2007年5月10日 (木)

ふるさとの浜辺公園 - ふるさとの浜辺公園1-1

Hurusatonohamabe_1 京浜急行線の大森町駅から東へ1km:徒歩15分のところにある。2007年4月、平和の森公園の南側に隣接して、ふるさとの浜辺公園が新たに加わった。平和島公園平和の森公園とはほぼ隣り合わせで、これらの3つの公園の総面積は約223,500㎡、実に東京ドーム約5倍になる。都内でも有数の広大な公園群だ。
 その中で、ふるさとの浜辺公園は南に位置する。公園北隣は平和の森公園、公園西隣は貴船堀緑地、公園東側は京浜運河:海と言っていいだろう。
 ふるさとの浜辺公園は大きく2つの公園から構成されている。北部の芝生の広場を主体とした部分と、南部の砂浜を主体とした部分だ。かつての大森海岸を再現したという、入り江や干潟のある海浜公園だ。計画から20年でようやくできたとのこと。
 公園北部には、40台収容の有料駐車場や大田区の水面管理防災施設(クレーンを完備しており、平常時は船舶の修理施設、災害時は船舶に積んだ緊急物資の搬入を行う)がある。また、「海苔資料館」も建設中で、平成20年には完成予定とのこと。
 平和の森公園の南部:フィールドアスレチックなどがあるところに隣接していて、歩いてすぐだ。
 まだ出来たてほやほやの公園なので、芝も生え揃っていないし、樹木も苗木のままだ。桜やツツジが植えられている。これから、年月が経るにしたがって、公園として完成していく。広大で遮るものがないので、見晴らしがいい。まだ木陰がないので、夏は暑い。しかし、この広さはとてもいい。平和の森公園とは全く異なる雰囲気もいい。平和の森公園は森の公園に対し、こちらは海の公園だ。
 公園北部と南部は「浜辺橋」という歩道橋でつながっている。

Hurusatonohamabe_2  公園南部は展望広場とその下の釣りができる釣磯場、陸地側の海辺の自然広場、それと広大な白砂の砂浜からなる。
 公園北部から浜辺橋を渡ると、すぐに「展望広場」だ。小高い丘になっていて見晴らしがいい。といってもこの公園はどこでも見晴らしは最高だが・・・。
 展望広場を海へ降りていくと、釣磯場がある。ここは釣りが許されている。ただし、投げ釣りは禁止だ。石を敷き詰めた磯場のようにになっている。
 この場所から南に歩くとこれも広大な白い砂浜が現れる。まるで、沖縄の浜辺に居るようだ。晴れた日には照り返しでまぶしい。トラック何台分だろうか?。この白浜を作るのは大変だったろう。シジミの放流などもイベント開催に合わせてするようで、潮干狩りも楽しめる。残念ながら海水浴はできない。遊泳禁止だ。まあ、あまり海はきれいとは言えないので、泳がないほうが賢明だろう。焚き火、花火も禁止。この白い美しい砂浜を守るためには、致し方ないだろう。尚、浜辺での釣りは禁止。

Hurusatonohamabe_3  砂浜から陸に上がると「海辺の自然広場」となっている。芝生と遊歩道と植栽とトイレがある。遊具などはなく、ただ白い砂浜が続いている。とにかく広大な公園だ。
 夏場は、紫外線を気にしない向きには甲羅干しの絶好のスポットだ。ただ、更衣室はないので、工夫のこと。また、日を遮るものがないので、簡易テントかターフなどがあったほうがいい。親子で、恋人同士で、グループで楽しめる。海辺を満喫できる、都内では貴重な場所だ。
 オープンしたてで早くも馬鹿な連中が現れて、訪問した日は公園内のトイレ3箇所が破壊されて使えない状態だった。犯人は区内の中学生だそうだ。このような大規模で、周辺住民の監視が行き届かない公園の保安は難しい。夜間に門を閉ざしても、これだけ広いと、侵入者を阻止することは困難だ。大田区で監視するよりないが、大変だと思う。
 南側の公園出口を出たところに、アサリとシジミ売りのおじさんがいた。尚、本公園は入園時間があるので注意のこと。

 この公園を訪れる場合は、やはり平和島公園・平和の森公園・ふるさとの浜辺公園の3公園を合わせて、遊ぶ計画を立てることをお勧めする。1日では回りきれないかもしれないので、テーマを決めて計画するのがいいと思う。海風に吹かれて楽しい時間をどうぞ。

 【追記:2008.04.27】 大森海苔のふるさと館が4月6日に開館した。

Hurusatonohamabe_4

 かつて、大森周辺の海辺は海苔養殖発祥の地と言われ、国内有数の海苔の産地だったが、東京湾の汚染が進み、なおかつ、沿岸の埋め立てや羽田空港の拡張工事に伴い、昭和37年にその幕を閉じた。この歴史をとどめおくためにこの資料館が作られたとのこと。

Hurusatonohamabe_5

 興味深いのは、現在絶滅危惧種ともなった、「アサクサノリ」の生体が展示され、さらにアサクサノリの復活の拠点ともなっていることだ。
 館内にはさまざまな展示やビデオによる解説など、工夫されていて楽しい。海苔づくりの体験なども出来て、子供たちの校外授業の新しいスポットになった。この公園を訪れた際には寄ってみると面白い。

【追記:2008.10.05】 ローラースライダーと売店。

Hurusatonohamabe_6

 売店が7月に、長さ30mの大型のすべり台:ローラースライダーが8月に新設された。売店の営業は土日の11:00~16:00とのこと。日曜の12時近くに行ってみたが開店していない。あまりあてにしないほうがよさそうだ。ローラースライダーは子供たちに人気で賑わっていた。高低差が少ないので、スピードは出ないが安全ではある。幼児、小学生の低学年向きだ。

公園データ
広さ

東京ドーム 約1個分 約15,150坪(50,000㎡)

遊戯施設

・展望広場、海辺の自然広場
  長さ30mの大型のすべり台:ローラースライダー
  焚き火、花火禁止
・釣磯場
  投げ釣りは禁止
・砂浜
  遊泳禁止、焚き火、花火禁止

トイレ 有り(身障者用有り)
駐車場 有料駐車場有り(平和の森公園側)
  40台収容  ¥100/30分
  休場日:12月29日~1月3日
その他

・入園時間
 春;3月1日~6月14日 6:00~19:30
 夏;6月15日~9月14日 6:00~21:00
 秋;9月15日~11月14日 6:00~19:30
 冬;11月15日~2月末日 6:00~18:00

・休園日
 年末年始 12月29日~1月3日

・売店有り
 軽食、飲み物の販売。土日11:00~16:00営業。

「海苔資料館パンフレット.PDF」をダウンロード

大森 海苔のふるさと館:大田区HPより

ふるさとの浜辺公園:大田区HPより

「大田区報.pdf」をダウンロード

「公園案内.PDF」をダウンロード 

所在地 (地図をクリック!)

東京都大田区ふるさとの浜辺公園1-1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月 7日 (月)

平和の森公園 - 平和の森公園2-1 (南部:フィールドアスレチック、スポーツエリア)

Heiwanomori_field_1 京浜急行線の平和島駅から北東へ610m:徒歩9分のところにある。大森駅からバスも出ている。平和島公園・平和の森公園は大田区の公園の中でも最もメジャーで、ほぼ隣あわせの巨大な公園だ。2007年4月、平和の森公園の南側に隣接して、ふるさとの浜辺公園が新たに加わった。これらの3つの公園の総面積は約223,500㎡、実に東京ドーム約5倍になる。都内でも有数の広大な公園群だ。
 その中で、平和の森公園は北西に位置する。公園北隣は道を挟んで、平和島競艇場、そのとなりは温泉施設などがあるBIGFUN平和島。公園東隣は京浜急行バス大森営業所を挟んで、平和島公園。公園西隣は大田区大森スポーツセンターがある。公園のすぐ南西には都堀公園がそのまま続いている。また、公園南続きにふるさとの浜辺公園がある。
 平和の森公園は、中央に環状7号線が東西に走っているため、北部と南部の2つに分断されている。この公園だけで敷地面積は東京ドームの2倍強、広大な公園だ。構成は、北部は平和の広場とひょうたん池を主体とした自然公園、南部はフィールドアスレチック・弓道場・アーチェリー場・テニスコートなどの運動公園だ。1ページで掲載するにはあまりにもボリュームが多すぎるので、この公園は北部と南部に分けて紹介する。平和の森公園の案内図は以下公園データ参照。

Heiwanomori_field_2  このページは平和の森公園南部の紹介。ここは、スポーツゾーンだ。フィールドアスレチック、弓道場、アーチェリー場、テニスコート、ゲートボール場がある。中でもフィールドアスレチックは一般向けのスポットとして人気が高い。訪問した日も、親子連れで大変賑わっていた。ここは入場料が必要だ。このフィールドアスレチックコースは大田区の史跡や文化財をテーマに45種目で構成されている。それぞれの種目ごとに上の写真のような説明パネルがあって、大田区のどこの史跡に見立てて作られているか解説してある。はやる気持を抑えてよく読んでからチャレンジしてみたらいい。以下に1番目から45番目のアスレチックコースを紹介する。

Heiwanomori_field_3 Heiwanomori_field_4

Heiwanomori_field_5 Heiwanomori_field_6 Heiwanomori_field_7  弓道場、アーチェリー場、テニスコート、ゲートボール場は写真を撮り損ねたので、また行くことがあれば撮影して紹介する。
 フィールドアスレチックコースは都内でも有数のコースだ。ぜひ、親子でチャレンジしてみたい。尚、コース途中に池越えの種目もあるので、子供の着替えは必須だ。大人の着替えも持っていったほうがいい。更衣室もあるので、便利だ。

 この公園を訪れる場合は、やはり平和島公園・平和の森公園・ふるさとの浜辺公園の3公園を合わせて、遊ぶ計画を立てることをお勧めする。1日では回りきれないかもしれないので、テーマを決めて計画するのがいいと思う。海風に吹かれて楽しい時間をどうぞ。

【追記:2008.04.27】 弓道場・アーチェリー場、テニスコートを取材した。

Heiwanomori_field_8

両施設ともに、「ふるさとの浜辺公園」に隣接していて、この公園の最も南側にある。テニスコートは4面、全天候型コートでナイター施設もある。

Heiwanomori_field_9

弓道場とアーチェリー場は一緒になっていて、外からはよく見えない。詳しくは大田区ホームページを参照のこと。

公園データ (公園北部:環状7号線より南部分)
広さ 東京ドーム2.1倍 約3,000坪(99,039㎡)
(公園南北合わせた面積)
遊戯施設

フィールドアスレチックコース
  45種目、池有り、有料、更衣室有り。
  利用時間 9:30~15:00(終了時間は16:30)
  休業日 年末年始、
       毎週月曜日
       (祝日の場合は開場、翌平日休場)
       雨の翌日でコンディション不良の
       ときは休場
  使用料 高校生以上360円、
       小中学生100円。
       幼児は利用不可。
・アーチェリー場、弓道場
テニスコート
・ゲートボール場

トイレ 有り(身障者用有り)
駐車場 有り(環状7号線下・有料・44台・¥100/30分)
隣の平和島公園にも有料駐車場有り。
その他

平和の森公園:大田区HPより

大田区大森スポーツセンター:大田区HPより

平和の森公園テニスコート:大田区HPより

平和の森公園アーチェリー場・弓道場:大田区HPより

「平和の森公園案内.pdf」をダウンロード

「フィールドアスレチック案内.pdf」をダウンロード

・一部出入り口は夜間閉鎖
 「夜間閉鎖案内.pdf」をダウンロード

所在地 (地図をクリック!)

東京都大田区平和の森公園2-1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月 6日 (日)

平和の森公園 - 平和の森公園2-1 (北部:平和の広場、ひょうたん池)

Heiwanomori_1 京浜急行線の平和島駅から北東へ610m:徒歩9分のところにある。大森駅からバスも出ている。平和島公園・平和の森公園は大田区の公園の中でも最もメジャーで、ほぼ隣あわせの巨大な公園だ。2007年4月、平和の森公園の南側に隣接して、ふるさとの浜辺公園が新たに加わった。これらの3つの公園の総面積は約223,500㎡、実に東京ドーム約5倍になる。都内でも有数の広大な公園群だ。
 その中で、平和の森公園は北西に位置する。公園北隣は道を挟んで、平和島競艇場、そのとなりは温泉施設などがあるBIGFUN平和島。公園東隣は京浜急行バス大森営業所を挟んで、平和島公園。公園西隣は大田区大森スポーツセンターがある。公園のすぐ南西には都堀公園がそのまま続いている。また、公園南続きにふるさとの浜辺公園がある。
 平和の森公園は、中央に環状7号線が東西に走っているため、北部と南部の2つに分断されている。この公園だけで敷地面積は東京ドームの2倍強、広大な公園だ。構成は、北部は平和の広場とひょうたん池を主体とした自然公園、南部はフィールドアスレチック・弓道場・アーチェリー場・テニスコートなどの運動公園だ。1ページで掲載するにはあまりにもボリュームが多すぎるので、この公園は北部と南部に分けて紹介する。平和の森公園の案内図は以下公園データ参照。
 このページは平和の森公園北部の紹介。北側の出入り口から入ると、森に囲まれた散策路があり、その先に噴水池と平和の広場が広がる。まるで西欧の公園を思わせるような景色だ。広大に広がる平和の広場はすばらしい。噴水池の北側には、平和都市宣言碑があり、その上に母子像がある。遠近感があって、遠くを見るということはこのことだろうと思わせる。平和の広場の東西の散策路には区内の小中学生の制作したアート彫刻が並んでいる。散歩も楽しい。広場西側には児童遊園エリアがあり、子供向け遊具がある。

Heiwanomori_2  平和の広場を渡った公園中央には、カスケード:流れる滝がある。水が石柱より湧き出し階段状のせせらぎを流れ、ひょうたん池に注ぎ込む。ここまでは、近代的な公園というイメージだが、ココから南側は自然公園になる。南側中央には見晴らし広場と名づけられた小高い丘があり、ピクニックでお弁当を広げるにはうってつけだ。桜がたくさん植わっており、開花の季節には美しいだろう。見晴らし広場を西に下りるとひょうたん池がある。この池は釣りが出来るようになっていて、いつも太公望が竿をたれている。なんと、平和の森釣会という団体がありこの池の水質管理も行っているようだ。たて看板に寄生虫駆除剤散布のお知らせが掲示してあった。禁止事項有り(公園データ参照)。

Heiwanomori_3
 ひょうたん池の南端は水性植物園になっている。湿地が形成されていて、そこに水性植物が数多く植わっている。訪れた日はアヤメが美しく咲いていた。桟橋状の渡り廊下が設置してあり、自由に観察することができる。ここは子供たちの楽園だ。手作りの竿で何やら採っていた。水棲昆虫かな?。
 見晴らし広場の東側は散策路で縦長の梅園になっている。梅の季節は綺麗だろう。
 いろいろな楽しみ方ができ、一日をゆったりと過ごせる。森に囲まれた美しい広大な公園だ。
 尚、北側と西側の出入り口は、夜間は閉鎖されている。マナーの悪い輩の出入りを制限するためだ。やはりギャンブル場に隣接する公園だからか?。

 この公園を訪れる場合は、やはり平和島公園・平和の森公園・ふるさとの浜辺公園の3公園を合わせて、遊ぶ計画を立てることをお勧めする。1日では回りきれないかもしれないので、テーマを決めて計画するのがいいと思う。海風に吹かれて楽しい時間をどうぞ。

公園データ (公園北部:環状7号線より北部分)
広さ 東京ドーム2.1倍 約3,000坪(99,039㎡)
(公園南北合わせた面積)
遊戯施設 ・すべり台 ・ブランコ ・簡易アスレチック
・ジャングルジム ・渡り遊具
・広大な広場有り(野球、サッカー禁止)
・噴水広場有り
・流れる人口川 ひょうたん池
 釣り可(禁止事項有り)
 「釣り場の注意事項.pdf」をダウンロード
・水性植物園有り
・梅園
・桜の広場(見晴らし広場)
トイレ 有り(身障者用有り)
駐車場 有り(環状7号線下・有料・44台・¥100/30分)
隣の平和島公園にも有料駐車場有り。
その他

平和の森公園:大田区HPより

大田区大森スポーツセンター:大田区HPより

「平和の森公園案内.pdf」をダウンロード

・一部出入り口は夜間閉鎖
 「夜間閉鎖案内.pdf」をダウンロード

所在地 (地図をクリック!)

東京都大田区平和の森公園2-1

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年5月 4日 (金)

平和島公園 - 平和島4-2

Heiwajima_1 京浜急行線の平和島駅から東北東へ740m:徒歩11分のところにある。大森駅からバスも出ている。平和島公園・平和の森公園は大田区の公園の中でもメジャーで、ほぼ隣あわせの巨大な公園だ。2007年4月、平和の森公園の南側に隣接して、ふるさとの浜辺公園が新たに加わった。これらの3つの公園の総面積は約223,500㎡、実に東京ドーム4.8倍になる。都内でも有数の広大な公園群だ。
 その中で、平和島公園は北東に位置する。公園北隣は道を挟んで、温泉施設などがあるBIGFUN平和島、そのとなりは平和島競艇場だ。公園東隣は首都高速道路を挟んで、倉庫群が広がる。その先には京浜運河、大田スタジアムがある。公園西隣は京浜急行バス大森営業所を挟んで大田区平和の森公園がある。
Heiwajima_2  これだけメジャーな公園なのに、見取り図がない。ぜひ作って欲しいものだ。
 公園正面の入り口は西の京急バス大森営業所前にある。入り口付近にはバスケットゴールがある。公園北西部はナイター設備完備の野球グラウンド。公園北東部には宿泊できる青少年向けの施設の大田区立平和島ユースセンターがある。そのすぐ南には平和島公園キャンプ場
と広場がある。さらに南下すると児童遊園エリアとゲートボール場がある。正面入り口のすぐ右側は公園駐車場、正面にはプール入り口がある。訪れたのは2007.4.29で、ちょうど大田区主催の子供ガーデンパーティーが催されていた。こどもの日にちなんだ、大田区のイベントだ。グラウンドには様々なアトラクションが用意されていて、親子連れには楽しい。このグラウンドは通常は有料で一般に貸し出されていて、大田区うぐいすネットで予約できる。
 公園内には駐車場もあり、便利だ。大きな駐車場だが、心配な向きは早めに来ること。

Heiwajima_3 公園の東側一体は緑溢れるエリアだ。大きな芝生の広場あり、桜並木あり、人工のせせらぎあり、森の散策路あり、そこにキャンプ場が散在している。屋根付きのかまどと炊事場が一体になったキャビンがいくつもある。ここも、大田区うぐいすネットで予約して使うことができる。その他に、ゲートボール場や、ブランコ、幼児用遊具のある児童遊園エリアもある。とにかく広いので、子供が遊べないなどということはないが、遊戯施設を求める向きには、隣の平和の森公園内のフィールドアスレチックがお勧めだ。当公園南端出口を出て、環状7号線を渡るとすぐだ。とにかく、この3公園には、公園としてあるべきものは全て揃っているので、この点は心配ない。ただし、とても広いので、移動は大変だ。計画を良く練って一日を楽しみたい。

Heiwajima_4

公園西部の駐車場より中央よりには、プールゾーンがある。ドームが開閉式の25m室内プール。ここは一年中泳げる。屋外には8コース、50mプールと子供向けプール。毎年、9月の第一土曜日にはここで、大田区の水泳大会が行われる。個人的な話で恐縮だが、ここ2年ばかり連続で出場している。自分が中学生時代(約三十数年前の大昔だが)は、この平和島プールと東調布公園プールとで年ごとに交代で開催されていた。現在は毎年ここで行われる。いいプールだが、昨今の安全対策でプールの水深が浅くなってしまっているので、競泳には波が立って、ちょっとつらい。大田区も1つぐらい50mの純競泳用のプールが欲しい。リニューアルの際には、ぜひ検討していただければと思う。

Heiwajima_5  いづれにしても、ここは、萩中公園東調布公園と並ぶ、大田区の3大プールリゾートだ。子供向けプールにはウォータースライダーはないのがちょっと古さを感じさせる。しかし、夏場は多くの涼を求める人々で賑わうレジャースポットだ。

 この公園を訪れる場合は、やはり平和島公園・平和の森公園・ふるさとの浜辺公園の3公園を合わせて、遊ぶ計画を立てることをお勧めする。1日では回りきれないかもしれないので、テーマを決めて計画するのがいいと思う。海風に吹かれて楽しい時間をどうぞ。

公園データ
広さ 東京ドーム1.6倍 約22,600坪(74,467㎡)
遊戯施設

・ブランコ ・幼児用遊具
・芝生敷きの大広場有り
・流れる人口川(東側キャンプ場内、夏場のみ?)
・水遊び施設(中央広場、夏場のみ?)
・ゲートボール場
うぐいすネットで予約
 ・グラウンド(平和島公園野球場)
 ・平和島公園キャンプ場
 ・平和島公園プール

トイレ 有り(身障者用有り)
駐車場 有料駐車場あり
普通車30分100円。
入庫は午前8時(2月から10月は午前7時)から、出庫は午後9時30分まで。
その他

・平和島公園管理事務所
  TEL:03-3764-1414

平和島公園:大田区HPより
平和島公園温水プール
  TEL:03-3764-8424
  年中無休 
  温水プール
   温水期間:9月10日から6月30日
   休館日:毎週月曜日
      (月曜日が祝日の場合はその直後
       の平日が休場日)
     年末年始
      12月27日から翌年1月6日
  屋外プール
    夏期営業

大田区立平和島ユースセンター

所在地 (地図をクリック!)

東京都大田区平和島4-2

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年1月14日 (日)

平和島 エリアの公園です

児童公園、児童遊園は小規模かつ数が多い(375箇所:2005.4.1現在)ので、対象には含みません

平和島公園 - 平和島4-2
平和の森公園 - 平和の森公園2-1 (北部:平和の広場、池)
平和の森公園 - 平和の森公園2-1 (南部:スポーツエリア)

ふるさとの浜辺公園 - ふるさとの浜辺公園1-1

|