2007年1月14日 (日)

大森北・大森西・大森本町 エリアの公園です

児童公園、児童遊園は小規模かつ数が多い(375箇所:2005.4.1現在)ので、対象には含みません

入新井公園 - 大森北1-20
清花公園 - 大森北2-8
大森北公園 - 大森北2-18
不入斗パーク公園 - 大森北4-25
入新井西公園 - 大森北4-27
入三西公園 - 大森北5-3
若竹公園 - 大森西1-8
三和公園 - 大森西2-22
大森西三丁目公園 - 大森西3-2
大森諏訪公園 - 大森西3-3
大森西交通公園 - 大森西3-4
大森西四丁目公園 - 大森西4-10
大森三輪公園 - 大森西5-2
鶴渡公園 - 大森西6-12
大森西七丁目公園 - 大森西7-9

|

2007年4月 1日 (日)

清花公園 - 大森北2-8

Seika_1 Seika_2 京浜急行の大森海岸駅から南西へ歩いて5分ほどのところにある。公園の北東側は「大森プロストシティーレジデンス」という高層マンションがあり、北西側は「イトーヨーカドー」がある。というと駅前の雑踏のように思えるが、実際は住宅街、事務所、工場などがひしめく大森らしい下町の風景の中にある。
 写真の通り、園内はほとんどの木々は桜の大木だ。公園の頭上は桜の枝で覆い隠されているといっても過言ではないくらい、桜だらけだ。開花した様はまるで、桜の花のドームといった感じでとても美しい。たぶん夏場も、この木々が涼しげな木陰を提供してくれると思う。桜の林が、この公園に落ちきと安らぎを与えている。
 公園には通常の遊戯施設の他に、周囲には高いフェンスで囲まれたボール遊びができる広場がある。高いフェンスの広場はどこにもあるが、頭上までネットで覆われているのは珍しい。すぐ横のマンションのベランダまでボールが飛んでいかないように配慮しているのだろう。
 この公園の最大の特徴は桜の林だが、これが周辺の環境とは、隔絶した世界を作っている。周囲に緑が少なく、建物の密集した地域における理想的な公園の姿の一つと思う。ふっと息抜きできる優しさを持っている。この桜をいつまでも大事に維持していただければと思う。

公園データ
広さ 約880坪(2,902㎡)
遊戯施設 ・すべり台 ・ブランコ ・簡易アスレチック
・クライミング出来る壁、広いすべり台
・砂場(2箇所)
・鉄棒
・広場有り(ボール遊びOK)
トイレ 有り(身障者用有り)
駐車場 無し
その他 ・公園全体が桜林

所在地 (地図をクリック!)

東京都大田区大森北2-8 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月 3日 (火)

大森西交通公園 - 大森西3-4

Omorikotsu_1 Omorikotsu_2 京浜急行線の大森町駅を降りて北へ4分ほど歩いた所にある交通公園。大森町駅を逆に東へ10分ほど行くと2007年4月にオープンした「ふるさとの浜辺公園」がある。
 園の西側と南側が桜並木になっている。訪れた日は、満開だったので見事だった。公園の一画では近所の人たちが花見をしていた。公園から道を挟んで北西側には「大森諏訪公園」がある。隣接して2つの個性の異なる公園がある。
 交通公園の名の通り、公園のほとんどが自転車等で回れるサイクリングコースになっている。小さな信号機や、横断歩道もあって、遊びながら交通規則を学べるように工夫されている。曲がりくねった道もあって子供には楽しい。園内の乗り物はすべて貸し出し制で、中学生以上は乗れない。自転車、ゴーカート、豆自動車、三輪車と、乗り物も充実している。乗り物の貸し出しは、9:00~11:30と13:00~16:00。また、公園の一画には子供向けの遊具もある。
 小さい子供との親子づれ、祖父母とお孫さん、小学生同士、いづれも安心して子供を遊ばせられる公園だ。

【追記:2008.06.08】
大森諏訪公園は、大田区福祉作業所の新築に伴い、リニューアルオープンした。詳しくはこちら

公園データ
広さ 約1000坪(3,300㎡)
遊戯施設 ・すべり台 ・ブランコ ・簡易アスレチック
・交通公園
  全て貸し出し制
   自転車、ゴーカート、豆自動車、三輪車
   小学生以下のみ
  貸し出し時間
   9:00~11:30と13:00~16:00
トイレ 有り(身障者用有り)
駐車場 無し
その他 ・桜並木がすばらしい。

所在地 (地図をクリック!)

東京都大田区大森西3-4 

<

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月 1日 (火)

大森西七丁目公園 - 大森西7-9

Omorinishi7_1 Omorinishi7_2 京浜急行線の梅屋敷駅から西北西へ920m:徒14分の所にある。蒲田北部のJR線と京急線に挟まれた地域。周辺は住宅、マンション、店舗、事務所などが雑然と立ち並んでいる密集地だ。公園の横をJR京浜東北線と東海道線が通っている。メリーチョコレートの本社大森工場の隣。
 ゲートボールが盛んだ。蒲田一丁目公園でもお年寄りがゲートボールを楽しんでいたが、こちらでも同様に元気にやっておられた。小さな公園なので、公園全部がゲートボール場となっていた。遊具はブランコと穴くぐり?遊具のみ。あえて足を伸ばして来るような魅力はないが、近隣のお年寄りにとっては貴重なスポットだ。
 この公園は大田区の「ふれあいパーク活動」の指定公園で、地元の大森邦西町会が区との協定に基づき運営管理・点検活動を行っている。地域住民による地域のための公園なのだ。つまり、ここは近隣住民の結束があるということだ。これはとてもいい。公園の運営に地域住民が加わることで、公園に愛着が湧き、監視の目を光らせることが出来る。公園は区民全ての公共施設だが、一般の小さな公園は、やはりその地域の人たちが最も利用するし、主役であるべきだ。
 ホームレスが公園に居を構えることも出来ない。傍若無人な若者たちも来づらいだろう。公園を守っていく一つの答えであると思う。

公園データ
広さ 約320坪(1,045㎡)
遊戯施設 ・ブランコ ・穴くぐり遊具?
・広場有り(野球、サーカーは禁止)
 ゲートボール場兼用
トイレ 有り(身障者用有り)
駐車場 無し
その他 ・大田区の「ふれあいパーク活動」の指定公園
ふれあいパーク活動:大田区HPより

所在地 (地図をクリック!)

東京都大田区大森西7-9

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鶴渡公園 - 大森西6-12

Turuwatari_1 Turuwatari_2 京浜急行線の梅屋敷駅から西北西へ450m:徒7分の所にある。蒲田北部のJR線と京急線に挟まれた地域。周辺は住宅、マンション、店舗、事務所などが雑然と立ち並んでいる密集地だ。東邦大学医療センター大森病院のすぐ隣にある公園。「鶴渡」の由来はわからない。
 割と広い公園で、多くの人たちで賑わっていた。ゲートボールをする老人グループ、お母さんと幼児たち、その他いろいろ。病院の患者さんや、お医者さん、看護婦さんたちにもいい休憩スポットだ。白い壁ばかり見ている患者さんにとっては、この緑はありがたい。ここもゲートボールがさかんだ。この辺りの老人たちは元気な方々が多いのかな?。
 大きな広場と中央の噴水を中心にしたウォータースポット、それと遊具エリアから構成されている。トイレも立派なもので、正面の壁画がいい。
 この公園の遊具は独特のものだ。古いのだが、独創性があって面白い。・・・以下写真参照。
 噴水のデザインも面白い。暖かい日だったので、小さな子供が水遊びをしていた姿がかわいらしい。
 大病院と公園の組み合わせはとてもいいと思う。私立病院だが、その公共性は極めて高い。入院患者さんにとっても、リハビリも兼ねた散歩ができるなど、存在価値は大きい。

Turuwatari_3

公園データ
広さ

約1,000坪(3,294㎡)

遊戯施設 ・すべり台 ・ブランコ ・シーソー
・砂場 ・ジャングルジム風遊具
・ぶら下がり遊具?
・広場有り(野球、サーカーは禁止)
・噴水
トイレ 有り(身障者用有り)
駐車場 無し
その他 ・東邦大学医療センター大森病院の隣にある
東邦大学医療センター大森病院

所在地 (地図をクリック!)

東京都大田区大森西6-12

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大森三輪公園 - 大森西5-2

Omorisanrin_1 Omorisanrin_2 京浜急行線の大森町駅から西へ600m:徒歩9分の所にある。隣が大田区立大森西図書館。大森西図書館と本公園を合わせて1つの大田区施設と考えた方が妥当だ。
 この辺りは、金属化加工、電気系工業の工場と住宅が混在・密集したエリアだ。しかし、すぐ南側には大田区立第三小学校と東邦大学、北にちょっと行くと大森学園高校と、工業地帯にあっても、ここは文教地区の色彩が濃い。南東100mほどの所に三輪神社があり、これが名前の由来だろう。
 公園としては一般的。遊具はアスレチック風すべり台と砂場のみ。あとは広場と樹木だ。桜が多いので、開花の季節には綺麗だろう。園内には人口のせせらぎもあり、稼動していた。夏は涼しげでいい。
 公園の一画に、史跡で、燈籠台石(東海道常夜燈)というのがある。江戸後期、東海道筋に通行人の目印として、富士講(富士山を霊山として崇めた宗教)の人々が建てたもの。本来は谷戸の交番(大森中1-18)付近にあったが、移転を繰り返し、ここに納まった。台石の正面の彫刻は富士山が庚申の年に出現したという伝説を現しているという。要は、富士講のPRも兼ねた道しるべとしての常夜燈だったのだろう。
 図書館で勉強や調べもので目が疲れたら、この公園で、緑を見て休憩するといい。落ち着いていて、リラックスできる公園だ。

公園データ
広さ

約490坪(1,606㎡)

遊戯施設 ・アスレチック風すべり台 ・砂場
・広場有り(野球、サーカーは禁止)
・流れる人口川
トイレ 有り
駐車場 無し
その他 大田区立大森西図書館:大田区HPより

所在地 (地図をクリック!)

東京都大田区大森西5-2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月 2日 (水)

大森西四丁目公園 - 大森西4-10

Omori4_1 Omori4_2_1  京浜急行線の大森町駅から西へ760m:徒歩11分、都営大森西四丁目住宅という団地の道を挟んだところにある。かといってこの団地の庭ではない。独立した公園だ。この団地内にも団地専用の公園を持っている。この辺りは、金属加工、電気系工業の工場と住宅が混在・密集したエリアだ。
 公園の前につつじが植わった植え込みが続いていて、綺麗だ。古そうな公園で、遊具も昔ながらの鉄棒、螺旋のすべり台、ブランコ、砂場、幼児用遊具と一般的。児童エリアと広場と林の構成。
 大森三輪公園からも340mと近いが、雰囲気はずいぶん異なる。ごく普通の公園で、周囲は住宅と駐車場で、特に欠点もないのだが、何か落ち着かない。あくまでも個人的な感想だが、づっと居たくないというか、ざわざわした感覚があった。
 木々が茂り、緑を供給する、地域のための公園だ。

公園データ
広さ

約420坪(1,408㎡)

遊戯施設 ・すべり台 ・ブランコ ・砂場 ・幼児用遊具
・広場有り(野球、サーカーは禁止)
トイレ 有り(身障者用有り)
駐車場 無し
その他

所在地 (地図をクリック!)

東京都大田区大森西4-10

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月26日 (金)

大森北公園 - 大森北2-18

Omorikita_1 Omorikita_2 京浜急行線の大森海岸駅を出て、道を渡った南側正面にある。公園の東側は第一京浜道路:国道15号線が走っている。さらに東には平和島競艇場がある。公園西側は京浜急行線の高架橋が走っていて、その向こう側はラブホテル街だ。決して環境は良くないのだが、暗い雰囲気はない。開放的で明るい公園だ。大森の繁華街からは外れて、この辺りは、本来はマンションや事務所ビルが立ち並ぶところなので、危険な感じはしない。訪れたときも親子連れが遊んでいた。ただ、親同伴は鉄則だろう。なぜなら、公園のあちこちにホームレスが休憩しているからだ。シートハウスは建てられていないが、やはり子供だけでは不安だ。
 小さな公園で、公園中央に大きなアスレチック複合遊具がある。コンクリート製のすべり台兼用の小山が2つ、螺旋すべり台、ブランコ、クライムなど一通り揃っている。大きなタイヤの遊具もある。西六郷タイヤ公園にあったのと同じものだ。
 北東に200mほど行くと、水族館もある品川区を代表する「しながわ区民公園」があり、気合を入れて遊びたい向きはこちらへ行けばよい。
 大田区の最東北に位置する公園。付近のマンションに住む家族には、買い物のついでに小さな子供を遊ばせられる公園だ。

公園データ
広さ 約600坪(1,964㎡)
遊戯施設 ・アスレチック複合遊具
 ブランコ、螺旋すべり台、ブランコ、など
・大きなタイヤの遊具
・広場有り(野球、サーカーは禁止)
トイレ 有り(身障者用有り)
駐車場 無し
その他 ・大きなタイヤの遊具がある

所在地 (地図をクリック!)

東京都大田区大森北2-18

| | コメント (0) | トラックバック (0)

入新井公園 - 大森北1-20

Iriarai_1 Iriarai_2 京浜急行線の大森海岸駅から西へ420m:徒歩6分のところにある。大森のオフィス・マンション街の中に忽然と現れた鎮守の森という雰囲気の公園だ。三角形の公園。
 公園内の一画にお地蔵様がある。由来を記したプレートがある。記載内容は以下。
 「入新井萬霊地蔵尊の由来 この辺は、太平洋戦争下の昭和20年5月29日の東京大空襲にて、不幸にも3.3平方メートル当たり6,7発の大量油脂焼夷弾が落とされ、大勢の尊い犠牲者が出ました。戦後、区画整理も整い入新井公園が設けられるに及び、昭和32年住民の声にて、今は亡き肉親を偲び、在りし日の隣人を追慕してご冥福を祈るとともに永遠の平和を祈念し、故広瀬定光氏他有志が発起人となり、住民の浄財をあおいで地蔵尊が建立されました。その後永年の風雪に破損がひどく、今回33回忌を記念して再び広く浄財を募り再建したものであります。近隣の方々のお力により、毎日お花や線香の絶えるときがございません。昭和51年5月29日。入新井萬霊地蔵尊奉賛会」
 この地にも不幸な歴史があるのだ。
 遊具はすべり台、ブランコ、幼児用遊具、砂場、プレイコンボがある。また、人口のせせらぎもあるが、訪問した日は稼動していなかった。
 木々がよく成長していて、ここだけが深い森となっている。ビル街のオアシスだ。でも、中に入るとちょっと暗い。子供たちだけで遊ばせるにはちょっと不安だが、夏場は涼しい木陰を提供してくれる。

公園データ
広さ

約910坪(3,002㎡)

遊戯施設

・すべり台 ・ブランコ ・幼児用遊具
・砂場 ・プレイコンボ
・広場有り(野球、サーカーは禁止)
・流れる人口川(夏場のみ?)

トイレ 有り(身障者用有り)
駐車場 無し
その他

・三角形の深い森の公園
・入新井萬霊地蔵

所在地 (地図をクリック!)

東京都大田区大森北1-20

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月27日 (土)

不入斗パーク公園 - 大森北4-25

Iriyamazu_1 Iriyamazu_2 京浜急行線の平和島駅を出て、北西に890m:徒歩13分のところにある。珍しい名前だ。ネットで名前の由来を調べて見たがわからなかった。名前からすると、何か近代的な設備の整った大きな公園をイメージするが、実際は児童公園といってもおかしくないほど小さな公園だ。周辺は大森の住宅密集地で、狭い道が縦横に交差している。その中にひっそりと佇んでいる公園。不入斗:いりやまずと呼ぶ。
 公園の周囲は背の高いネットで囲まれていて、公園内でボール遊びが出来るようになっている。遊具は鉄棒と幼児用遊具のみ。公園西側は小さな散策路になっている。桜や他の樹木が植えられていて、この辺りには不足している貴重な緑を提供している。あまり手入れはされていないので、くさっぱらのような感じだが、この公園のアクセントになっている。
 小さな公園に樹木エリアとボール遊びエリアを設けているので、ネットを頭上まで張った、完全無欠のボール遊びエリアを設けられない。結構、ボールが公園外に飛び出してご近所から苦情が来ているようで、立て札にもその旨注意するよう書かれている。
 何となく中途半端な感はある。個人的には、いっそのことネットを取り去って、ボール遊びを禁止して、散策路と緑を充実させたほうがいいようにも思う。
 ここは古い公園のようだ。公園設計時から年月が経つと、周辺住民の年齢構成も変わり、周囲の環境も変化してくる。大きな公園はそれ自体の持つ圧倒的な存在感があるので、周囲の変化にはあまり影響されないが、小さな公園は訪れるべきターゲットの層がいなくなってしまったりすると、どんどん寂れてしまう。ある時点でのリニューアルが必要だが、予算の関係もあって、このような小さな公園は難しいのだろう。

公園データ
広さ

約400坪(1,312㎡)

遊戯施設 ・鉄棒 ・幼児用遊具
・広場有り(ボール遊び可。ただしボールが飛び出さないよう注意のこと。)
トイレ 有り
駐車場 無し
その他 ・ボール遊び可

所在地 (地図をクリック!)

東京都大田区大森北4-25

| | コメント (1) | トラックバック (0)