬきが居てもおかしくないほど、自然が溢れている。また、桜の名所でもある。園内のあちこちに桜の大木が植わっている。だが、待てよ!。桜が多いということは人間が造った森ということか・・・理由はこちら。
 訪れたときは新緑の季節だったので、鮮やかな緑が心地いい。東南のふもとの入り口には案内板がある。たぬきのファミリーの絵が迎えてくれる。都内でもあちこちで野生のたぬきが出没しているが、ここには居ないのかな?。本当にたぬきがいたら楽しいが・・・。
 横長だが広い公園で、出入り口は4箇所ある。ふもとの両脇の2箇所、上側に2箇所。東南のふもとの入り口を入るとすぐにきつい階段があり、登っていくと右側に広場がある。ちょっと見ない形の珍しいアスレチック遊具、コンクリート製の大きめの滑り台と綱登り、休憩所がある。この広場を抜けて、北西に向かって歩くと狭まった部分があり、左側は大田区立南馬込第二保育園、右側は切り立ったがけで、下は民家だ。上下2段の散策路になっている。

Tanukiyama_3 Tanukiyama_4

 南馬込第二保育園にはこの公園に出入りできる専用門があって、児童が容易に行き来できるようになっている。保育園と公園が有機的につながっている。この大きな公園が保育園の庭を兼ねていて、子供には楽しい。
 上の散策路を行くと、左側に登る階段があり、その上には、ブランコ、すべり台、砂場のある小さな児童向けのスポットがある。ここにも出入り口がある。児童エリアを戻って、さらに階段を降りていくと北西側のふもとの出入り口に行き着く。公園全体が迷路のような雰囲気があって、楽しい。
 この森にはたくさんの樹木があって、最初は人間が関与したかもしれないが、結果としてはそれらが自然の森に育って生きている。特にこの森は子供たちの原体験を育む上で重要だ。都会にあって、この森はトトロの住まう数少ない神聖な場所だ。昆虫などの生き物や、小動物なども多いことと思う。すばらしい森だ。
 最近では、不審者対策などで、見通しのよい公園も多いが、この森は貴重だ。人工的に整備された公園とは異なり、まだ自然に住まう神様がいるのではないかと思われる神秘性がある。ぜひこのままの形でいつまでも保存して欲しい。

Tanukiyama_5_2 2008.04.05に再度来てみた。桜が綺麗だ。

公園データ
広さ 約920坪(3,028㎡)
遊戯施設 ・すべり台 ・ブランコ ・砂場
・アスレチック
・コンクリート製の滑り台と綱登り
・広場有り(野球、サーカーは禁止)
トイレ 有り
駐車場 無し
その他 ・傾斜きつい森の公園
「たぬき山公園案内.pdf」をダウンロード

所在地 (地図をクリック!)

東京都大田区南馬込1-13

| | コメント (0) | トラックバック (0)

湯殿公園 - 南馬込5-18

Yudono_1 Yudono_2 都営地下鉄浅草線の南の終着駅の西馬込駅から東へ300m:徒歩4分、閑静な住宅街にある。ここら辺は、湯殿公園、南馬込五丁目公園南馬込うえだい公園と、公園が集中している。さらに、南馬込五丁目公園の裏手は大田区立郷土博物館がある。せっかくなので、来られた方はそれぞれ散策してみるのもいいだろう。
 本公園は湯殿神社の西隣りにある。入り口は狭く1箇所しかないので、ともすると見過ごしてしまうので注意のこと。湯殿神社は山形県の出羽三山(月山、羽黒山、湯殿山)の三つの山の山岳信仰の一つとされる。また、この辺りは戦国時代には後北条氏の家来の三河守の梶原助五郎の所領で、その城郭があったところとされる。その名残かどうかは解からないが、入り口を進んでいくと城門をイメージさせる石柱が2本立っていて、奥は石垣作りになっている。
 公園はやや大きな広場とせせらぎから構成されている。せせらぎは湯殿神社から流れてくる井戸水を使って造られているので、年中水が流れている。このせせらぎはあまり人工的な感じがしないので、とてもいい。水辺に佇むと心が洗われる、とまではいかないがほっとして休まる。神社の鎮守の森がバックにあるので、奥のほうは神秘的でなおいい。
 広場には、ブランコと砂場がある。小さな公園だが、奥まったところにあるのと、神社のそばにあるのとで、落ち着いた静かな公園だ。しかし、公園の周りには住宅もあるので、人目もあり怖い感じはない。小さな子供を遊ばせたり、物思いにふけるにはいいところだ。
 南馬込はどこも起伏に富んでいて、歩いていてもとても変化があって楽しい。また、文化的、歴史的にも奥深い地なので、いい散歩コースだ。

公園データ
広さ 約470坪(1,543㎡)
遊戯施設 ・ブランコ ・砂場
・広場有り(野球、サーカーは禁止)
・流れる人口川(井戸水なので年中)
トイレ 有り
駐車場 無し
その他 ・湯殿神社の西隣りにある

所在地 (地図をクリック!)

東京都大田区南馬込5-18

| | コメント (0) | トラックバック (0)