2007年7月11日 (水)

くすのき公園 - 下丸子4-24

Kusunoki_1 東急多摩川線の鵜の木駅から南西に530m:徒歩8分にある公園。多摩川沿いにパークハウス多摩川というマンションがあり、その手前にある。公園南側には大田区立特別養護老人ホームたまがわ、大田区立たまがわ高齢者在宅サービスセンター、大田区立地域包括支援センターたまがわ、大田区立シルバーピアたまがわ が一緒になった施設がある。一方、公園北側には、大田区立下丸子高齢者在宅サービスセンター、大田区立シルバーピア下丸子、大田区立下丸子四丁目児童館が一緒になった施設がある。大田区の施設が密集した地域だ。

Kusunoki_2  くすのきの大木が公園中央に2本ある。公園の名前の由来だろう。L字型の公園である。南側の入り口を入ると、東南方向に散策路が伸びている。散策路脇には樹木が生い茂り、アジサイが綺麗だ。一方北側には公園本体が細長く広がっていて、奥行きがある。南側の入り口付近が公園中央で、すべり台とブランコが一緒になったアスレチック複合遊具、鉄棒、砂場、幼児用遊具がある。くすのきの大木の北側には2連のブランコがある。北側は草っぱらの広場になっている。

Kusunoki_3  平成2年4月に完成した公園だ。この公園は大田区ふれあいパーク活動に参加していて、地元の「文化と緑を守る会」が大田区との協定に基づき、運営管理・清掃・点検活動を行っている。ゴミもなく清潔な公園だ。

Kusunoki_4  大田区の2つの老人施設に挟まれたこの公園は、お年寄りの憩いの場だろう。多摩川べりには多摩川ガス橋緑地があるが、遊具はあまりないので、幼い子供を遊ばせるにも必要な公園だ。ここからガス橋の下流の向かっては大きなマンション群が林立する巨大集合住宅エリアになった。昔の油臭い工場地帯の面影は今はない。落ち着いた雰囲気の緑溢れる公園だ。

公園データ
広さ 約720坪(2,374㎡)
遊戯施設 ・アスレチック複合遊具
・鉄棒 ・砂場 ・幼児用遊具 ・ブランコ
・広場有り(野球、サーカーは禁止)
トイレ 有り
駐車場 無し
その他

大田区立特別養護老人ホームたまがわ

大田区立たまがわ高齢者在宅サービスセンター

大田区立地域包括支援センターたまがわ

・大田区立シルバーピアたまがわ

大田区立下丸子高齢者在宅サービスセンター

・大田区立シルバーピア下丸子

大田区立下丸子四丁目児童館

大田区ふれあいパーク活動

所在地 (地図をクリック!)

東京都大田区下丸子4-24

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月 7日 (土)

下丸子公園 - 下丸子4-21

Shimomaruko_1 東急多摩川線の下丸子駅から南西に490m:徒歩7分にある公園。多摩川沿いにあるザ・リバープレイスという大型の高層マンションの隣にある。公園としては新しい。この公園、マンションなどを含めた一帯はその昔、三菱重工の丸子工場があったところだ。トラック等を作っていた。川べりの土手からこちらを見ると、出来上がったばかりのトラックが何台か置いてあったことを覚えている。三菱重工がこの地から撤退して空いた、広大な土地が生まれ変わった。したがって、この辺りの建物と施設は全て新しい。綺麗に整備され、現代的な街並みだ。昔の油臭い工場地帯の面影はない。
 割と大きな公園で、運動施設が完備している。運動会も開催できる広大な多目的広場、運動広場、テニスコート:2面がある。ではマンションの住人のための公園かというと、そうでもない。このマンション自身は広大な庭園も持っている。むしろこの公園と同等の公園がマンションの中にあると言ってもいい。公営住宅の庭園を公園にすることがよくあるパターンだが、ここは異なる。この公園には珍しく駐車場を完備している。近隣地域だけでなくもっと広範囲の区民に利用されるための公園だ。
 公園の東の角部分は人口のせせらぎと散策路がある。矢口の渡しの船のモニュメントがある親水散策路だ。

Shimomaruko_2  ここには、多摩川を川崎側に渡るためあった、矢口の渡しについての由来を説明したパネルもある。以下に内容を紹介する。
 中世の多摩川は今より東へ大きく湾曲していて、新田義興:にったよしおき が1358年に討ち死にしたころの渡し場は、現在の新田神社付近であったそうだ。江戸時代に平賀源内により、戯作「神霊や矢口渡」が作られ、歌舞伎に上演されるに至り、有名になった。渡し場は多摩川の流路の変遷とともに、その位置を幾度となく変えた。明治30年:1897年に和田英作が描いた「渡頭の夕暮」と題する、矢口の渡しの風景画が有名。この渡しは大田区内最後の渡し舟として昭和24年:1949年まで存続した。
 せせらぎは水量も多く、子供たちの絶好の遊び場だ。夏場は特にいい。流れ着く先は池になっていて、ここに矢口の渡しの舟のモニュメントがある。船の横に水の吹き出し口が舟に平行にセットされていて、あたかも舟が水面を進んでいるかのような演出も凝っている。
 人口のせせらぎと散策路の北側は遊具のあるこども広場になっている。

Shimomaruko_3  いろいろな遊具がある。ローラー敷きすべり台、ブランコ、雲悌が一緒になったアスレチック複合遊具、砂場、ジャンプして鐘を鳴らすと飛んだ高さがわかる遊具、鉄棒、平均台、幼児用遊具など。中でも珍しいのはシーソーだ。完全に絶滅したかと思っていたが、ここにあった。安全のためにゴム製のストッパーがついているが、紛れもない昔懐かしいあのデザインだ。
 公園中央は多目的広場と運動広場がある。

Shimomaruko_4   多目的広場は運動会ができるほどの広さだ。案内図では6分割されているが、実際は大きな運動場があるのみ。特に運動場として貸し出しているわけではない。ゲートボールも出来る。ただしゲートボールは利用時間に制限がある(平日は8:00~12:00まで。土日祝日は利用不可)。運動広場ではフットサル、バスケット、などが出来る。フットサル用のゴールとバスケットゴールが用意されている。土日、祝日は当日予約が必要。

Shimomaruko_5_1  公園の西南側にはいこいの広場、駐車場、テニスコートがある。いこいの広場は樹木が多く植わっている。現在はまだ苗木が少し伸びた程度だが、10年も経つと木陰を提供してくれる林になってとても良くなると思う。公園の最後の仕上げは時間が行うのだ。
 駐車場は有料で、10台駐車できる。¥100/30分だ。あまり満車になることはなさそうだ。ガス橋緑地の駐車場が満杯のときはこちらに停めるのも1案だ。
 テニスコートは全天候型コート2面、ナイター設備が完備していて夜でもプレイできる。更衣室、トイレも完備。7:00~21:00まで使用できる。テニスコートは有料で、予約が必要。詳しくは以下公園データ参照。

Shimomaruko_6  公園の周辺は先に紹介した、ザリバープレイスマンション、スーパーの「オリンピック」、キャノン本社がある。オリンピックには大きな駐車場があり、いつも空いていて、かつ現時点では無料なので買い物には便利だ。BBQ用の食材や炭、器具などを調達してガス橋緑地に行くという手もある。
 高層マンションを中心に、ハイセンスな新都市と言う雰囲気の中の公園だ。広々としていて、とても開放的だ。この地に移り住んできた人々、古くからここに住んでいる人々、そして遠方から足を運んでやって来る人々、多くの区民に愛される運動派向けの公園である。

公園データ
広さ 約3,900坪(12,813㎡)
遊戯施設

・すべり台、ブランコ、雲悌付きアスレチック複合遊具
・砂場 
・ジャンプ高測定遊具 ・鉄棒 ・平均台
・幼児用遊具
・多目的広場(野球、サーカーは禁止)
 ゲートボール:
   利用時間8:00~12:00 平日のみ
   広場の半分のみ
・運動広場(フェンス付き広場)
  フットサルで使用可能:フットサルゴール有り
  バスケットで使用可能:バスケットゴール有り
  利用方法:
   平日は受付簿に記入して利用、
   1時間/1チーム使用可能
   土日祝日は7:30より当地にて予約受付。
  詳しくはこちら:大田区HP

・流れる人口川(夏場のみ?)
  矢口の渡しのモニュメント

うぐいすネットで予約
  全天候型テニスコート2面
  ナイター設備完備
  更衣室、トイレも完備。
  7:00~21:00まで使用可
   詳しくはこちら:大田区HP

トイレ 有り(身障者用有り)
駐車場 有り
 普通車のみ(大型バス、マイクロバスは不可)
 ¥100/30分
 利用時間
  3月~11月
   入場 6:30~20:30 出場:6:30~21:30 
  12月~2月
   入場 7:30~20:30 出場:7:30~21:30 
その他

下丸子公園:大田区HPより

「下丸子公園_案内.pdf」をダウンロード

所在地 (地図をクリック!)

東京都大田区下丸子4-21

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月29日 (火)

下丸子なかよし公園 - 下丸子2-18

Shimomarukonakayoshi_1 Shimomarukonakayoshi_2 東急多摩川線の武蔵新田駅から南西に500m:徒歩8分の所にある。大田区立下丸子図書館の横にある公園。
 周辺は精密加工の工場やマンション、住宅が混在する地域だ。新田神社が300mほど東の所にある。多摩川に近いとマンション群ばかりになるが、この辺りはまだ、工場も一戸建て住宅も多い。
 公園入り口付近に石のオブジェがあって、これが結構存在感がある。手前は砂場、すべり台がある遊具広場。中央は木々が植えられ、その先は遊具広場となっている。小さな公園で、落ち着く公園だ。訪問したときは、小さな子供を連れた親子で溢れていた。
 遊具はブランコ、すべり台、砂場、アスレチック複合遊具。中央の木に綺麗な花が咲いていた(写真下:すみません。何の種類の木か確認していません)。
 図書館で疲れたら、この公園で目を休めるのもいい。ほっとできる空間だ。尚、本公園は入園時間があり、夜間ははいれないので注意のこと。

Shimomarukonakayoshi_3

公園データ
広さ 約330坪(1,083㎡)
遊戯施設 ・ブランコ ・すべり台 ・砂場
・アスレチック複合遊具
・広場有り(野球、サーカーは禁止)
トイレ 有り(ただし下丸子図書館身障者用有り)
駐車場 無し
その他

大田区立下丸子図書館:大田区HPより

・入園時間制限有り
 夜間は入園不可
 (時間表示がないので、詳細は不明)

所在地 (地図をクリック!)

東京都大田区下丸子2-18

| | コメント (0) | トラックバック (0)

下丸子二丁目公園 - 下丸子2-24

Shimomaruko2_1 Shimomaruko2_2 東急多摩川線の武蔵新田駅から南西に850m:徒歩13分の所にある。ゴミ焼却場の多摩川清掃工場の北側にある。南隣が下丸子多摩川公園だ。名前の異なる2つの公園だが、実質1つの公園と考えていい。下丸子多摩川公園は広場を分担、本公園は遊具を分担している。両公園の西隣には都営下丸子二丁目アパートがあり、このアパートの庭園に位置する。アパートといっても、写真のように作りは高層マンションと同じだ。住人も多い。このような公園は必要だ。
 周辺は精密加工の工場やマンション、住宅が混在する地域だ。川に近づくにしたがって高層マンションが多くなる。工場はずいぶん減った。
 ここは遊具のある公園。下丸子多摩川公園同様に緑溢れる公園だ。桜が多いので開花の季節は綺麗だろう。バーゴラの屋根の部分が壊れたのか、現在無い状態。しかし、不思議にアーティステックになって、新鮮だ。又、本公園の一画は現在下水道工事中だ。
 遊具はブランコ、すべり台、幼児用遊具。ただ、工事が終わってそこが再整備されると変わるだろう。
 落ち着いた頃また訪れて追加レポートしたい。

公園データ
広さ 約550坪(1,811㎡)
遊戯施設 ・すべり台 ・ブランコ ・幼児用遊具
・広場有り(野球、サーカーは禁止)
トイレ 有り
駐車場 無し
その他 ・広い広場で遊びたいときは、隣の下下丸子多摩川公園に行く。

大田区立下丸子保育園:大田区HPより

所在地 (地図をクリック!)

東京都大田区下丸子2-24

| | コメント (2) | トラックバック (0)

下丸子多摩川公園 - 下丸子2-24

Shimomarukotamagawa_1 Shimomarukotamagawa_2 東急多摩川線の武蔵新田駅から南西に850m:徒歩13分の所にある。ゴミ焼却場の多摩川清掃工場の一画が公園となっている。北隣が下丸子二丁目公園だ。名前の異なる2つの公園だが、実質1つの公園と考えていい。下丸子二丁目公園は遊具を分担、本公園は広場を分担している。両公園の西隣には都営下丸子二丁目アパートがあり、このアパートの庭園に位置する。アパートといっても、写真のように作りは高層マンションと同じだ。住人も多い。このような公園は必要だ。
 周辺は精密加工の工場やマンション、住宅が混在する地域だ。川に近づくにしたがって高層マンションが多くなる。工場はずいぶん減った。近くには大田区立下丸子保育園がある。
 ここは広場のみの公園。周囲を高い木々が囲み、緑豊かだ。桜も植わっていて、開花の季節には綺麗だろう。広場は2箇所に分かれてある。結構広いので、子供たちが駈けずり回るにはいい。遊具で遊びたいときは、隣の下丸子二丁目公園に行けばいい。
 公園奥には多摩川清掃工場に通じる出入り口があるが、常時は閉鎖されている。災害時に多摩川河川敷に避難するためのものだ。
 ゴミ焼却場と聞くとなんとなく汚いとか、臭いなどのイメージがあるが、実際には匂いもないし、周辺にはゴミも全くないし、近代的な建物で清潔そのものだ。出来れば、多摩川清掃工場内を公園化して欲しいほどだ。そうしたら、ずいぶん広い公園が出来上がる。

公園データ
広さ 約910坪(3,013㎡)
遊戯施設 ・広場有り(野球、サーカーは禁止)
・ゲートボール場有り
トイレ 有り
駐車場 無し
その他

・遊具で遊びたいときは、隣の下丸子二丁目公園に行く。

大田区立下丸子保育園:大田区HPより

所在地 (地図をクリック!)

東京都大田区下丸子2-24

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月28日 (月)

矢口二丁目公園 - 矢口2-21

Yaguchi2_1 東急多摩川線の武蔵新田駅から南に940m:徒歩14分の所にある。都営矢口二丁目アパートと大田区立矢口第二保育園の庭園だ。2棟のアパートに挟まれた広大なスペースを公園としている。奥手には大田区立矢口第二保育園がある。アパート左手の1階が園舎となっていて、写真奥が保育園の運動場となっている。
 写真左の棟の奥には児童公園とアパートの住人の花壇がある。周辺は精密加工の工場やマンション、住宅が混在する地域だ。この辺りは特にマンションが多い。南に200Mほど行くと多摩川だ。ガス橋緑地や多摩川大橋緑地がある。この一帯は公園面積は多いが、木々の緑は多摩川には少ないので、この公園の植栽は貴重だ。

Yaguchi2_2  公園入り口付近は昨年工事してリニューアルした。石製のオブジェ兼椅子がアーティスティックに並んでいて品格が上がった。
 遊具は、木製のアスレチック複合遊具にロープウェイが2基付いたもの、ブランコ、砂場、幼児用遊具。

Yaguchi2_3  入り口から向かって左の棟の奥には児童公園とアパートの住人の花壇がある。児童用のプレイコンボやすべり台が置いてある。
 その奥にはアパートの人々の花壇があって、綺麗な花々が咲いていた。

Yaguchi2_4  地域の人々ための公園だ。特に都営矢口二丁目アパートの住人にとっては、いろいろなイベントを開催する貴重な広場でもある。大田区立矢口第二保育園の園児たちの第二の運動場でもある。見通しがいいので、変質者が侵入しにくいので、子供を遊ばせるのにもいい。
 北東隣は大田区の矢口特別出張所と矢口区民センターが一緒になった施設があり、地下には室内温水プールもあるので、運動したあとに一息つくのにもいい。

公園データ
広さ

約990坪(3,268㎡)

遊戯施設

・木製のアスレチック複合遊具とロープウェイが2基
・ブランコ ・砂場 ・幼児用遊具
・広場有り(野球、サーカーは禁止)

トイレ 有り(身障者用有り)
駐車場 無し
その他

大田区立矢口第二保育園

矢口区民センター:大田区HPより

矢口区民センター温水プール:大田区HPより

矢口特別出張所:大田区HPより

所在地 (地図をクリック!)

東京都大田区矢口2-21

| | コメント (0) | トラックバック (0)

矢口二丁目小公園 - 矢口2-21

Yaguchi2small_1 Yaguchi2small_2 東急多摩川線の武蔵新田駅から南に710m:徒歩11分の所にある。大田区の矢口特別出張所と矢口区民センターが一緒になった施設があり、その東側が小さな公園になっている。この施設の庭といったほうがわかりやすい。
 矢口区民センターの地下には室内温水プールがある。25m・7コースのプール。300mほど西にある多摩川清掃工場で発生する焼却熱を温水にして利用しているエコロジーなプールだ。個人的な話で恐縮だが、子供の頃よく泳ぎに来たものだ。当時は自宅にに近い東調布公園でも温水の室内プールは無かったので、わざわざここまで来たものだ。冬場の水泳練習には貴重な存在だった。
 矢口区民センターにはその他に、集会室、スポーツスタジオ、レクリエーションルーム などがある。詳しくは以下参照。
 矢口特別出張所は区への手続きを、蒲田の区役所まで行かなくてもここで済ませら得れるので、便利だ。
 公園としては小さなもので、遊具もない。あるのは深い緑と通路とベンチのみ。小さいながら、木々は高く茂り、緑は濃い。緑地としての意味は大きい。子供と遊びたい向きは、すぐ西隣に矢口二丁目公園があるので、こちらに行けばいい。
 欲を言うなら、矢口区民センターと一体化したらよかったと思う。現在は別々でフェンスで仕切られている。森のエントランスを抜けると奥に施設があるというのはいい感じになると思う。

公園データ
広さ 約270坪(883㎡)
遊戯施設 無し
トイレ 有り
駐車場 無し・ただし矢口区民センター内に有り
その他

・遊歩道有り

矢口区民センター:大田区HPより

矢口区民センター温水プール:大田区HPより

矢口特別出張所:大田区HPより

所在地 (地図をクリック!)

東京都大田区矢口2-21

| | コメント (0) | トラックバック (0)

矢口せせらぎ公園 - 矢口1-23

Yaguchiseseragi_1 Yaguchiseseragi_2 東急多摩川線の武蔵新田駅から東南に390m:徒歩6分の所にある。南隣が東京都立矢口養護学校で、この養護学校から公園へ直接出入りできる門もある。
 周辺は精密加工の工場やマンション、住宅が混在する地域だ。しかし、西に170mほどで戦国時代の悲劇のヒーローの新田義興:にったよしおき が祭られている新田神社、南には氷川神社、今泉神社など、神様も多い。また、近くに「ゴールデン鶴亀ホーム」という老人ホームがある。
 公園は四角形の平凡なもので、中央が広場になっている。入り口向かって右隣はマンション、左隣は工場、奥は東京都立矢口養護学校。
 せせらぎ公園という名前がつけられているが、せせらぎは無い。だが、以前はあったのだろう。痕跡はある。入ってすぐ左手に花壇があるが、ここに石垣があって、たぶんここがせせらぎになっていたのだろう。
 しかし、花壇はよく手入れされていて、とても綺麗だ。いろいろな花々が咲いていた。
 遊具は写真のものだけ。でも、これは今まで見たことの無い新種だ。土管のような形をしているが、ファイバー樹脂製で、下にスプリングで固定されていて、乗って遊べば馬のようにもなり、中に入れば土管のようでもある。面白い遊具だ。
 この公園は、近所の老人ホームのお年寄りには散歩の途中に足を休めるのにはいい。また、養護学校の生徒さんにも気分転換するにはいいだろう。
 やはり、せせらぎ公園というからには水辺を復活させて欲しいと思う。

公園データ
広さ 約320坪(1,062㎡)
遊戯施設 ・土管型?遊具
・広場有り(野球、サーカーは禁止)
トイレ 有り
駐車場 無し
その他 ・せせらぎは無い

所在地 (地図をクリック!)

東京都大田区矢口1-23

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月 4日 (日)

下丸子余情公園 - 下丸子4-9

2007_03_04_3 2007_03_04_4 余情公園の名からもわかるように、子供の遊び場というよりは、風情を重視した造りとなっている。遊戯施設はなく、親子連れで来るというよりは、高齢者の方々がちょっと散歩の途中に休む場所といった公園だ。
 公園の北東部分には流れる川が作られていて、夏には循環式で小川が出現するのだろうか?。訪問したときは3月なので、川はなく、形造っている大小の石があるのみだった。水の噴出口を調べてみたが、見つからなかった。あるいは、夏場も水は出ないのかもしれない。また、どういうわけか、公園の名称を記した碑も無かった。
 建物がひしめき合っていて、緑が少ない周辺環境の中にあって、開放された広場で構成された空間が、わびさびを演出するのはかなり無理がある。公園だけを見ると落ち着いた造りだが、周辺の景色や雰囲気に殺されてしまっている。せっかく造られた公園が、川が流れていないこともあるが、さびしい荒地のようだ。このような環境では、周囲とは隔絶した雰囲気を出さないと公園としてのアイデンティティーは保てないと感じた。
 もっと、樹木を多く植えて、広場ではなく緑地として、背の高い木々が周辺の建物を隠すように植わっていると、落ち着いて一息つけるいい公園になると思う。
 公園に囲まれるように、大田区立下丸子テンポラリー工場という建物がある。大田区内の老朽化した工場を建替える方のための一時操業場所として利用できるように大田区が建設した施設だ。

公園データ
広さ 約310坪(1,024㎡)
遊戯施設 ・広場有り(野球、サーカーは禁止)
・流れる人口川(夏場のみ?)
トイレ 有り
駐車場 無し
その他

・日本庭園風の造り

ふれあいパーク活動:大田区HPより

所在地 (地図をクリック!)

東京都大田区下丸子4-9 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月14日 (日)

下丸子・矢口・鵜の木 エリアの公園です

児童公園、児童遊園は小規模かつ数が多い(375箇所:2005.4.1現在)ので、対象には含みません

鵜の木松山公園 - 鵜の木1-6
くすのき公園 - 下丸子4-24
下丸子なかよし公園 - 下丸子2-18
下丸子二丁目公園 - 下丸子2-24
下丸子多摩川公園 - 下丸子2-24
下丸子余情公園 - 下丸子4-9
下丸子公園 - 下丸子4-21
矢口せせらぎ公園 - 矢口1-23
矢口二丁目小公園 - 矢口2-21
矢口二丁目公園 - 矢口2-21

<番外編>
六郷用水散策路

|