2007年12月10日 (月)

都立大森緑道公園 - 大森南4-11、5-2、5-6

Omoriryokudo_1 散歩道のみで構成された南北に長い都立公園だ。この緑道の北端は、京浜急行線の梅屋敷駅から東へ1,800m:徒歩27分(現実的ではないが)のところ。ちょうど旧呑川緑地の東端、京浜運沿いにある。東京モノレールの昭和島駅からのほうが近いが大田区民が利用するには不便。一方、この緑道の南端は、新呑川の河口付近、大田区立大森第一中学辺りだ。大田区でも最も交通の便が悪い地域にある。実際には、どちらの入口から歩き出すにも、近くまではバスを利用するしかないだろう。
 上記北と南の2点を全て海沿いに結ぶ、全長1.2kmの長い散策路だ。幅1~4mほどの緑地が延々と続く。緑道という名にふさわしく、街道には多くの木々がみどり豊かに植わっている。当日は北端から南端へ歩いてみた。

Omoriryokudo_2  旧呑川緑地の東端近くにある北端入り口はわかりづらい。工場街を抜けていくと、もう道がなくなると思えたら細い公園の散策路が始まる。歩き始めると、すぐ右側に小さなくつろぎエリアが現れる。大田区立潮見児童公園だ。南端から来た人にとってはちょうどいい休憩スポットだろう。

Omoriryokudo_3  運河(海)沿いの道なので、運河を一望でき、見晴らしはとてもいい。釣りをしている人、そのおこぼれを狙っている猫など、あったかい雰囲気がある。漁船の船着場もあって、ここが海沿いであることを感じることができる。

Omoriryokudo_4  この緑道は、東京都を周回出来る散策路で、全部で21コースに分かれている「武蔵野の路」の大井・羽田コースの1区間となっている。途中に「武蔵野の路」の碑もある。

Omoriryokudo_5  400mほど歩くと、首都高速1号羽田線:横羽線と合流して併走するようになる。公園としての緑はこの先がいい感じになるのだが、車の騒音は容赦なく聞こえてくる。また、森ヶ崎公園のある森ヶ崎水再生センターが陸側に続くようになるので、臭いもきつくなる。この2点を我慢できる人には薦められる散歩道ではある。

Omoriryokudo_6  1000mほどのところで道は右(西)に曲がる。首都高速1号羽田線は海底トンネルに沈み込み、騒音からは開放される。目の前には工事途中のような、途中が3箇所切断されたような大変珍しい開閉橋が現れる。首都高速羽田可動橋だ。

Omoriryokudo_7  以下はウィキペディア(Wikipedia)の一部抜粋。
 『首都高速道路羽田線は、1994年の湾岸線空港中央-大黒JCT間の開通までは、東京都心・千葉方面と羽田空港・横浜方面を結ぶメインルートであり、交通集中のため慢性的に渋滞していた。また、空港西-昭和島JCT間の羽田トンネルは、水底トンネルの特性上、出口付近に上り勾配があり、渋滞に拍車を掛けていた。 このため、1990年に、上り線の空港入口(現・空港西入口)から昭和島JCTにかけての迂回路として羽田可動橋が設けられた。 1994年の湾岸線開通後もしばらく使用されたが、交通量の減少などから、開通8年後の1998年に使用停止となった。羽田空港拡張後の交通量増加に備え、現在も撤去はされずにその姿を保っている。
 海老取川沿いには鉄工所などがあり、大型船の航路を確保する必要があった(羽田線が海老取川を水底トンネルで潜っているのもこのためである)。近接する従来の羽田線羽田トンネルや東京モノレールのトンネルとの兼ね合いから隣接したトンネルの設置が困難であり、空港に隣接しているので吊り橋や斜張橋など高さのある橋の設置も出来なかった。そこで、国内でも例の少ない旋回橋方式での可動橋としての建設が決まった。』

Omoriryokudo_8  さらに200mほどで南端の入口に出る。ここには「都立大森緑道公園」の碑もある。
 晴れた日には、対岸の昭和島や京浜島、羽田空港も眺めることが出来て景色がいい。途中珍しい道路橋も見ることが出来て楽しい散策路だ。ただ、臭いと騒音は我慢しなければならない。隣の首都高を行き交う車の音はうるさいのだが、皮肉にも交通の便は悪い。この公園も含めた散策ルートと、行き帰りの交通機関はよく練って調べてから来たほうがいい。

公園データ
広さ 約2,060坪(6,796㎡)
遊戯施設 ・散歩道のみ
・遊具は無し
トイレ 北端の大田区立潮見児童公園に有り
他には無し
駐車場 無し
その他

・問い合わせ先
  日比谷アメニス南部地区グループ
   TEL:03-3790-2378
  東京港南部地区海上公園ガイドより

「海上公園ガイド(東京都作成).pdf」をダウンロード

所在地 (地図をクリック!)

東京都大田区大森南4-11、5-2、5-6
※地図上のルートは正しくありません。すべて海岸沿いに歩いてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月21日 (木)

大森南一丁目公園 - 大森南1-24

Omori1_1 京浜急行空港線の大鳥居駅から産業道路を北に970km:徒歩15分の所にある。バスを使うと仲糀谷バス停から北に160mほど。産業道路と新呑川が交差した所、新呑川沿いにある細長い公園。やはりこの辺は交通が不便だ。産業道路の下にもし地下鉄があったら便利だなあと思う。
 公園西側には、わざと新呑川水面近くまで降りられるテラスがある。夫婦橋親水公園と同様に、階段状の造りになっている。夫婦橋親水公園ではそこが緊急時の船着場になっていたが、こちらには船着場は無い。その代わり、大雨や高潮の時に、この階段が水位の指標になっていて危険の度合いの判断ができるようになっている。

Omori1_2  公園内は桜が多い。川沿いは桜並木になっている。開花の季節は綺麗だろう。公園中央はこんもりとした森だ。その中に、アスレチック遊具が2つと砂場がある。レンガ造りの藤棚があって、これがいいアクセントになっている。ココは木陰がいっぱいあって、とてもいい。夏は涼しくて、憩いの場所になる。

Omori1_3  公園東側には広場があって、こちらにも入り口がある。幼児用遊具も置いてある。柳の木があって、いかにも水辺の公園らしい。

Omori1_4  公園西端には交番があるので、親子連れでも安心だ。大人が息抜きするのにもいい雰囲気の公園だ。新呑川にはいろいろな小型船が係留されていて、時折発着したりして、見ていて楽しい。ここならではの景色だ。訪れた時にも、ボートが離岸して海へと出て行った。狭い川幅にもかかわらず、うまく方向転換するものだと感心して見とれていた。
 新呑川の景色を堪能できる公園。割と変化があって、飽きない。落ち着けるいい公園だ。

公園データ
広さ

約1,040坪(3,425㎡)

遊戯施設

・アスレチック遊具 2つ ・砂場
・幼児用遊具
・広場有り(野球、サーカーは禁止)
・新呑川へのテラス有り

トイレ 有り(身障者用有り)
駐車場 無し
その他 ・新呑川の景色を堪能できる公園
・大雨や高潮の時に、テラスの階段で危険水位を認識できる。

所在地 (地図をクリック!)

東京都大田区大森南1-24

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大四前くすのき公園 - 大森南3-24

Dai4kusunoki_1 Dai4kusunoki_2 京浜急行線の梅屋敷駅から東に1.5km:徒歩24分、といっても現実的ではない。JR大森駅東口または蒲田駅東口から京急バス、森ヶ先行きに乗車、第四小学校バス停下車、北に100m:徒歩約1分のところ。この辺りは大田区内で最も交通の便が悪い。車かバスしか交通手段がない。ここは地域の小さな公園なので、遠くから訪れる人はいないと思うので問題はないが、この地域の住民にとっては何とかして欲しい状況と思う。
 公園のすぐ北側は住宅を挟んで、大田区立大森第四小学校と幼稚園がある。公園の東西の両入り口付近には立派なくすのきがある。公園の名前の由来だろう。
 公園は東側の広場と、西側の日本庭園風の庭の2つから構成されている。東側の広場には、広い砂利敷きの広場に、ブランコ、幼児用遊具が置いてある。西側の日本庭園風の庭は真ん中が散策路になっていて、休憩所もある。ツツジとアジサイが綺麗だ。緑も豊かだ。
 この辺りは公園数は割と多いのだが、小さな公園が多く、総面積としては少ないのではないか?。住宅も密集していて緑は圧倒的に少ない。この地域の公園は貴重な緑のオアシスだ。
 訪問した日は、小学校で運動会が行われていて、にぎやかだった。

公園データ
広さ 約360坪(1,199㎡)
遊戯施設 ・ブランコ ・幼児用遊具
・広場有り(野球、サーカーは禁止)
トイレ 有り(身障者用有り)
駐車場 無し
その他 ・アジサイが綺麗

所在地 (地図をクリック!)

東京都大田区大森南3-24

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月20日 (水)

森ヶ崎公園 - 大森南5-2

Morigasaki_1 東京モノレールの昭和島駅から南に1,300m:徒歩20分、またはJR大森駅東口または蒲田駅東口から京急バス、森ヶ先行きに乗車、森ヶ崎バス停下車徒歩約5分のところ。大田区の東端、羽田空港から海老取川を挟んですぐ北西にある。公園南を170m行くと呑川の河口がある。この辺りは大田区内でも交通の便が悪い。公共機関ではバスが唯一の交通手段だ。東京モノレールがあるが、海沿いを走っているため大田区内の住人には使いにくい。
 周囲は機械金属加工の工場や、マンション、住宅が密集した地域だ。緑は少なく、この公園は貴重な緑地だ。
 森ヶ崎公園は森ヶ崎水再生センターの西施設の屋上を整備して出来た公園だ。森ヶ崎水再生センターは昭和島と大森南の東西二つの施設と、汚泥処理を行なう南部スラッジプラントからなっており、わが国では最大規模の下水処理施設:水再生センターだ。処理区域は、大田区の全部、品川・目黒・世田谷区の大部分、渋谷・杉並区の一部で、区部全体の面積の約4分の1にあたる14,675haをカバーする。処理した水は東京湾に放流する他、一部を砂ろ過してセンター内の機械の洗浄などに使用、大田清掃工場、東京港埠頭公社にも供給している。(東京都下水道局HPより)

Morigasaki_2  公園の入り口は西:正面と南に2箇所あり、いづれもスロープを上がっていくと公園に行き着く。屋上の公園なのでとても見晴らしがいい。西側:正面の入り口から入り長いスロープを上がって行くと、森ヶ崎水再生センターの処理施設が眼下に見える。さらに進むと公園の噴水広場に出る。さすがに水を扱う施設なので、噴水が真っ先に迎えてくれる。

Morigasaki_3  噴水広場の南側は児童コーナーがあって、砂場、すべり台、アスレチック複合遊具、幼児用遊具などがある。その奥には運動コーナーと名づけられたアスレチックコースがある。
 遊具もそこそこあるのだが、とにかく広い公園なので、ポツンポツンと置いてある感じになっている。ここは子供たちが駆けずり回って遊ぶには最高のスポットだ。

Morigasaki_4  公園の東南の角には展望台がある。羽田空港、昭和島、京浜島を一望できる。羽田空港の滑走路は海側に移動したので、飛行機が離着陸する様子を目の前に見ることはできないが、ここに暮らす人々にとっては以前よりは静かになって良かったと思う。公園としても風の音を除けば静かだ。

Morigasaki_5  展望台の前には運動コーナーと自由広場が開けている。自由広場は広大な芝生の広場だ。とにかく広い。
 展望台はこの公園の一押しだろう。とても気持がいい。遠くを見ることが少ない自分にとっては、目の疲れを癒してくれる。

Morigasaki_6  噴水広場の北側には散策コーナーといって、日本庭園風の散策路と植栽がある。訪問したときはツツジとアジサイが美しかった。

Morigasaki_7  この公園はどちらかと言うと運動派向きだが、散策コーナーは唯一お年寄りでも楽しめるエリアだ。電動カートに乗ったお婆さんが写真を撮っていた。良く手入れされており、ゴミも無く綺麗だ。

Morigasaki_8  噴水広場の公園入り口北側には管理棟兼休憩所があって、休憩所内には清涼飲料水の自動販売機も設置されている。トイレもある。休憩所は回りをガラス窓で囲われている。この公園は屋上にあり、すぐ前は海ということもあって、風を遮るものがない。ちょっと風がある日には、この休憩所はありがたい。

Morigasaki_9  公園北側には運動広場、テニス・バレー兼用コート、キャッチボール場がある。運動広場は、サッカー、運動会などができる多目的広場。テニス・バレー兼用コートは3面ある。キャッチボール場にはバスケットゴールやテニスの壁打ちもできるようになっている。
 運動広場とテニス・バレー兼用コートは事前予約制で有料。

Morigasaki_10  訪問した日はうす曇だったので、いまいちだったが、晴れていたらとても開放感があっていい公園だ。ただ、遮るものが全く無いので、風の強い日は避けたほうがよさそうだ。
 ちょっと異次元に迷い込んだと錯覚させるような、だだっ広い天空の公園である。子供を連れて行って遊ばせるにはうってつけだが、惜しいことに、これだけ大きな公園にもかかわらず駐車場がない。その上、交通の便が悪く、バスしかない。でもたまには、バスに揺られて行くのも新鮮でいいかもしれない。
 又、公園北西にはビオトープもあるが、こちらは森ヶ崎水再生センターの管轄なので、自由には入れない。別途、森ケ崎水再生センターに見学の予約が必要だ。
 尚、本公園は夜間は利用できない。開園時間は下記参照。

公園データ
広さ 東京ドーム0.8個分 約11,500坪(37,805㎡)
遊戯施設 ・砂場 ・すべり台 ・アスレチック複合遊具
・幼児用遊具
・アスレチックコース有り
・広場有り(野球、サーカーは禁止)
・キャッチボール場(バスケットゴール有り)
・ゲートボール場
・噴水
・予約施設:予約先はこちら
  ・運動広場(運動会用緑地)
うぐいすネットで予約
  ・テニス/バレー兼用コート
トイレ 有り(身障者用有り)
駐車場 無し
その他

・梅園有り

森ケ崎水再生センター:東京都下水道局HP

森ヶ崎公園:大田区HPより

森ヶ崎公園テニスコート:大田区HPより

森ヶ崎公園運動会用緑地:大田区HPより

・開園時間等
  開園時間:9:00~16:30
  運動施設の使用時間:9:30~16:00

「森ケ崎公園案内.pdf」をダウンロード
   

所在地 (地図をクリック!)

東京都大田区大森南5-2

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年6月12日 (火)

大森南四丁目公園 - 大森南4-14

Omoriminami4_1 Omoriminami4_2 東京モノレールの昭和島駅から南西に990m:徒歩15分の所にある。東側に320m行くと東京湾だ。公園を巡っていて思うことだが、大田区の大森3丁目から南の東糀谷にかけてはバス以外は交通機関がない。大田区の中でも車が必須の珍しい地域だ。余談だが、平和島辺りから産業道路の下に地下鉄があったらさぞ便利だろうと思う。さらに、大師橋の横に新橋をかけて、川崎の浜川崎辺りまで伸びると理想的だ。蒲田と京浜蒲田を結ぶ蒲蒲線もぜひ欲しい路線だが、これも検討してもらえたらと思う。
 桜の大木の多い公園だ。開花時期はさぞ綺麗だろうと思う。夏でも木陰が涼しくてとてもいい。飛行機の形をした複合アスレチック遊具があって、これがこの公園の特徴だ。他に遊具は、ブランコ、砂場といったところ。
 公園の東隣は大田区立大森南保育園があって、保育園の裏手には直接公園への出入り口がある。園児にとってはこの公園も遊び場になる。これはとてもいい。
 さらに公園の東には東京労災病院・産業中毒センターがある。勤労者医療と地域医療の中核病院だ。入院患者にとってもこの公園はちょっと気分転換するにはいいスポットだろう。

公園データ
広さ 約410坪(1,369㎡)
遊戯施設 ・複合アスレチック遊具(すべり台付き)
・ブランコ ・砂場
・広場有り(野球、サーカーは禁止)
トイレ 有り
駐車場 無し
その他 大田区立大森南保育園:大田区HPより
東京労災病院産業中毒センター

所在地 (地図をクリック!)

東京都大田区大森南4-14

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 7日 (木)

旧呑川緑地 - 旧呑川河川敷

Kyunomikawaryokuti_1 京浜急行線線の京急蒲田駅近く、大田区立東蒲田中学校のすぐ東の所から、途中、産業道路を横切り、海の近く昭和島の手前まで、実に約1.8kmに及ぶ長~い公園だ。公園の西端は京浜急行線線の京急蒲田駅から東に600m:徒歩9分の所、公園の東端は東京モノレールの昭和島駅から西南に610m:徒歩9分、大森東避難橋を渡った所だ。
 園内にはこの緑地の生い立ちを記したパネルが2箇所ある。内容を纏めると次の通り。
 この緑地にはその名の通り、近年まで呑川が流れていた。昭和30年から大田区が埋め立てを行い、昭和50年には現在の形になった。そもそも呑川の水源は世田谷区内の旧深沢村の南部一帯といわれ、大田区をほぼ縦貫して東京湾に注いでいる。昔は大雨の度に氾濫して流域の田畑を呑み込んだ。また、貴重な呑み水でもあった。この辺が呑川の名前の由来だと言われている。江戸時代には大森海岸の海苔の生育にとって栄養分を運ぶ役割を担い、また、海苔舟の交通路としても重要な河川であった。昭和10年に夫婦橋付近で現在の新呑川が新設されの二手に別れて使われていたが、水質が悪化したことと、東京オリンピックを契機に海苔場が埋め立てられたことで、旧呑川の役目は終わったとのこと。
 旧呑川緑地を西端から歩いてみた。西端はネットで囲まれたボール遊び場から始まる。

Kyunomikawaryokuti_2  西端付近は狭くて、散策路がやっとある程度。遊具の置いてある小さなスペースがある。次第に幅が広くなっていく。

Kyunomikawaryokuti_3  500mほど歩くと左、右に蛇行している所があって、この先の交差点:北糀谷1-7付近から先は幅が、約12mほどに広くなる。上の写真はこの交差点の名称碑だ。幼子の彫刻がかわいらしい。これより東側は歩道:散策路とアスファルト敷きのサイクリングコースとなっている。

Kyunomikawaryokuti_4  西端より860mの所で、産業道路と交差している。公園側が地下をくぐる形になっている。すぐ南には北糀谷一丁目公園がある。この手の運河を埋めた公園の特徴として、近隣の住宅や工場が切迫している点は共通だ。この景色を見るのも楽しい。中には公園側に裏門を設けている住宅もあって、下町らしくていい。また、周囲の目があるので、公園に不審な輩が入りにくいメリットもある。地域住民のための公園だ。

Kyunomikawaryokuti_5   西端より1,500mの所で、一般道路で分断されている。産業道路との交差部分からここまでは、幅が広い所もあり、遊具が置いてある広場が2箇所あって、子供が遊べるエリアだ。

Kyunomikawaryokuti_6_1   また、緑も濃く、木々も生長していて、木陰も充分、とてもいい散歩、サイクリングコースだ。一般道と立体交差しているところもあって、変化があって楽しい。

Kyunomikawaryokuti_7_1  西端より1,500mの所で、一般道路で分断されている。この先は、雰囲気が変わって日本庭園風になる。人工のせせらぎがあり、植木もよく手入れされていて美しい。私はこの辺の景色が最も好きだ。

Kyunomikawaryokuti_8  人工のせせらぎを過ぎると、遊具広場があって、その先はゲートボール場、ココで終わりだ。
 この公園は、長さで大田区NO.1だ。実は世田谷区には同じ呑川を埋めてできた緑道があり、これはもっと長い。このブログが終わったら行ってみたい。
 この公園は「大田区ふれあいパーク活動」の指定公園で、「大森東自治会」という団体が管理に参加している。
 散歩によし、サイクリングにもよし、緑溢れる路だ。さらに足を伸ばして海沿いには大森緑道公園があり、これを歩くのもまた景色が変わって楽しい。

公園データ
広さ 約6,600坪(21,749㎡)
遊戯施設 合計4箇所に点在。
・すべり台 ・ブランコ ・砂場
・チェーンネットクライム
・広場有り(野球、サーカーは禁止)
・流れる人口川(夏場のみ?・東端海側)
・ゲートボール場
・サイクリングコース(約1.2km)
トイレ 有り
駐車場 無し
その他 ・約1.8kmの緑道
ふれあいパーク活動:大田区HPより

所在地 (地図をクリック!)

京浜急行線線の京急蒲田駅近くから、途中、産業道路を横切り、海の近く昭和島の手前まで、約1.8km

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月15日 (火)

大森山谷公園 - 大森中1-5

Omorisanya_1 Omorisanya_2 京浜急行の大森町駅から東南に230m:徒歩3分の所にある。第一京浜道路を品川方面から南下してくると、大森警察署付近で、六郷方面へ向かう同道路と、川崎大師方面へ向かう産業道路に分かれるが、分かれたすぐの両道路に挟まれたところに位置する。
 小さなこじんまりした公園。遊具はジャングルジム、ブランコ、砂場、すべり台、幼児用遊具と、一般的。入り口は北と南の2箇所あり、公園の入り口というよりは、路地の入り口という雰囲気で、わかりにくい。北側の入り口を入って25mほど行くと、左手に公園がある。この入り口から公園までの間は舗装されていないので、たぶんこの道も公園の一部なのだろう。
 周辺は、高層集合住宅や戸建て住宅が密集している。緑には恵まれていない地域だ。ここから750mほど北東の大森東地区の平和島周辺の都堀公園から、大森東一丁目第二公園までの、公園に恵まれた地域と比べると、まさに対照的な感じだ。唯一この公園が緑を提供しているといってもいいほどだ。大森東地区のように、本来何もなかったところに集合住宅を計画的に作ることが出来た計画都市とは異なり、昔から個人個人が、小さなそれぞれの土地に家を建てた住宅密集地では公園の確保は困難だろう。これほどの至近距離の間に、こんなにも公園密度の違う場所が存在することも考えてみれば納得するが、街づくりとは難しいものだと思う。
 近隣の人々が安らぐ、近隣の人々のための公園だ。

公園データ
広さ 約400坪(1,339㎡)
遊戯施設 ・ジャングルジム ・ブランコ ・砂場
・すべり台 ・幼児用遊具
・広場有り(野球、サーカーは禁止)
トイレ 有り
駐車場 無し
その他

所在地 (地図をクリック!)

東京都大田区大森中1-5

| | コメント (0) | トラックバック (0)

貴船堀公園 - 大森東5-1

Kihunebori_1 京浜急行線の大森町駅から東へ760m:徒歩11分にある。貴船堀緑地とつながった公園だ。貴船の由来は近くにある貴船神社によるものと思われる。貴船堀緑地の南西へ延びた部分に連続してこの公園がある。Tの字型の細長い公園だ。貴船堀緑地と同様にここもまた、昔の堀:運河だったところを埋め立てて作られた。貴船堀緑地がサイクリングコースを主体としたのに対し、この公園は子供向けの遊具が主体の公園だ。
 遊具はコンクリート製のクライミング&すべり台、渡り遊具、ブランコ、鉄棒、砂場、すべり台、螺旋すべり台、幼児用遊具、ボール遊び場といろいろある。

Kihunebori_2  こちらは貴船堀緑地とは異なり、開けていて見通しがいい。小さな子供を遊ばせるには、このような明るい公園の方が親が安心できる。細長いので移動がちょっと大変だが、探検気分で遊べるのでいいかもしれない。ねこがのんびりと散歩していた。そんな雰囲気の公園だ。

Kihunebori_3  あえて、遠方から訪れる魅力はないが、近隣に住まう人々にとっては、ちょっと一息、ほっとできる公園。日常の景色に溶け込んで、特に存在を誇示するわけでもなく、そっと佇んでいるオープンスペース。幼い子供の手を引いて遊ばせるにも楽しい道だ。

公園データ
広さ 約1,130坪(3,724㎡)
遊戯施設 ・コンクリート製のクライミング&すべり台
・渡り遊具 ・ブランコ ・鉄棒 ・砂場
・すべり台 ・螺旋すべり台 ・幼児用遊具
・ネットで囲まれた広場有り
 (野球、サーカーOK)
・ゲートボール場有り
トイレ 有り(身障者用有り)
駐車場 無し
その他 ・細長い公園
貴船堀緑地に隣接
貴船堀:大田区HPより

所在地 (地図をクリック!)

東京都大田区大森東5-1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

貴船堀緑地 - 大森東3-17

Kihuneboriryokuti_1 京浜急行線の大森町駅から東へ700m:徒歩11分の所にある。ふるさとの浜辺公園の南端の出入り口を出て200mほど歩くと、本公園の南端の出入り口に着く。昔は貴船堀といって、東京湾とつながった運河だったものを一部を残して埋め立てて公園にしたものだ。今でも、ふるさとの浜辺公園の南端の出入り口からの200mほどの部分は漁船などの船舶を係留する船溜りとして利用されている。貴船の由来は近くにある貴船神社によるものと思われる。

Kihuneboriryokuti_2  この公園の最大の特徴は堀だったところなので、細長い公園ということだ。地図上で見ると、人が手と足を前にだして歩いているように見える。北側は2本に分岐し、南側も2本に分岐している。南側分岐の先は貴船堀公園へと連続している。公園の名称碑を見ると、自転車道としてある。細長いので公園そのものがサイクリングコースとなっているのだ。全長延べ630mほどの自転車道だ。尚、バイクは走れない。バイクで通る輩がいないように「バイク進入禁止」の標識もある。
 南側の分岐点には、大田区立貴船堀児童公園があり、ココに鉄棒、幼児用遊具、フェンスで囲まれたボール遊び場(周りのみ。上は塞がれていない)がある。児童公園として独立してあるわけではない。貴船掘緑地の一部がそうなっている。名称碑を見ないと気がつかない。貴船堀緑地としては遊具はブランコがあるのみ。

Kihuneboriryokuti_3  竣工が昭和55年3月と古い公園だ。おかげで木々は良く成長して、木陰もたっぷりで、緑に溢れた森の公園となっている。時間もまた、公園を作る要素なのだ。
 この公園のもう一つの特徴は近隣の家々が公園まで迫っていることだ。中には公園側に出入り口を設けている家もある。なんとなくアットホームでいい。また、周囲の目があるので、ホームレス対策や犯罪防止にも効果があると思う。
 ふるさとの浜辺公園に自転車で来た方はぜひこちらも走ってみるといい。海辺のサイクリングと森のサイクリングの2つを楽しめる。散策にもとてもいい緑多い公園だ。

公園データ
広さ 約2,300坪(7,675㎡)
遊戯施設 ・公園全体がサイクリングコース
・ブランコ
・広場有り
  公園内にある貴船堀児童公園に有り
  鉄棒、幼児用遊具、広場有り
トイレ 有り
駐車場 無し
その他 ・細長い公園
貴船堀公園に隣接
貴船堀:大田区HPより

所在地 (地図をクリック!)

東京都大田区大森東3-17
東京都大田区大森東5-5、13

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月14日 (月)

大森東一丁目第二公園 - 大森東1-36

Omorihigashi12_1 Omorihigashi12_2 京浜急行線の平和島駅から東南へ810m:徒歩12分にある。
 都堀公園から南側は、民間のマンションや都営アパートなどの高層の集合住宅が集まった地域だ。その中に都堀公園大森東一公園大森東一丁目第一公園、大森東一丁目第二公園が隣接している。
 海側すぐ近くには、平和の森公園ふるさとの浜辺公園があるが、こちらは広く大田区、大田区外の来訪者をターゲットユーザーにしているのに対し、これらの公園はこの集合住宅の住人のためのものだ。
 この公園自体は都営大森東一丁目アパートという、東京都住宅供給公社の分譲した賃貸アパートの庭という雰囲気だ。この公園の南側出入り口を出て、内川沿いに東に100mほどのところには、ふるさとの浜辺公園の浜辺橋がある。遊具もそこそこ、ブランコ(珍しく1台のみ)、砂場、すべり台、鉄棒、渡り遊具、幼児用遊具など。隣には大田区立大森東福祉園という福祉施設がある。。
 この地域の高層マンション群に住む人々のための公園だ。それにしても、もっといいネーミングはなかったのか?。

公園データ
広さ

約630坪(2,081㎡)

遊戯施設 ・ブランコ(珍しく1台のみ)
・砂場 ・すべり台 ・鉄棒 ・バランス台
・渡り遊具 ・幼児用遊具
・広場有り(野球、サーカーは禁止)
トイレ 有り
駐車場 無し
その他 大田区立大森東福祉園

所在地 (地図をクリック!)

東京都大田区大森東1-36

| | コメント (0) | トラックバック (0)